2015年9月14日更新

野性のネコ科動物のような猫〝サバンナ”のルーツ、特徴、性格について

普通のイエネコに比べて長い尻尾とスリムな体型で野生の大型ネコ科動物そっくりのルックスが特徴のサバンナ。アフリカ出身というだけあってその姿は日本の狭い家には似合わない高貴な雰囲気を醸し出しています。購入する際はアメリカから直輸入する必要があり、あまり見ない猫です。今回はサバンナについてご紹介しましょう。

サバンナのルーツ

サバンナは1986年4月7日にベンガル猫のブリーダーだったジュディ・フランクが雄の野生の猫サーバルと雌のシャム猫を交配させて最初に誕生させました。サバンナに興味をもったもうひとりのブリーダー、パトリック・ケリーはその中の1匹を引き取ってサバンナを品種として確立すべくプロジェクトを開始しました。

その結果サバンナは2001年に猫の品種管理団体TICAに品種として公認されました。2012年にはTICAにチャンピオンシップとして登録されています。

サバンナの特徴

体のサイズはいろいろ

サバンナは長い尻尾とスリムな体躯のため実際のサイズより大きく見えますが、サイズは世代(何代目の交配種か)と雌雄によってかなり差があります。

最も大きいのは野生のサーバルの影響を強く受けた第一世代と第二世代の雄でしょう。第一世代の雄は6キロ~11キロの大きさで、雌はそれより少し小さめです。それより世代が後になるとサイズも小さめになり3キロ~7キロと普通のイエネコのサイズになります。

スポット柄の4色のみが公認カラー

サーバルの血を引いたスポットのある被毛が特徴でTICAではスポットのある猫のみをサバンナのスタンダードとして公認しています。公認カラーはブラウン、シルバー、ブラック、ブラックスモークのみです。

スタンダードには認定されていませんが、他にもスポットのないタイプ、マーブル、スノーカラー、シナモンカラー、チョコレートカラーなどの被毛をもったサバンナもいてサバンナは比較的バリエーション豊かな猫だと言えます。

体のつくりと能力はチーターのごとく

長い尻尾、すっと伸びた首、小さな頭は猫というよりチーターのイメージです。またジャンプ力も猫随一で2メートル以上のジャンプ力があると言われています。

サバンナの性格

見た目はチーターのようですが性格は至って穏やかで人にもよく懐くと言われています。海外ではリードを付けて散歩する姿も見かけられるようで犬のように従順だとされています。

サバンナを購入するには?

サバンナには交配種としての血の濃い方からF1、F2…と分類されています。F1、F2などは入手が困難なうえ、野生種の血が濃いため都道府県知事の飼育許可が必要ですので日本での購入はあまり現実的ではないでしょう。

繁殖可能なのはF4からと言われ、日本で入手可能なのもF4あたりからのようです。このあたりの種であれば知事の許可は必要ないようです。いずれにせよ海外からの直輸入になることが多く、空輸、検疫などを経て手元に届くのは数か月後ですし、猫の価格にプラスして空輸代、陸送代、書類申請代などが掛かる場合が多いようです。価格はまちまちですが、トータルで100万円以下になることは少ないようです。

猫好きなら一度は見てみたい希少価値の高い猫

日本ではまだ飼育頭数が少なく高値の花のサバンナ。価格も去ることながら海外から輸入すると120日程度の検疫が必要だという点もハードルを高くしているようです。そんな希少価値の高い猫だけに猫好きなら飼うことはできなくても一度は触ってみたい猫なのではないでしょうか。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【御茶ノ水】 おしゃれな自走型保護猫カフェ徹底取材! NECO REPUBLIC

2015年5月にオープンしたばかり、国内3店舗目となる自走型保護猫カフェNECO REPUBLIC東京にお邪魔し、代表の河瀬さんにお話をお伺いしてきました。 猫好きではないかたでも、き……

猫の言葉・気持ち

風呂嫌いの猫をお風呂に入れるには? 猫の汚れを落とす方法

砂漠出身のせいなのか、大抵の猫は体が濡れることを嫌がります。ましてはお風呂やシャワーなど、もってのほかと思っているのではないでしょうか? 猫をお風呂に入れる度に猫とバトルになってしまい……

猫のトリミング

はじめて猫を飼う方、必見!猫に必要なワクチンをチェックしよう!

