2015年8月18日更新

ミニブタと冬を過ごすために。ミニブタの寒さ対策について紹介します!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ミニ豚の寒さ対策は、暑さ対策と比較するとそれほど重要視されていません。真冬の寒冷地域でも元気に外を駆け回っているミニ豚もいますから、暑さほど神経質になる必要はないかもしれません。

しかし、最近の日本では以前では考えられないような寒気に襲われ、想像以上の寒さになることも珍しくありません。どれだけ寒くなっても、ミニ豚が不調にならないようしっかりと準備しておくとことも忘れてはいけません。

 

ミニ豚と冬

室外飼育

ミニ豚は一般的に寒さには強いと言われています。ただしミニ豚の温度に対する感覚は人とほぼ同じなので10度を下回れば非常に寒いと感じるはずです。そんな寒い環境にミニ豚を放置するのはしのびないですし、体を壊す原因になってしまいかねません。

屋外飼育する場合は、冬を迎える前に飼育環境を再確認してみましょう。北風が直接当たる場所ではありませんか?雨や雪が入り込みませんか?床がコンクリートだと地冷えも相当なものです。土を盛ってあげることも必要かもしれません。

小屋にもひと工夫必要です。小屋の中には大型犬用のホットカーペットを設置して、少なくとも夜間は電源をオンにしておきましょう。また風が入らないよう、小屋の入口に「すだれ」のような布を垂らしたり、毛布も一枚多く小屋に入れてあげましょう。

冬場は体温を維持するために夏場よりも多くエサを与える必要があります。いつもどおりエサをあげても、ミニ豚がエサを要求するようなら一回分のエサの量を1.5倍程度にしてみましょう。

屋内飼育

屋内飼育の場合はエアコン等の暖房器具を使って、人が快適に過ごせる気温を保ってあげれば十分です。留守の間はホットカーペットや毛布でミニ豚のために暖かい環境を作ってあげましょう。

冬の散歩

いくら寒くても運動は欠かせません。寒さ対策にミニ豚に服を着させてあげるのも有効です。雨や雪などでミニ豚が濡れた体を放置しておくと、風邪を引いてしまうのですぐに乾いたタオルで拭いてあげましょう。

子ブタにとって寒さは天敵です

寒さには比較的強いミニ豚ですが、子ブタの時期の寒さは天敵です。寒空の下放置しておくとあっという間に体温を奪われ、動けなくなってしまいます。

冬期は散歩の時間以外はなるべく外に出さないようにして、暖かい環境を保ち続けてあげてください。

 
 

関連カテゴリ