てんかんを持つ犬と一緒に暮らすために飼い主さんが知っておくべきこと【獣医師が解説】

犬のてんかんは、100頭に1頭が持つとも言われるとても一般的な病気です。その一方で、何も問題なく健康に過ごしていた犬が突然激しいけいれん発作を起こすなど、飼い主さんにとってはとても怖い病気の一つです。

そんなてんかんですが、最近では犬に使える薬の種類も増え、てんかんを持っている犬でも、投薬によりほとんど発作を起こさないで元気に生活できるようになってきました。

一生付き合っていく必要のあるてんかん発作、飼い主さんがしっかり理解し、管理してあげることは重要です。

犬のてんかんとは?

犬のてんかんとは、「脳における過剰または同期性の異常なニューロン活動」が起こる病気であると定義されています。脳の中で異常な電波が発生することで、突然けいれん発作などの症状が起こる病気です。

てんかんには、狭い意味でのてんかんである「特発性てんかん(真性てんかん)」と、基礎疾患として他の病気がありてんかん様発作を起こす「二次性てんかん(症候性てんかん)」の2種類があります。

特発性てんかんを、一般的には「てんかん」と呼びます。

特発性てんかんとは

特発性てんかんとは、他の病気が原因とならない真のてんかんのことを指します。一般的に3歳までの犬に、けいれん発作として出て来ることが多く、血液検査やCT/MRI検査などでも異常が見られない場合に、特発性てんかんと診断されます。

中高齢の犬にも特発性てんかんが発生することはありますが、高齢の犬に初めててんかん発作が出た場合には、以下のような二次性てんかんである可能性が高くなります。

二次性てんかんとは

二次性てんかんとは、何かしらの基礎疾患がもとにあり、そのせいで痙攣などのてんかん様発作が起こる病気をさします。その原因には以下のような病気があります。

  • 水頭症
  • 脳炎
  • 脳腫瘍
  • 脳の外傷
  • 肝性脳症(門脈シャント)
  • 高カルシウム血症など

二次性てんかんの多くでは、原因となる疾患を治療することで、症状を抑えることが可能になります。

犬のてんかん発作の症状

犬がてんかん発作を起こすと、以下のような症状を起こします。

激しい痙攣以外にもてんかん発作の症状があるため注意が必要です。

強直性けいれん/間代性けいれん

てんかん発作のもっとも一般的な症状は、強直性けいれんもしくは間代性けいれんと呼ばれるけいれん発作です。

強直性けいれんとは、突然犬が意識を失い、手足をぴんと伸ばした状態になるけいれん発作です。体が弓なりに伸びてしまうこともあります。

一方、間代性けいれんは横になって手足をバタバタさせるようなけいれんです。間代性けいれんと強直性けいれんを繰り返す強直間代性けいれんという症状もあります。

通常、強直性けいれんや間代性けいれんは、5分以内に収まることが多いですが。10分以上続く「重責発作」と呼ばれる長い発作が起こることもあり、その場合には命の危険があります。

欠神発作

健診発作は、けいれんを起こさないで突然意識を失い、反応しなくなる発作です。

脱力発作

脱力発作を起こすと、突然力が抜けて犬は倒れてしまいます。強直性けいれんと違い、手足に力が入っていない状態が脱力発作です。

ミオクロニー発作

意識は正常にあるけれど、手足や顔の一部がピクピク動くのがミオクロニー発作です。

その他の症状

犬のてんかんでは以上のような発作以外に、よだれが出たり、落ち着きなくソワソワするなどと言った症状が起こることもあります。これらの症状が出た後で強直性/間代性けいれんに移行するケースもあります。

犬のてんかんの治療方法

犬のてんかんの治療は、てんかん発作が起きにくくするための投薬治療(内服薬)がメインとなります。

頻度が少なければ治療をしないことも

特発性てんかんは、基本的には治らない病気であり、治療をする場合には一生飲み薬を飲む必要があります。

そのため、てんかん発作の頻度が少ない場合には、投薬治療をしないという選択肢もあります。

一般的には月に1度以上発作が起こる場合には治療をするケースが多く、治療の必要性に関しては動物病院で相談して決めることが多いです。

発作頻度が少なくて治療をしない場合でも、長く続く重責発作が起こる危険性には注意しておく必要があります。

てんかん発作を予防するための治療薬

てんかん発作を予防するために、日常飲む治療薬には以下のような種類があります。

フェノバルビタール

昔から内服薬としてよく使われてきたてんかんの治療薬です。

フェノバルビタールは効果が高く、多くの犬の第一選択薬として使われてきましたが、肝臓への負担があることとから、次に紹介するゾニサミドが第一選択になることも増えてきました。

フェノバルビタールのメリット
  • 多くの犬に効果がある
  • 費用が安い
  • 液体の薬もある
フェノバルビタールのデメリット
  • 肝臓への負担がある
  • 食欲が増すことが多く、肥満になりやすい

