2015年9月11日更新

猫の爪切りが苦手な人に朗報? 猫用マスク「もふもふマスク」って何?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫の爪切りは大人しい猫の飼い主さんならなんでもないことですが、爪切りが嫌いな猫や暴れん坊の猫の飼い主さんにとっては大仕事。暴れる猫を2人掛かりで押さえつけたり、バスタオルで包んだりして傷だらけになりながらようやく爪を切っている飼い主さんも少なくありません。そんな飼い主さんに注目されているのが「もふもふマスク」。一体、どんなモノなのでしょうか?今回は「もふもふマスク」についてご紹介しましょう。

 

「もふもふマスク」って何?

「もふもふマスク」とは爪切りが嫌いな猫のために岩手のクロス・クローバー・ジャパンさんが開発した爪切り補助具です。猫はそもそも足の先に触られるのを嫌がることが多いのですが、爪切りはもっと嫌いです。察しの良い猫は飼い主さんが爪を切る準備をするだけで逃げてしまうこともあります。

ところが暴れる猫でも目隠しをすると飼い主さんの行動が見えないため、比較的大人しくなると言われています。「マスクなんて可哀想」という声もなくはありませんが、猫にとっても押さえつけられ、時間を掛けられるよりは短時間で済んだ方が良いのではないでしょうか。

「もふもふマスク」ってどのようにに作られているの?

「もふもふマスク」は見えないこと、噛み付かないことを目的としていますので息ができるように鼻の周りと耳だけ残して顔をすっぽり覆う作りになっています。猫の顔の骨格に合わせて裁断した布を岩手県の職人が立体裁縫するといったこだわりようで、なるべく猫が不快な思いをしないよう工夫もされています。

布は、赤ちゃんが使うような日本製の軟らかいオーガニックガーゼを使用。マスクの装着はマジックテープを使って片手で留められるので簡単です。

 

サイズも色もデザインも選べる

「もふもふマスク」は猫のサイズによってS、Mの2タイプから選ぶことができます。雌猫や比較的小柄な雄猫用にはSサイズ、ちょっと肥満気味な猫や大型の猫にはMサイズが用意されています。

カラーはベージュ、グレー、レッド、ブルー、イエロー、グリーンがあり、いずれも優しいペールカラーです。価格はサイズに関係なく1990円(税抜き)です。

爪切りに苦労している飼い主さんは一度お試しを!

「もふもふマスク」は猫への負担をなるべく減らすためにふんわりと顔を覆うようにできています。そのため猫によっては爪を引っ掛けてマスクを外してしまうこともあるようですが、多くの飼い主さんが「押さえつけなくて良くなった」「一人で爪切りできるようになった」と喜んでいるようです。

爪切りの悩みを抱える飼い主さんが多かったためか、最近では売れ切れることも多いとのこと。爪切りに悩んでいるのであれば一度、試してみても良いのではないでしょうか? 見た目はちょっとびっくりしますが、短時間で安全に爪を切ることができるのなら猫にとっても悪くないことですよね。