2015年9月13日更新

愛犬、愛猫に手作り食を食べさせられない人にオススメ。ニュージーランドから来たペットフード【ジーウィピーク】

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペットの健康を考えて生肉を使った手作り食をペットに食べさせている飼い主さんが最近、増えています。一時は「手作り食は栄養のバランスが悪い」などと言われていましたが、最近の手作りは栄養分を綿密に計算するソフトがあったり、生肉に混ぜるだけで栄養バランスの取れた手作り食が簡単にできたりと、栄養面でも質の高いレベルに達しています。

しかしながら飼い主さんの中には手作り生肉食を作りたくても時間がなかったり、ペットが食べてくれなかったりして諦めている人も少なくありません。そんな飼い主さんにオススメしたいのが【ジーウィピーク】のペットフード。【ジーウィピーク】とはどんなフードなのかご紹介しましょう。

 

【ジーウィピーク】は自然食に近いペットフード

【ジーウィピーク】(Ziwi Peak)は、ニュージーランドで生まれたペットフード。創業者ピーター&キンバリー・ミッチェルは犬や猫にとって最善のフードとは何かを模索し、犬や猫の祖先が本来食べていた最も自然に近い食べ物~生の肉や内臓に近いフードを開発しました。

【ジーウィピーク】はニュージーランドで抗生物質やホルモン剤を一切使用せずに自然の牧草を食べて放し飼いで育った鹿、子羊の生肉、心臓、肝臓、腎臓などを90%使用(ドライフードの場合。ウェットフードの場合は66%以上)。その他にはグリーントライプ、天然の白身魚(ホキ)なども使われています.

ペットフードで一番気になるのは保存料、増量剤、穀物などですが【ジーウィピーク】には砂糖、塩、グリセリン、抗生物質、ホルモン剤、保存料、着色料、増量剤、穀物、イモ類などは一切含まれていません。また、遺伝子組み換え作物や一時使用が大きな問題になったエトキシキン、BHA、BHT、プロピレングリコール、ビスフェノールライニングは使用していないので安心です。

こうした姿勢は手作り生肉食を食べさせたくても諦めていた飼い主さんにとっては嬉しいアプローチなのではないでしょうか。

【ジーウィピーク】にはどんな種類があるの?

【ジーウィピーク】にはドッグフードとキャットフードがあります。

ドライフード

ゆっくり時間をかけて乾燥させるエアドライ製法で作られています。原料である生肉や内臓の水分を時間を掛けて除去することにより酵素、ビタミンなどの損傷を最低限に抑え、同時に肉本来の味も残しています。

犬用ドライフード

  • ジーウィピーク エアドライ・ドッグフード ベニソン
  • ジーウィピーク エアドライ・ドッグフード ベニソン& フィッシュ
  • ジーウィピーク エアドライ・ドッグフード NZグラスフェッドビーフ
  • ジーウィピーク エアドライ・ドッグフード ラム
  • ●サイズ:226g、 454g、1kg、2.5kg,、5kg の4種類

猫用ドライフード

  • ジーウィピーク エアドライ・キャットフード ベニソン
  • ジーウィピーク エアドライ・キャットフード ベニソン& フィッシュ
  • ジーウィピーク エアドライ・キャットフード NZグラスフェッドビーフ
  • ジーウィピーク エアドライ・キャットフード ラム
  • ●サイズ:400gのみ

缶ウェットフード

新鮮な生肉や内臓を66%以上使用したウェットタイプのフード。フードにとろみをもたせる材料に寒天を使用する変更が加えられ、カラギナン、トリポリン酸ナトリウム、ファーガムが不使用に。一層、天然素材色が強くなりました。

犬用ウェットフード

  • ジーウィピーク ドッグ缶 ベニソン
  • ジーウィピーク ドッグ缶 ベニソン& フィッシュ
  • ジーウィピーク ドッグ缶 NZグラスフェッドビーフ
  • ジーウィピーク ドッグ缶 ラム
  • ジーウィピーク ドッグ缶 ラム&ベニソン
  • ●サイズ:170g、370g

猫用ウェットフード

  • ジーウィピーク キャット缶 ベニソン
  • ジーウィピーク キャット缶 ベニソン& フィッシュ
  • ジーウィピーク キャット缶 NZグラスフェッドビーフ
  • ジーウィピーク キャット缶 ラム
  • ●サイズ:85g、170g
 

愛犬、愛猫に質の高いフードを

ここ10数年の間にペットの食に関する飼い主さんの意識が大きく変わってきています。意識の高い飼い主さんの中では手作り食は当たり前になってきていますが、誰もが同じようにペットに時間と手間をかけられるわけではありません。

【ジーウィピーク】はそんな飼い主さんにとって嬉しいフードのひとつと言えるでしょう。価格は若干高めではありますがペットの健康への投資と思えば納得できるのではないでしょうか。