ゾニサミド

ゾニサミドはフェノバルビタールよりも新しい薬であり、最近ではフェノバルビタールに変わって第一選択薬として使われることも多くなっています。

ゾニサミドのメリット
  • 肝臓への負担が少ない
  • ある程度確実な効果が期待できる
ゾニサミドのデメリット
  • 食欲不振や下痢・嘔吐などの副作用が出ることがある
  • フェノバルビタールよりやや高価
  • 液体の薬がない

臭化カリウム

臭化カリウムは、単独でてんかんの治療に使われることは少なく、フェノバルビタールあるいはゾニサミドの治療でうまく発作がコントロールできない場合に、併用薬として使われることが多い薬です。

レベチラセタム

比較的新しい薬で、フェノバルビタールやゾニサミドなどの一般的な抗てんかん薬で治療できない難治性てんかんに使用することの多い薬です。

費用が高いため、一生飲み続けるためには高額な費用が掛かるケースもあります。

重責発作を止めるための治療

重責発作が起こると、自然に発作が止まらないこともあります。

その場合には、発作を止めるために以下のような治療を行います。

点滴・注射

重責発作がある場合には、病院で点滴や注射の薬を使って、発作を止める必要があります。ジアゼパムやレベチラセタムなどが重責発作の治療として使用される薬となります。

それでも発作が止まらない難治性の重責発作に対しては、プロポホールやペントバルビタールなどの麻酔薬を使うこともあります。

座薬

家で止まらない発作が起きてしまっても動物病院へ行けない場合には、座薬を使うこともあります。

てんかん発作を持つ犬の飼い主さんは、病院でいざという時のために座薬を処方しておいてもらうといいでしょう。

座薬以外にも、お尻から入れる液体の薬や、鼻腔内に噴霧するような薬もあります。

ただし、これらの薬は注射や点滴の薬に比べると効果は弱いため、座薬などを使っても発作が止まらない場合には、救急の動物病院を受診する必要があります。

てんかんを持つ犬と安全に生活するための方法

てんかんは一生付き合っていかなければいけない病気です。

いつ発作が起こるかわかりませんので、できるだけ安全に愛犬と過ごせるよう以下の点を守ってください。

しっかりと薬を飲む

てんかん発作の犬が安全に健康に暮らすためには、大きい発作をできるだけ起こさないよう薬を飲むことが大切です。

発作が起きていないからと自己判断で薬を中止すると、突然激しく長い発作が起きて大変危険な状態に陥ってしまうことがあります。

薬を飲んでいても100%発作を防ぐことができないケースもありますが、しっかり薬を飲んでおくことで大きく長い発作が起こるリスクはかなり減りますので、薬は切らさないようにしてください。

危険なものを生活環境に置かない

強直性けいれんや間代性けいれんなどの大きな発作が起きると、犬は横たわって激しい動きを起こします。

留守番をしているときに大きな発作が起こると、頭をどこかにぶつけてしまったり、物が落ちてきて怪我をしてしまうことがあります。

頭を打ちそうな角や、落ちてきそうなものは犬の生活環境にできるだけ置かないようにしておくことも大切です。

念のために発作を止める座薬などを出してもらっておく

てんかん発作で最も危険なのが、自然に発作が止まらない重責発作が起きてしまうことです。

重責発作が長く続くと熱中症や多臓器障害、脳圧上昇など全身への影響が強く出てしまいます。

薬をしっかり飲んでいれば重責発作のリスクは少なくなりますが、動物病院へ行けない時間に重責発作が出てしまう可能性もありますので、念のために座薬など重責発作を止めるための薬を処方しておいてもらうといいでしょう。

犬のてんかんの予防方法

てんかん発作を起こさせないためには、基本的には薬を継続的に飲むことしかありません。

そのため、てんかん発作の最善の予防法は、薬を継続的に飲むことになります。

また、薬を飲んでいても発作がおきてしまう場合には、薬の増量や種類の変更が必要になるケースもあります。

愛犬の様子をしっかり観察し、薬の効きが悪い場合には早めに動物病院に受診し、薬の変更などの相談をしてもらうといいでしょう。

まとめ

犬のてんかんでは、突然激しい発作が起こることも多く、初めててんかん発作の症状を見る飼い主さんは、非常にびっくりされることが多いです。

しかし、現在は犬のてんかんに使える薬も増え、てんかんを持つ犬でも薬さえ飲んでいれば、普通の犬と変わらない元気な生活を長生きできるのが一般的になっています。

てんかんを持つ犬を飼う上で大切なのは、飼い主さんが犬のてんかんの知識をしっかり持って、薬の必要性を理解し、必要な薬をしっかり飲ませてあげることです。

てんかんを持つ犬でも安全に暮らせるよう、ぜひ今回の記事を参考にしてみて下さいね!

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。