2016年7月27日更新

高齢の猫だからこそ、心をこめてお世話したい。シニア猫のためのデイリーケア。

高齢のペットのケアというと、どうしても介護という言葉が頭に浮かびがちですが、要介護ではないけれど、何となく寝てばかりになった高齢の猫に対して飼い主さんはどんなケアをしてあげれば良いのでしょうか?

若い時代に比べて高齢の猫はあまり自己主張しなくなります。飼い主さんは猫が自己主張しなくても、猫の気持ちや体調を想像してケアしてあげる必要があるのです。今回は高齢の猫のための日頃のケアについてご紹介しましょう。

高齢猫のグルーミング

猫が体を舐めるグルーミングにはストレス解消や体温調整などさまざまな目的があります。しかしながら高齢になるとグルーミングの回数が減ったり全く行わなくなることもありますので、飼い主さんのケアが大切です。

ブラッシング

高齢の猫にブラッシングを行う場合は、若い時よりは弱めに優しく行います。長毛か短毛かによって使用するブラシは異なりますが、高齢の猫は若い時ほど毛が抜けません。短毛の場合は豚毛の獣毛ブラシとラバーミトン、長毛の場合は獣毛ブラシとピンブラシなどがあれば良いでしょう。ブラッシングする場合はあまり力を入れずに優しくするのが基本です。

蒸しタオルケア

高齢の猫にとってお風呂やシャワーは精神的にも体力的にも負担になる場合があります。高齢の猫はそんなに動きませんので通常なら体が汚れることはないはずですが、食べこぼしなどで被毛が汚れる場合もあります。

そんな時には熱い蒸しタオルで体を拭いてあげましょう。熱いタオルを当てるだけで「気持ちいい~」という表情をする猫もいます。毛が汚れていると感じた時には洗面器1杯のお湯に重曹小さじ1杯を溶かして拭いてあげてもよいでしょう。

排泄の粗相などで体が汚れてどうしても洗わなければならない場合は部分洗いにしておくのが無難です。

高齢猫の食事

高齢になると猫はカリカリなどの固いドライフードを食べるのが難しくなります。カリカリを与える場合はお湯でふやかしてあげるか、水分の多い缶詰めのフードに切り替えましょう。最近ではシニア対象のフードが売られていますので、高齢対応のフードに切り替えるのも手です。

高齢猫の水やり

高齢の猫は特に症状や検査数値に出なくても腎臓の機能が落ちていることが多く、徐々にオシッコの量が増えて脱水しがちです。高齢の猫には心して水を飲ませるようにしましょう。

フードをあげる際に水で柔らかくしてあげると自然に水分を摂ることができます。さらに、脱水しているようならシリンジで口に水分を運んで飲ませてあげても良いでしょう。

脱水は猫の食欲不振や元気喪失の原因のひとつです。知らないうちに脱水になっていたなんてことのないよう注意を払いましょう。

ちなみに脱水しているかどうかは猫の背中の皮膚を摘んで持ち上げてみると分かります。脱水していない若い猫の皮膚は摘んで放すとすぐに元に戻りますが、脱水している猫の皮膚は元に戻るまでに時間がかかり約2秒ぐらい摘んだ状態が残ります。高齢の猫は常に脱水チェックをしながら水分量を調整しましょう。

高齢猫の歯磨き

食事を柔らかい缶フードにすると猫の歯にはどうしても食べかすや歯垢が溜まりやすくなります。若いうちから猫に歯磨きをしている飼い主さんはそんなに苦労しないと思いますが、いきなり高齢の猫に歯磨きさせるのは結構ハードルが高いでしょう。

もし、歯磨きをさせてくれないようなら、歯磨きジェルを口の中に入れてあげるだけでも効果はあります。また食事の後にスポイトやシリンジで水をあげれば口の中の掃除にもなりますので、オススメです。

高齢の猫のお世話は心を込めて

あなたの元で高齢になるまで長生きしてくれた猫。有難いことですね。飼い主さんとしては猫が最後まで幸せに過ごせるようケアしてあげたいものです。「手が掛かって面倒」などと思わずに猫に話しかけながら世話をしてあげれば、きっと猫もその気持ちに応えてくれるでしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】シニア犬猫の床ずれを防ぐ方法、床ずれになった場合の治療方法

寝たきりになると床ずれができるのは人間もペットも一緒です。気付かずに放置してしまうと症状が進んでしまい、治療にも時間がかかるようになってしまいます。もしもペットが寝たきりになってしまった場合……

老犬の病気

睡眠時間が長い老猫に。猫の寝床の作り方・注意点について

猫は年老いていく毎に睡眠時間が増えていきます。10歳を超えてくるころには1日のほとんどを寝て過ごすようになるので、安心して寝られる場所を確保してあげましょう。 それと同時に寝る場所の環……

老猫の病気

おひとり様+ネコの老後・ネコの老後と介護の費用はどれくらい?

