2017年6月18日更新

治療に迷ったら聞いてみよう!犬や猫の治療にもセカンドオピニオンが大切。

セカンドオピニオンという言葉を知っていますか?何となく聞いたことはある…という人は多いのではないでしょうか。もともと人間の医療においてインフォームドコンセントなどとともに一般に知られるようになった言葉で、より患者目線の治療を目指して生まれた仕組みです。今回はペットの治療におけるセカンドオピニオンについて考えてみましょう。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは病気の診断や治療方法について主治医とは異なる医者や治療機関で意見を聞くこと。ひとつの病気には複数の診断や治療方法がありえますので、幅広く意見を聞くことでより納得のいく治療を選択することができるのです。

ペット医療の分野でも最近はセカンドオピニオンを検討する飼い主さんが増えてきました。ペット医療が人間並みに高度化したことで治療にさまざまな可能性が生まれたからでしょう。ただ、この仕組みを活用するには飼い主さん側も病気について学び、セカンドオピニオンの意義について理解する必要があるでしょう。

セカンドオピニオンを検討する前に

セカンドオピニオンを検討する前に現在治療に当たっている主治医さんとしっかりコミュニケーションを取ることが大切です。

    • ●どんな病気なのか?
    • ●病状はどの程度なのか?
    • ●どんな治療方法があるのか?
    • ●提案された治療を選択した場合、ペットへの負担はどの程度あるのか?
    • ●提案された治療方法で完治するのか?
    • ●費用はどのくらい掛かるのか?

など疑問に感じたことは何でも聞いてみることが必要です。その上で尚、治療方法に迷ったり、疑問を感じたりしたらセカンドオピニオンを求めましょう。

もし、主治医が飼い主さんの疑問にきちんと答えてくれなかったり、説明があやふやだったりしたら、その時点で転院することを検討しても良いかもしれません。

セカンドオピニオンを求める場合は

他院でセカンドオピニオンを求める場合、セカンドドクターに正確な判断をしてもらうためにはこれまでの検査結果や治療方法、服用した薬などについて正確な情報が必要です。セカンドオピニオンを求める際にはこういったデータを主治医さんからいただいておく必要があります。

言いにくい場合もあると思いますが、「病気のデータを管理しておきたいので」と話して主治医さんから必要なデータを入手しましょう。

どの病院にセカンドオピニオンを求めるか?

セカンドオピニオンをどの病院、どの獣医さんに求めるかは難しい問題です。

        • ●知り合いの飼い主さんに評判の良い病院を聞いてみる。
        • ●ホームページなどであなたのペットの病気に強い獣医さんを探す。
        • ●セカンドオピニオンを積極的に受け入れている病院を探す。
        • ●主治医さんに専門医や二次病院を紹介してもらう。

などして対応してもらえる病院を探しましょう。

セカンドオピニオンを求めに行く場合の心構え

実際にセカンドオピニオンを受ける際には飼い主さん自身がファーストオピニオンの内容をよく理解し、質問すべき内容をあらかじめしっかり整理しておくことが必要です。またセカンドドクターが再検査を必要とする場合もあることを理解しておきましょう。

万が一、現在治療を受けている主治医さんへの不平不満があっても、その場で口に出すのは止めましょう。セカンドオピニオンの目的はあくまでもアドバイスを貰うことです。

最終的には飼い主さんの判断が大切

セカンドオピニオンを貰った後でどのように治療を進めていくかを決めるのは飼い主さんです。ペットの年齢、病状などを考えて納得できる治療を選ぶことが大切ですが、そのためには飼い主さんにも勉強が必要です。セカンドオピニオンを検討する飼い主さんなら、それなりの意見や知識もあると思いますので、熟考してペットにとって一番良い治療方法を選んであげてください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】様々な病気を併発する病気。クッシング症候群について

クッシング症候群ってどんな病気 クッシング症候群とは「副腎皮質機能亢進症」の一種で、毛が左右対称に抜けてしまったり、お腹がぽっこり膨らんだりといった、 特徴的な見た目の変化が症状となる病気……

犬の健康の基礎

【ドッグマナー協会理事が解説】愛犬たちの健康診断をして今以上に健康管理をしましょう!

愛犬の「健康診断」ですが、みなさんは注意をはらってますか? 私たち人間は職場や学校、行政指導の下で定期的に健康診断が受けられます。 個人的に人間ドックを受けることも可能です。 ……

犬の健康の基礎

治療に迷ったら聞いてみよう!犬や猫の治療にもセカンドオピニオンが大切。

セカンドオピニオンという言葉を知っていますか?何となく聞いたことはある…という人は多いのではないでしょうか。もともと人間の医療においてインフォームドコンセントなどとともに一般に知られるように……

犬の健康の基礎

【獣医師監修】犬の血液型と輸血について。血液型ってあるの?

犬にも人間同様、血液型があるとご存知でしたか?ここではあまり知られていない犬の血液型について紹介していきます。 犬の血液型 犬にも血液型があります。その型の数は今までに確認されて……

犬の健康の基礎

【動物看護師が徹底解説!】犬の健康チェック!毎日チェックしたい項目は?

