2015年9月13日更新

会話ができたらもっと楽しい!セキセイインコに「おしゃべり」させる方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫と違うセキセイインコの魅力のひとつは「おしゃべり」でしょう。意味を理解しているわけではないとわかってはいても可愛いものです。せっかくセキセイインコを飼ったのならぜひ、「おしゃべり」を教えて会話を楽しんでみたいものです。今回はセキセイインコに「おしゃべり」を覚えさせる方法についてご紹介しましょう。

 

「おしゃべり」セキセイインコのルーツは埼玉にあった?

セキセイインコが日本にやってきたのは明治時代の終わりだと言われていますが、セキセイインコはその頃から「おしゃべり」ができたわけではないようです。記録によれば日本でセキセイインコが初めて言葉を話したのは昭和30年代のことで埼玉県の女性が飼っていたセキセイインコが最初だと言われています。

この女性はセキセイインコに言葉を覚える能力があることは知らず、毎日名前を呼んで話しかけ、可愛がっていたところ突然自分の名前をしゃべり始めたのだとか。飼い主さんはさぞびっくりしたでしょう。それ以来、セキセイインコが言葉を覚えることが知られるようになり、今では飼い主さんの多くが「おしゃべり」を教えています。

セキセイインコは何故「おしゃべり」が得意?

セキセイインコなどオウム目の鳥はエサの皮を舌で剥いて食べるため舌の筋肉が発達していると言われています。セキセイインコはこの筋肉質の舌を人間と同じように自由に動かすことによって音の響きを自由にコントロールすることができます。

また、鳥は肺の上にある鳴管と呼ばれる器官を震わせてさえずっていますが、セキセイインコのように「おしゃべり」ができる鳥はこの鳴管の周りの筋肉が発達しているため、他の鳥よりも多彩な声を出すことができると言われているのです。また、セキセイインコは雌より雄の方が「おしゃべり」が得意だと言われています。

 

セキセイインコに「おしゃべり」を教えてみよう

セキセイインコに「おしゃべり」させるには愛情を持って常に話しかけることが一番ですが、教え方にはコツがありますのでご紹介しましょう。

セキセイインコと仲良くなる

「おしゃべり」をマスターしてもらうには、まず飼い主さんに慣れてもらう必要があります。なるべく頻繁に話しかけ、手に乗せるなどしてスキンシップを図りましょう。

先生はひとりに

言葉を教える人をひとりに絞りましょう。高い声の女性の方が鳥の鳴き声に近い音を発しますので、女性が先生になった方が良いでしょう。できれば毎日決まった時間に同じ言葉を繰り返します。

まずは簡単な一言から

初めはセキセイインコの名前や挨拶など簡単な言葉から始めましょう。一言覚えたら比較的長い文章も覚えることができると言われています。中には自宅の住所や飼い主さんの名前を話したり、歌を歌ったりするセキセイインコもいるようです。

セキセイインコの「おしゃべり」は実は飼い主さんへのコミュニケーションだと言われています。セキセイインコの「飼い主さんともっと触れ合いたい」という気持ちが「おしゃべり」となっているわけです。

高度な「おしゃべり」を教えたいと思ったら、そんなセキセイインコの気持ちを汲んで優しく地道に教えていくのが一番です。

「おしゃべり」を覚えたら言動には要注意!?

あなたのセキセイインコが「おしゃべり」上手になったら、家族全員が言葉に注意する必要があります。夫婦喧嘩や家の中の秘密をセキセイインコが覚えて他人の前で「おしゃべり」してしまった…という話は本当にあるのです。少なくてもセキセイインコの前では言動は慎んだ方が良いかもしれませんね。

 
 

関連カテゴリ