2015年9月5日更新

憧れのセレブ猫、サーバルキャットとサバンナキャットはどう違う?飼い方や購入方法などについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

野性的な猫にあこがれる人なら一度は見てみたいサーバルキャットとサバンナキャット。

「ベンガルやオシキャットよりもっと野性的な猫を飼いたい!」と思う人に密かな人気があるようですが、飼い方や入手方法などがわからない、サーバルとサバンナの違いがわからない、という人も多いのではないでしょうか?

この記事ではサーバルキャットとサバンナキャットの違い、飼う時の注意点や入手方法などについてまとめました。

 

サーバルキャットとサバンナキャットの違いとは?

動物としての違い

サーバルキャットはアフリカ原産、体重は8kg~15kgと一般的なイエネコよりかなり大きい野生動物です。

サバンナキャットはサーバルキャットとイエネコの交配により誕生した人工的な交配種。交配の状況によりF1~F6に分類され、数字が小さいほどサーバルの血が濃く野性的な風貌や性格が残っているようです。

国による取扱いの違い

サーバルキャットは特定動物に指定されているので、飼育の際は都道府県の許可が必要な生き物です。

飼育に必要な条件として

  • 檻様施設内での飼育
  • 第三者の接触防止措置
  • マイクロチップなどによる個体識別

など厳しい規制があります。ペットとして可愛がるというよりは猛獣の飼育に近い感覚で飼うことになるでしょう。

一方サバンナキャットは現時点では特定動物に指定されていませんので、イエネコと同じようにペットとして飼育することが可能です。ただし、F1~F2くらいのサーバルの血が濃いタイプだと検疫の際に特定動物に指定されてしまうリスクもあるようです。

サーバルキャットとサバンナキャット、入手方法や値段は?

サーバルキャットは野生動物なのでブリーダーはいません。

主に海外から購入することになりますが、日本では特定動物に指定されているため購入にあたっては飼育の許可申請など慎重な準備が必要となります。よく相談に乗ってくれる良心的な販売業者を探すことが大切でしょう。

サバンナキャットの場合は主にブリーダーから購入することになりますが、日本でのブリードはほとんど見受けられません。特にF1~F3くらいの野性味を濃く残したサバンナキャットを求めるには海外からの輸入が現実的でしょう。

値段はサーバル、サバンナどちらも100万円~200万円程度です。サバンナキャットの場合F5~F6くらいだと値段も下がるようですが、それでも一般的な純血種の猫よりはかなり高額のようですよ。

 

サーバルキャットとサバンナキャット、飼うのは難しい?

野生動物であるサーバルキャットはもちろんですが、サバンナキャットもF1~F3くらいのサーバルの血を濃く引くタイプだと、肉食獣らしい獰猛さをもっていることがあります。

人にはよく慣れとても賢いようですが、体も大きい分ちょっとじゃれただけで飼い主さんがケガをする可能性も高く、一般的なイエネコと同じ感覚で飼おうとするのは危険かもしれませんね。

まとめ

サーバルキャットとサバンナキャット、どちらもとても魅力的な猫種ですが飼うにはそれなりの費用と覚悟が必要な生き物です。

憧れのセレブ猫、飼うのは難しくても一度は目にしてみたいものですね。

 
 

関連カテゴリ