生涯未婚(=50歳時点で結婚経験がない人)の割合は、1950年では男女共に1.5%だったそうです。ところが2010年には男性で20%、女性で10%が生涯独身だという結果が。 このままい……

体が衰えた老猫の介護

飼い主さん必見!シニア犬・シニア猫との暮らし方のコツとは(*´ω`)?

一緒に暮らしている犬や猫には長い生きしてずっと一緒にいてもらいたいですね。シニア期のお世話は特別なものがいるのだろうかと心配になったり、寝てばかりいるけどれ大丈夫だろうかと不安になったりする……

老犬の認知症

【動物看護士が解説】介護を手助けしてくれる、ペットの外部サービスとは?

愛犬、愛猫が高齢になり、病気がちになると食事や排泄、投薬やリハビリなどやらなくてはいけないことが1日の中にたくさん詰め込まれることになります。そうすると、飼い主さん自身が疲れてしまったり、外……

犬の老化について

【動物看護士が解説】老猫のトイレの介護は?正しいやり方を教えます

猫の寿命は長く、20歳以上の長生きな猫にも時々出会うことが出来ます。病気がなかったとしても、当然ながら身体は衰え、若い時のように俊敏に動くことは出来ません。1日中寝てばかりいる猫も多いでしょ……

体が衰えた老猫の介護

体の変化を見逃さずに!高齢猫と暮らす上で注意したいこと・健康管理の方法

猫が高齢になった時、お部屋の中でも思わぬ事故につながることがあります。また、今までできていたことができなくなってしまうこともあります。 猫の体の変化に気をつけながら、安心して猫が生活で……

体が衰えた老猫の介護

【動物看護士が解説】老猫にストレスを与えない環境づくりとは?

愛猫が老猫となったとき、あなたはどんな生活をしようと思っていますか?猫が過ごしやすいように、部屋の模様替えをするでしょうか?それとも若い頃と何も変わらず生活するでしょうか?どちらも間違った選……

体が衰えた老猫の介護

【動物看護士が解説】老猫と気持ちよく過ごす為の環境づくりのコツとは?

長寿な猫が多いことをご存知の方は多いと思いますが、長寿の猫とどうやって暮らすのが良いのかご存知の方は少ないでしょう。運動量も落ち、耳や眼が悪くなり、寝ていることが多くなった愛猫にどんな生活環……

体が衰えた老猫の介護

猫の医療にも大切。骨折や手術後のリハビリテーション猫の医療にも大切。骨折や手術後のリハビリテーション

人間の場合、骨折や神経疾患、手術などで長期間入院した場合、退院の前にリハビリを行うのが普通です。ベッドの上にいて衰えた筋肉を回復させ、失った機能を回復させるためにはリハビリは欠かせません。理……

体が衰えた老猫の介護

【動物看護士が解説】愛猫が寝たきりになったらどうする?正しい介護方法を教えます。

猫の寿命は平均的に犬よりも長く、介護を必要とするケースが多くあります。歳をとれば必然的に筋力も下がり、食欲も低下していきます。そしてその先には寝たきりの生活が待っているかもしれません。あなた……

体が衰えた老猫の介護

今までのお部屋にも危険が!高齢猫の体の変化に合わせた環境づくりとは?

猫が高齢になると、それに伴って体には色々な変化が出てきます。今まで走りまわっていたお部屋にも危険な箇所が出てくる場合もあり、大きな事故や怪我につながってしまうこともあります。改めて猫と暮らす……

体が衰えた老猫の介護

高齢の猫だからこそ、心をこめてお世話したい。シニア猫のためのデイリーケア。

高齢のペットのケアというと、どうしても介護という言葉が頭に浮かびがちですが、要介護ではないけれど、何となく寝てばかりになった高齢の猫に対して飼い主さんはどんなケアをしてあげれば良いのでしょう……

体が衰えた老猫の介護

【獣医師が解説】シニア期に病気になってしまった愛犬・愛猫にできること

犬や猫も年齢とともに、様々な病気にかかってしまうリスクが増えてきます。時には、治療の難しい病気にかかることもあるかもしれません。そうなった時に、愛犬や愛猫のためにどのような選択ができるか知っ……

犬の老化について

猫の老化のサインとは?猫の老化を読み取る方法について

飼い猫の老化を見抜ける手段があることをご存知でしょうか。 猫の老化は生活習慣や体質等によって個体差があり、10歳を超えた猫であってもほとんど老化していないことがあれば、5歳の猫がすでに……

体が衰えた老猫の介護