2015年9月5日更新

川魚を飼育してみよう!ナマズの飼い方・種類について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ナマズはアクアリウムでも人気の魚種で、主に東南アジアや南米のナマズが飼育されています。日本にも数多くのナマズが生息していて、外国産のものにも負けないくらい魅力たっぷりです。

今回はそんな日本産ナマズの育て方と種類についてご紹介します。

 

日本原産ナマズの種類

あまり知られていませんが日本産のナマズの種類はかなり豊富です。飼育実例のある種をサイズ別でご紹介します。

大型種

  • イワトコナマズ
  • マナマズ
  • ビワコオオナマズ

ナマズの中でも特に大きく成長するものです。特にイワトコナマズとビワコオオナマズは自然界では1m以上になることも珍しくありません。

さすがにその大きさのものを捕獲しても飼育するのは難しいですが、比較的小さい頃から育て始めれば飼育することも可能です。

小型種

  • アカザ
  • ギギ
  • ギバチ

現実的には上で紹介した3種が飼いやすいナマズと言えるでしょう。水槽も平均的な大きさ(幅60cm規格)で、10匹程度は複数飼いできますからおすすめです。

特にアカザは愛嬌のある顔がとても人気が高いようです。ただしアカザの背びれと胸びれには毒があるので注意しましょう。

ナマズの飼育設備

  • 水槽
  • フィルター
  • ろ過装置
  • 床材
  • シェルター
  • フタ

最低限、以上の設備を揃えましょう。

水槽は大型種であれば幅120cm規格はほしいところです。場合によってはそれでも足りなくなってしまうこともあります。

シェルターはナマズ独特の設備かもしれません。ナマズは自然界では葉や石の影にじっといるので、何もないまっ平らな水底には慣れていません。

シェルター(隠れ家)がないとストレスの原因になりますし、驚いた拍子に大暴れしてしまうことも考えられます。石を軽く積み上げるだけもいいので、必ずシェルターは設置しましょう。

 

ナマズとエサ

同じ川魚のコイの仲間と比べるとナマズの給餌は少し手間がかかります。

コイは人工飼料もすぐに食べ始めてくれますが、ナマズは人工飼料はなかなか食べてくれません。絶対に無理、というわけではないのですが、かなりの根気が必要になってくるでしょう。

おすすめのエサは餌用の金魚。これらはネット通販やペットショップで簡単に購入できます。その他は冷凍の魚の切り身や小魚など。数日に一度で良いので定期的に給餌しましょう。

ナマズの寿命は長い! 計画的な飼育が必要です

ナマズは長いものでは10年以上生きる種類もあります。ペットではなくパートナーのような関係を念頭に置いて飼い始めるのをおすすめします。

 
 

関連カテゴリ