2015年8月28日更新

ヒョウモントカゲモドキの飼育設備を揃えよう!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ヒョウモントカゲモドキは爬虫類飼育の初心者によくおすすめされるトカゲの仲間です。

なぜ初心者におすすめされるのか?その理由はいくつかありますが、主な理由の一つとして「初期費用が安いこと」が挙げられます。上手くやりくりすればヒョウモントカゲモドキ自身の価格も含め、1万円程度で揃えることも可能です。

今回はそんなヒョウモントカゲモドキの揃えるべき飼育設備についてご紹介していきます。

 

ケージ

ヒョウモントカゲモドキと並んで初心者向けとされるフトアゴヒゲトカゲは、ヒョウモントカゲモドキよりもワンサイズ大きいので、爬虫類専用のケージなど比較的高価なものを進められることが多いです。

しかしヒョウモントカゲモドキに関してはプラスチックケースで十分飼育可能です。

単体飼育の場合のサイズは45cm規格で十分。500円程度のプラスチックケースでも飼育可能です。もちろん水槽や専用ケージでも構いません。

パネルヒーター

爬虫類を飼ううえでは必須の道具です。下に敷くタイプのものを購入しましょう。大抵は25度~40度の間で設定が可能です。最近ではヒョウモントカゲモドキの好む気温28度をキープしてくれるパネルヒーターも販売されているようです。

ケージ内の温度が低下すると、ヒョウモントカゲモドキの動きが鈍くなるだけでなく、食欲不振につながることもあるので、必ず設置しましょう。

 

温度計・湿度計

ケージ内の温度を調整するのに温度計は欠かせません。25度~35度の間になるよう常に調整しましょう。またヒョウモントカゲモドキはある程度の湿度を好むので、湿度計の設置もおすすめです。

床材

ケージの床が剥き出しにならなければ大抵のものは使用できます。砂を敷くと雰囲気が出ますが、砂を交換する手間とコストがかかってしまいます。安上がりにしたいのであれば、キッチンペーパーでも十分代替可能です。

シェルター

ヒョウモントカゲモドキの隠れ家も用意しないといけません。ヒョウモントカゲモドキは本来夜行性で、昼間は岩の影などに隠れる習性を持っています。ペットショップに行けば数百円程度で購入できるので、準備してあげましょう。

安さと機能性の両方を重視しましょう

ヒョウモントカゲモドキの本体も、安ければ3000円程度で手に入れることができます。しかし安さだけで判断し、設備をテキトーに揃えてしまうと、ヒョウモントカゲモドキを早死にさせてしまう恐れもあります。

機能性と安さの両方を兼ね備えた環境作りを目指しましょう。

 
 

関連カテゴリ