2015年9月17日更新

セキセイインコをブリーディングさせたい!セキセイインコに卵を産ませ、孵化させるには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

セキセイインコを飼い始めて慣れてくるとその魅力にはまり、小鳥を繁殖させたいと思う飼い主さんも出てくるかもしれません。セキセイインコの繁殖はそんなに難しくはありませんが、それでも安全に産卵させ無事に羽化させて育てるには知識が必要です。今回はセキセイインコの繁殖「交尾」「産卵」「羽化」についてご紹介しましょう。

 

セキセイインコを繁殖させた後、責任を持って飼える?

当たり前ですが繁殖させるということは鳥の数が増えるということです。セキセイインコは一度に4個~6個の卵を産みますので卵が孵るとセキセイインコの数は瞬く間に6羽~ 
8羽になります。繁殖にあたっては、産まれたヒナが育っても受け入れ可能なのかを考えなければなりません。

  • ●飼育スペースが充分確保できるか?
  • ●飼育にかかるエサ代や医療費を支払えるか?
  • ●セキセイインコのお世話に時間と手間を掛けられるか?

もしもすべての条件をクリアできない場合は責任をもって新しい飼い主さんを探す覚悟が必要です。

繁殖に適した鳥かどうか見極めよう

繁殖させるセキセイインコは若すぎても年を取っていても良くありません。適齢のセキセイインコでないと産卵の時に“卵詰まり”になる可能性があります。卵詰まりになると手術して卵を取り出さなければならない場合もあります。繁殖させるなら10ヶ月~3歳ぐらいまでの健康で病気のないセキセイインコを選びましょう。

 

繁殖に適した季節を選ぼう

繁殖を行う場合は母鳥の体に負担の少ない季節を選ぶ必要があります。寒い冬や体力が落ちがちな夏は避けて、春や秋に繁殖を行うのがオススメです。また生まれてくる雛にとっても春や秋など過ごしやすい季節の方が元気に育ちやすいと言えるでしょう。

繁殖の準備~繁殖させるには何をすれば良いの?

雄雌のセキセイインコ2羽をケージに入れます。ケージの中には産卵、抱卵するための巣箱を用意します。ツガイのセキセイインコの相性が悪くなければ発情行動が見られるようになります。

雄は活発に動き回りディスプレー行動を始めますし、雌も巣箱を齧って巣箱の中に持ち込んだり、尾羽を持ち上げて雄にアピールしたりします。交尾が終わると雌は巣箱に入ったまま出てこないようになり産卵に備えるようになります。

雌が巣箱にこもるようになったらなるべく落ち着いた静かな環境を作ってあげましょう。お世話は水やエサの交換など最低限にし産卵の邪魔をしたいようにします。ケージを布などで覆って周囲の喧騒が伝わらないようにしても良いでしょう。

産卵が始まったら

雌は巣箱にこもっているので産卵が行われているかどうか正確に知るのは難しいでしょう。卵の状態を調べようとして巣箱を覗いたり手を入れたりすると母鳥はストレスを感じて産卵した卵を食べる恐れがあります。

セキセイインコは4個~6個の卵を産むと言われていますが、産卵は1日おきに1個ずつ行うという習性があります。つまり全ての卵を産み終わるまでに1週間~10日ほど掛かるわけです。

鳥には総排泄腔という器官があって肛門と尿道、生殖器のすべてを兼ねています。産卵が始まると総排泄腔が広がるため糞の太さも太くなる傾向があります。普段より太い糞を見るようになったら産卵が近づいているか産卵が始まったのだと思いましょう。

セキセイインコが抱卵を始めたら

卵を産み終えた母鳥はほとんど巣箱から出てこなくなります。中でずっと卵を温めているのです。雄は巣箱の周りで警戒する態度を見せる場合もありますし雌と一緒に巣箱の中で卵を温めることもあります。

いずれにせよ飼い主さんはなるべく静かにし、この時期は最低限のお世話をする時以外はケージに近づかないようにしましょう。産卵時と同様に母鳥が警戒して抱卵を止めてしまったり食べてしまったりする可能性があります。

いよいよ孵化が始まったら

産卵から17日~18日経つと卵は産卵された順に1日おきに孵化していきます。すべての卵が孵化するのに1週間から2週間ぐらい掛かります。孵化時もなるべくケージに近づかないようにしましょう。

ケージのそばで耳をそばだててみると孵化した雛の声が聞こえるかもしれません。また、雄がエサを巣箱の中に頻繁に運んでいたら雛が孵っている可能性があります。

雛が孵ったらエサはいつもの2~3倍必要になります。青葉、ボレー粉、塩土なども充分に用意して親鳥と雛の両方がしっかりと栄養を摂れるように配慮しましょう。

セキセイインコの繁殖成功の鍵は環境づくり

セキセイインコの繁殖はほぼ親鳥任せですので、そんなに難しいことはありません。飼い主さんとしてはセキセイインコが安心して産卵、抱卵し雛をかえせるよう環境を整えることが大切です。

 
 

関連カテゴリ