病気は早期発見が大事といいますが、犬は病気になりました!とは言ってくれないので、飼い主さんが病気のサイン見つけなければなりません。病気のサインを見つけるには、日々の健康チェックが必要です。愛……

犬の健康の基礎

寒さに強い犬種、弱い犬種と、防寒対策

寒さは病気諸々の原因 人も寒ければ風邪を引いてしまいます。それは犬も同じで、過度の寒さは体に様々な悪影響を及ぼします。 寒さに強い犬種、弱い犬種 一般的に寒さに対する強弱は犬の原産地に……

犬の健康の基礎

自宅で愛犬の健康診断ができる? 病院嫌いの犬の飼い主さんにオススメの検査キット「愛犬健康チェッカー」

犬の1年はだいたい人間の4年に相当すると言われています。人間よりずっと年をとり、病気の進行や老化も早いため、1年に一度は検診に行って体調チェックするのがベストでしょう。本来なら7歳を過ぎた老……

犬の健康の基礎

【獣医師監修】小型犬は要注意!乳歯遺残の症状や影響について解説します

乳歯遺残。聞きなれない言葉かもしれませんが、漢字だけでも何の事だかイメージがつく方も多いかと思います。 わんちゃんも人間と同じように、子犬の頃に乳歯だった歯が成長とともに抜けて、大人の……

犬の健康の基礎

足の毛をかじり切ってしまう!犬や猫の舐め壊しの原因は何?

皮膚の舐め壊しは「ホットスポット」と呼ばれます。自分で自分の毛や皮膚を舐め壊してしまい、脱毛や皮膚炎を起こしてしまっている犬や猫。 なぜそのような行為をしてしまうのか、様々な原因が考え……

犬の健康の基礎

愛犬が臭い!もしかしたら、なにかの病気かもしれませんよ!

愛犬の臭いに悩まされている飼い主の方、いませんか?定期的にちゃんとシャンプーをしているのに、強い匂いが取れない場合、もしかしたら愛犬がなんらかの病気になっている可能性があります。 一言……

犬の健康の基礎

愛犬、愛猫の健康のために「健康日記」をつけよう

ペットを検診や病院に連れて行った時に獣医さんから細かい症状や発症の時期を聞かれて困ったことはありませんか? 近々のことなら記憶も確かですが、数か月前のことになると記憶があやふやになって……

犬のニュース

飼い主さん必見!老犬・シニア猫との暮らし方のコツとは(*´ω`)?

一緒に暮らしている犬や猫には長い生きしてずっと一緒にいてもらいたいですね。シニア期のお世話は特別なものがいるのだろうかと心配になったり、寝てばかりいるけどれ大丈夫だろうかと不安になったりする……

老猫・猫の老化

【獣医師監修】犬にも免疫力ってあるの?

免疫力 人も犬も日常生活を送る中で、多くの細菌やウイルス、有害物質にさらされています。 大気1㎡中には細菌などの微生物は数百個存在しており、それらがデパートや各種イベント会場など人の……

犬の健康の基礎

飼い主さん必見!毎日できる愛犬の健康チェック方法を獣医師が教えます!!

自宅での愛犬の健康チェックの習慣はありますか?愛犬は自由に体や口の中を触らせたり見せたりしてくれますか?言葉を話せない犬の体調の変化にいち早く気づくにはどのようにすればよいでしょうか?今回の……

犬の健康の基礎

愛犬のボディコンディションスコア(BCS)って?

愛犬の肥満度をしめすボディコンディションスコア(BCS)てご存知ですか? 体型から肥満度を判断する基準になっています。 ボディコンディションスコアってなんなんだろう? ボディコ……

犬の健康の基礎

【獣医師監修】ただの下痢じゃない!すぐに病院へ連れて行くべき「出血性胃腸炎」

犬はときどき、食べたものを吐いたり、下痢をしたりすることがあります。大抵の場合は様子を見ているうちに治ってしまうことが多いのではないでしょうか。でも時には、すぐに対応が必要な怖い病気にかかっ……

犬の食道・胃腸の病気

愛犬の体調管理、どこに注意して見れば良い?【ペットシッターが解説】

愛犬の体調管理は、普段の様子をしっかりチェックしておくことが大切です。普段からチェックしておくことで、いつもと違う状態に早めに気づくことができます。病気の早期発見にもつながる体調チェックのポ……

犬の健康の基礎

【獣医師監修】立ち上がれない、歩けない!犬の首から腰にかけての痛みの原因、椎間板ヘルニアとは?

足の短い犬種が特になりやすいといわれている、椎間板ヘルニア。もちろんそれ以外の犬種でも発症します。 突然歩けなくなる、立ち上がれなくなる、触るだけで痛そうな声をあげる。突然発症してしま……

犬の健康の基礎

飼い始めの不安を解消!先輩飼い主さんの健康チェック方法をご紹介!

飼い始めは楽しい半面、初めてのことで戸惑う事も多いですよね。一番の不安はやっぱり健康面!そんな不安を解消するため、先輩飼い主さんに健康チェックを教えてもらいました! 「自分の子は自分が……

猫の健康の基礎