2015年8月18日更新

蹄、目、耳。ミニブタのお手入れについて紹介します!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

人が耳かきや体を洗うのと同じように、ミニ豚にとっても日頃の体のお手入れはとても大切です。定期的に綺麗にすることで各器官の病気を防ぐこともできますし、体の不調に気付いてあげることもできます。

今回は蹄や目など、飼い主が手を出しやすい器官・部位のお手入れ方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

ミニ豚の目のお手入れ方法

定期的にぬるま湯に浸したタオルで目の周囲を優しく拭いてあげましょう。

時々、ミニ豚の目の周りに茶色くてどろっとした液体が溜まっていることがあります。この液体はブタにはよく見られるもので、特に体の不調によるものではないので安心して下さい。

ただし放置しておくと炎症を起こすことがあるので、見つけたら綺麗に拭いてあげましょう。

まつ毛も定期的に観察して、眼球を傷つけそうなほど伸びたまつ毛や、逆さまつ毛を見つけたときはすぐに切除しましょう。ミニ豚に刃物を近づけるのが恐いときは、獣医さんに抜いてもらってもOKです。

ミニ豚の蹄のお手入れ方法

豚は通常四本の蹄(指)を持っていて、前方にある二本の蹄を主蹄・後方にある残りの蹄を副蹄といいます。

犬の爪と同様、屋外飼育していて、散歩も毎日行っている家庭においては勝手に地面で摩耗してくれるので、蹄のお手入れは必要ありません。屋内飼育の場合は大体月に一度のペースで、爪をお手入れする必要があります。

クリッパーとヤスリで蹄を切った後、研磨する必要があるのですが、ブタは足を持たれることを非常に嫌がるうえ、蹄には血管が走っているので、間違った切り方をして大暴れされたら大惨事はまぬがれません。

蹄のお手入れについては、子ブタの頃からトレーニングが必須です。どうしてもブタが嫌がるときは、動物病院で処理してもらうのも選択肢の一つです。

 

ミニ豚の耳のお手入れ

ミニ豚はとても耳垢が溜まりやすいので、週に一回程度のペースで耳掃除をしてあげましょう。綿棒に薄いアルコール液を少し付ければ、耳掃除がかなり捗ります。

蹄のお手入れと違って、ミニ豚は耳掃除が大好きなので、慣れれば大人しく横になっていてくれるでしょう。

異常をみつけたらすぐに病院に行きましょう

耳や鼻が臭い。蹄が割れている。目から茶色以外の液体が出ている。といった症状を見つけた場合はすぐに動物病院へ連れていきましょう。

感染症等にかかっている可能性があります。

 
 

関連カテゴリ