2015年8月31日更新

ペットにできるサルの代表種!コモンリスザルの特徴・性格と価格について紹介します

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

皆さんはコモンリスザルというサルを知っていますか?名前だけではピンとこない方も、おそらく一度は見たことのあるサルだと思います。

日本では飼っている人は少ないペットですが、くりっとした目の愛らしい姿や、とても人懐こい性格からテレビなどでも特集されることが多い動物なのです。

今回はそんなコモンリスザルの生態、特徴と市場価格についてご紹介します。

 

コモンリスザルの生態

コモンリスザルはブラジル、コロンビア、エクアドル、ベネズエラなどの中南米が原産地の小型のサルで、ただ単にリスザルと表記されることも多い種です。オスの体長は「25~35cm」体重が「0.5~1kg」ととても小さく、メスさらに小型になっています。

大きい耳と目の周りがM字の形に白くなっているのが特徴で、体の毛色は淡く黄色がかった茶色をしています。自然界では100頭前後の群れで生活しており、社会性も高く、とても賢い動物です。

コモンリスザルの性格

コモンリスザルの性格は個体差が大きく、愛想のよい個体から、人が苦手なものまで幅広く「飼ってみなければわからない」という部分もあります。

しかし種としてはとても好奇心が強く、穏やかで人懐こい性格をしています。またとても寂しがり屋で、長期間ひとりぼっちにしておくとストレスから死んでしまうともいわれています。

 

コモンリスザルのエサ

基本的には果実や木の実を食します。ただ雑食性なので昆虫や小鳥の雛なども食べることがあります。

コモンリスザルの寿命

メスは生後2年半、オスは4年ほどで性成熟します。野生下での寿命は15年ほどで、飼育環境下では20年を越えることもあるようです。犬や猫よりもパートナーとして長く付き合うことができます。

コモンリスザルの価格

コモンリスザルの価格は1匹で50万円前後とされています。コモンリスザルはリスザルの仲間のなかでは一番流通量は多いのですが、価格がとても高価なので一般的なペットショップでお目にかかる機会はあまり多くありません。

小動物専門店に行けば展示されていることもあるでしょう。

飼育は簡単ではないですが、見返りも大きいペットです

コモンリスザルの飼育は診察可能な動物病院や情報が少ないうえ、飼育上の注意する点も多いため一筋縄ではいきません。その代わりリスザルの方からスキンシップを図ってくれるなどの見返りは十分期待できるでしょう。

 
 

関連カテゴリ