2016年3月5日更新

【獣医師監修】犬が走っている途中で躓いて捻挫?!愛犬が捻挫した場合の処置について。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬は走るのが得意な動物ではありますが、足場の悪いところを走ったり無理に方向転換したりすると捻挫や肉離れを起こすことがあります。犬が脚に捻挫や肉離れなどのケガを負った場合は、動物病院で手当する必要がありますが、その場で飼い主さんにもできることがあります。

今回は犬が脚を捻挫した場合の応急処置についてご紹介しましょう。

 

捻挫はどうして起こるの?

人間でも犬でも同じですが、骨と骨の間には靭帯という組織があって、関節内で骨を繋いでいます。この靭帯が許容できる強さ以上の強い力で引っ張られると損傷を受け、そこで炎症が起こります。これが捻挫です。

犬が捻挫を起こす理由はさまざまです。

  • 高いところからの落下
  • ジャンプを伴うフリスビーキャッチのような運動
  • 足場の良くないところでの疾走
  • 交通事故
  • 走りながらの方向転換

交通事故を除けばよくあるシチュエーションですね。犬にとって捻挫は意外に身近なケガなのです。

捻挫したらどんな症状が出るの?

捻挫の症状は靭帯損傷の程度や損傷した場所によって若干、異なります。靭帯の一部が損傷する軽度・中度の捻挫の場合は、時間とともに患部が腫れ、熱を持ってきます。ただし、毛でおおわれているために、なかなかはっきりとはわからないこともあるかもしれません。わかりやすい症状としては、脚を引きずって歩いたり、着地を嫌がったりする場合もあるでしょう。

靭帯が完全に断裂してしまうと腫れや発熱だけに留まらず、脚を地面に着けなかったり歩けなくなったりする場合もあります。
いずれの場合も痛みがありますので飼い主さんであっても触られるのを嫌がるかもしれません。

 

愛犬が捻挫した場合に飼い主さんができること

犬を落ち着かせる

ケガをした犬は興奮状態にあります。飼い主さんから逃げ出したり無理に歩こうとしたりする可能性があります。まず愛犬を落ち着かせ静かに座らせましょう。表面から見ただけでは具体的にどんなケガをしているか判断できないと思いますので、なるべく早く動物病院に連れて行きます。

患部を冷やす

動物病院に向かう間に、患部を冷やすと痛みや炎症を抑えることができます。保冷パックがあればタオルに包んで当てましょう。タオルを水に濡らして当てても良いでしょう。腫れが引くまでは温めてはいけません。

捻挫は予防が一番

重症度にもよりますが捻挫の完治には時間がかかることがあります。特に体重の重い大型犬の場合は脚に負担が掛かりやすいため、完治までに時間を要する場合もあります。
大切なのは、捻挫を起こさないように危険を回避することです。足場の悪い場所でのランはなるべく避けたほうが無難ですし、ジャンプを伴う運動も犬の能力に合わせて行うことが大切です。また、肥満は四肢に過度の負担をかけますので、捻挫を起こしやすくなります。常に適正体重を心がけましょう。
どのような場合でも、安静にさせても改善せずに痛みが続く場合には、できるだけはやく動物病院を受診しましょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】発生率も死亡率も高い病気。犬の乳腺腫瘍について

犬の乳腺腫瘍はこんな病気 犬の乳腺腫瘍は腫瘍の中でもかなり発生率が高い病気です。 その割合はなんとメス犬に発生する全腫瘍の52%。半分以上を乳腺腫瘍が占めているのです。 乳腺腫……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬の鼻炎。原因・症状から治療法まで

鼻水ずるずる。くしゃみ連発。鼻炎が辛いのは人も犬も同じです。人の場合は耳鼻科へ通ったり、ドラッグストアで薬を買ったりして対処する人が多いでしょう。犬は一体どうすれば鼻炎を治すことができるので……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬の先天性心疾患の一つ。肺動脈弁狭窄症の症状・原因・治療法について

肺動脈とは心臓の右心室から肺へ血液を送り出す動脈で、その入り口にある肺動脈弁とその周辺が、先天的に狭くなってしまっている状態のことを「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」と……

犬の心臓の病気