着させるべき時もある!洋服は猫にどんなメリットとデメリットを与えるの?

様々なイベント時に、愛犬に洋服を着せる愛犬家は多いものですが、猫の場合は洋服を着せることによってメリットだけでなく、デメリットを与えてしまう恐れがあります。

そこで今回は、猫に洋服を着せることにはどんなメリットやデメリットがあるのかを解説いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

どんなときに洋服を着せるの?

猫は自分で体を舐めて、清潔感を維持している動物です。

そのため、毛づくろいがしやすいように、できるだけ洋服を着せないように配慮していく必要がありますが、時には洋服を着させなければいけないこともあります。

では、猫に洋服を着せるのは、一体シチュエーションなのでしょうか。

外科的手術の後には術後服を

外科的手術を行った後は、術後服を着せて傷口を守ってあげる必要があります。

動物は痛みを感じたり、傷ついたりすると患部を舐めることで症状を緩和させようとします。

特には、普段から毛づくろいをする修正があるので、傷口を縫った糸などがほどけてしまわないよう、術後服で患部をカバーしていきましょう。

術後服は去勢・避妊手術の後にも役立ちます。

綺麗好きの子は洋服で舐め壊し対策

「舐め壊し」とは患部を舐めすぎてしまうことにより、状態をさらに悪化させてしまうこです。

みなさんは「舐性皮膚炎」という病気をご存知でしょうか。

これは、舐めることによって起きてしまう皮膚炎のことです。

先ほどもご説明したように、猫は毛づくろいをする習性があるため、中には同じ部位を舐めすぎることにより、皮膚炎が招かれてしまうこともあります。

それを防ぐためには、猫に洋服を着せ、過剰な毛づくろいをさせないようにするのも効果的なのです。

安全面を考慮し、洋服で防寒対策

猫はもふもふとした被毛に覆われているため、寒さに強そうだと思われている方も多いかもしれません。

しかし、猫種や被毛の種類、住んでいる地域、年齢などによっては洋服を着せて防寒対策を行ったほうが良い場合もあります。

こうした場合は洋服を着せ、安全面を考慮しながら体を温めてあげる必要があります。

おしゃれのために着せることも

愛猫家も愛犬家と同じように、様々なイベントや季節に応じて猫に洋服を着せたくなることがあるのではないでしょうか。

特に近年はインスタ映えが話題になっているため、愛猫のかわいさをより引き出すために洋服を活用される方もいるはずです。

ただし、このように、おしゃれ目的で洋服を着せるときにはメリットやデメリットを総合的に判断し、検討していく必要があります。

 

洋服を着せるメリット

猫に洋服を着せることは反対されることが多いものですが、猫の体を守れるというメリットもあります。

術後服はエリサベスカラーの代わりになる

外科的手術を行った後や患部の毛づくろいを防止するためには、飼い猫にエリザベスカラーをさせなければいけません。

しかし、エリザベスカラーは傷の治りを早くするといういうメリットが得られる反面、強いストレスを感じさせてしまうというデメリットがあります。

なぜなら、エリザベスカラーが邪魔で猫の行動範囲が狭まってしまうことが多い殻です。

そんなとき、エリザベスカラーの代わりに術後服を着させてあげれば、猫は普段通り行動することができるようになります。

狭い場所を好む猫にとっては、エリザベスカラーが邪魔に思えてしまうこともあるので、術後服を検討してみるのもおすすめなのです。

 

舐め壊し予防ができる

洋服を着せれば、毛づくろいの頻度を減らしたり、舐め壊してしまいやすい部分をカバーできたりします。

舐め壊しは基礎疾患がある場合だけでなく、ストレスによっても引き起こされるので、洋服を着ることがストレスにならない場合は有効的な対処法だといえるでしょう。

洋服で防寒対策を

スフィンクスのように、体の表面にごくわずかな被毛しか生えていない猫種や子猫・老猫は洋服を着さることで防寒対策をしてあげるのもおすすめです。

冬は暖房機器を使いながら防寒対策を行っている飼い主さんも多いかとは思います。

猫の中にはエアコンから出る風を嫌がったり、ストーブやファンヒーターなどに近づきすぎて火傷をしてしまったりする子もいるので、洋服での防寒対策も検討していきましょう。

 

洋服を着せるデメリット

いくつかのメリットがある反面、洋服を着せることによるデメリットもあります。

そのため、飼い主さんはあらかじめデメリットとメリットの両方を考慮し、洋服を着させるかどうかを考えていきましょう。

ひっかかる危険性がある

洋服を着させると、思わぬ事故が招かれてしまう危険性があります。

例えば、キャットタワーなどにいるときに洋服がひっかかると、落下してしまう恐れもあります。

猫は高い場所から落ちたときに体勢を上手く立て直すことができますが、予想外の落下によって怪我をしてしまう可能性はあります。

グルーミングができない

猫は唾液で体温を下げたり、毛づくろいによって毛の隙間に空気を入れることにより、体温を調節しているので、洋服を着せると毛づくろいができず、体温調節がうまくできなくなってしまい危険性があります。

服の布や装飾品を誤飲

猫用の洋服には、愛らしさを引き立たせるための装飾品が施されていることも多いものです。

しかし、中にはボタンやフリルなどを噛みちぎって誤飲してしまう子もいるので注意が必要です。

また、飼い猫がウールサッキングである場合は布を食べてしまう危険性があるので、避けた方がよいでしょう。

ストレス

猫は毛づくろいをすることにより、心を落ち着かせることもあります。そのため、自由に毛づくろいができないと、強いストレスを感じてしまいます。

ストレスによる過剰グルーミングは舐め壊しを招くので、注意しましょう。

皮膚病などを見逃してしまう

日常的に洋服を着せていると、被毛が露わになっていないので、皮膚病を見逃してしまう恐れもあります。

また、ブラッシングも怠っていると毛球症が引き起こされる可能性もあるのでお手入れはしっかりと行いましょう。

 

洋服を着せるときの注意点

上記のようなデメリットを猫に感じさせないためには、洋服を着せるときにいくつかの注意点を意識してみてください。

おしゃれが目的の場合

おしゃれ目的で洋服を着せる場合は、猫が嫌がっていないかを必ずチェックしてください。

もし嫌がっている場合は短時間だけ着せ、撮影が終わったら速やかに洋服を脱がしましょう。

装飾品や紐などを誤飲してしまう可能性もあるので、飼い主さんは目を離さないようにしてください。

長期間着せる場合

洋服で舐め壊し対策を行ったり、術後服を着せたりする場合はサイズを計り、飼い猫の体型に合ったものを用意しましょう。

そして、完全室内飼いであっても、危ない場所へ行かないよう、飼い主さんが気にかけてあげることが大切です。

また、どうしても嫌がる場合は飼い主さんの目が届くときだけ洋服を脱がせてあげ、強いストレスがかからないように配慮していきましょう。

熱中症や蒸れを防ぐため、季節によって洋服の素材を検討し直していくことも大切です。

洋服は無理のない範囲で着せよう

猫にとって洋服はストレスのもとになることも多いものです。

そのため、着せるときは無理のない範囲で着せ、もしストレスを感じているようであれば、代わりにできる対策法を模索してみましょう。

関連記事