はじめて猫を飼うとき、猫にはどういった健康管理やワクチン接種を行えばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。 動物を飼っていく上で、飼い主はペットの健康管理もしていかなければな……

猫のお手入れ・ケア

猫を長時間お留守番させる時も安心!ペットシッターの利用とは?

猫にも様々な性格がありますが、ほとんどの猫はお部屋の中でゆっくり過ごすことが好きです。環境の変化に敏感だからこそ、お留守番もできる限りお部屋の中でゆっくり過ごしてほしいもの。 そんな時……

猫のお手入れ・ケア

雄は体重8キロにもなる大型猫。ピクシーボブのルーツ、特徴、飼い方について。

ピクシーボブは雄は8キロ、メスでも6キロに成長する大型猫です。歩いている姿はまさに大型ネコ科動物で、見た人が皆「あれ、なに?」と驚くというのも頷けます。今回はピクシーボブについてご紹介しまし……

猫の健康と病気

【人気!】 猫とのお散歩用ハーネス10選

外が好きな猫、散歩をしたがる猫のためには、できるだけ安全に使え、デザインもよく、安心なハーネスを使用してあげましょう。 今回は猫のための、お散歩用ハーネスを選んでみました。 猫のお散……

猫との旅行

飼い猫のノミ対策! ノミの生息場所と対策方法について

飼い猫にノミが住みついてしまうと、猫の痒みの原因になったり、家の中でノミが大量発生してしまったりといった問題が生じます。 ノミはホコリや毛を食べて生きているので、豊かな被毛をもった猫に……

猫のお手入れ・ケア

猫に囲まれて過ごしたい!猫カフェをオープンしたいと思ったら?

お茶を飲みながら猫と触れ合える猫カフェ。癒しの場所として人気を集め、徐々に数も増えてきているようです。捨てられた猫を保護するボランティア団体が、譲渡の場としてカフェを開いているケースもありま……

猫の仕事

猫にとってはありがた迷惑?飼い主が猫にやってしまいがちなNG行為

「猫が大好きな人は猫にモテない」というのはもはや都市伝説といっても良いかも。残念ですが、猫の飼い主の皆さんも当てはまってしまうかも? 猫が好きなあまりやっている飼い主の行為。飼い主のよ……

猫のお手入れ・ケア

尻尾が短い猫マンクスの弟分キムリス。キムリックの歴史、特徴、飼い方について

尻尾が短い猫、もしくは尻尾がまったくない品種として有名なのはマンクスですが、マンクスの長毛種はキムリックと呼ばれて別の品種として分類されているのをご存じでしょうか? 日本ではマイナーな……

猫の健康と病気

サイアミーズの親戚。オリエンタルショートヘアのルーツ、特徴、飼い方。

スレンダーな体躯に細長い顔。オリエンタルショートヘアはアメリカで品種確立された猫ですが、耳や尻尾などにポイントのあるサイアミーズからポイントのない単色の猫を作ろうと試みた結果生まれた品種です……

猫の健康と病気

スフィンクスってどんな猫?スフィンクスの性格・特徴・飼うとき徹底解説!

毛のない猫として有名なスフィンクス。ペットショップで見かけることもあまりなく、日本では珍しい猫種のひとつですが、海外、特にヨーロッパでは人気の猫種です。 映画「ET」ではエイリアンのモ……

猫の健康と病気

猫をスムーズに動物病院に連れて行こう!猫を病院へ連れていく際の注意点と工夫とは?

猫の体調が悪い時だけでなく、定期的な健康診断やワクチン接種などで動物病院に連れて行くことがあります。 しかし、猫にとって動物病院がトラウマになってしまうと、連れて行くだけでもかなりの苦……

猫のお手入れ・ケア

ユニークで可愛らしい姿と穏やかな性格で人気急上昇中のマンチカンの魅力

香箱スタイルで座っている姿は普通の猫なのに、立つとダックスフンドのように脚が短いマンチカン。 そのユニークで可愛らしい姿と穏やかな性格が注目され、人気急上昇中です。一体、どうして足の短……

猫の健康と病気

猫専門病院って動物病院とどこが違うの?猫だけのための病院「猫専門病院」について

猫を病院に連れて行くときに悩ましいのが待合室にいる犬たちの存在。例え飼い主さんが犬好きでもケージの中の猫は犬の気配や臭いにおびえています。きっと猫は「頼むから犬のいないところに連れて行ってく……

猫の雑学