2015年9月16日更新

家にいきなりセキセイインコが飛び込んできたときの対処方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

セキセイインコが家に飛び込んで来たことがきっかけでセキセイインコを飼い始めたという家が昔は結構ありました。セキセイインコを飼う人が増えて、籠抜けと言われる逃げたセキセイインコも増え、さまよって他の家に入ることも少なくありません。今回は、「迷子のセキセイインコが家に飛び込んできた場合にどうしたら良いか?」についてご紹介しましょう。

 

羽を痛めないように保護しよう

逃げたばかりのセキセイインコは外界を知らない可能性があります。逃げてはみたものの動揺して飛び回っていることが多いのです。家に飛び込んで来たセキセイインコを確保する際には追い掛け回さずに疲れてどこかに止まるのを待ちましょう。

もし家に犬や猫がいるようならセキセイインコが飛んでいる部屋から出しておくことが大切です。どこかに止まったら両手で羽を包むようにして確保します。

セキセイインコの様子を観察

手で確保したらセキセイインコがケガをしていないかどうかチェックしましょう。羽や足などは特に傷つきやすい場所ですのでよく観察します。ケガをしていたら病院に連れて行ってあげてください。

ケガがないようなら、とりあえずの場所にセキセイインコを入れます。鳥のいない家にケージはないと思いますので、ダンボール箱などで代用します。中の様子が見られるよう穴を開けて網を張っておくか、割り箸等で格子を作っておくと良いでしょう。

 

とりあえずお腹を満たしてあげる

逃げてきたセキセイインコは長い間エサを食べずに飛んでいてお腹が空いている可能性があります。鳥のいない家に鳥用の飼料はないと思いますので、とりあえず青菜、果物、野菜、細かく砕いた米など家にあるものを与えて見ましょう。水も忘れずに与えます。

余裕があるならペットショップなどで鳥用のペレットや飼料を買ってきてあげると良いでしょう。

拾得物として警察に連絡

警察には拾得物として届出を出すのが正しいやり方ですが、警察でも生きたセキセイインコの保護に困って拾得者にそのまま保護をお願いしてくる場合もあるようです。そのまま警察に預けておくと保健所に保護されて1週間程度で処分されてしまいますので、できればしばらく手元に置いてあげてください。

家で預かる場合はポスターを貼ったり、近所に聞き込みするなどして飼い主さんを探してみましょう。早いうちに元の飼い主さんが見つかればベストですが見つからなかった場合には2つの選択があります。

これをきっかけにセキセイインコを飼うつもりがあるのであれば6ヶ月すれば所有権が正式に拾得者に移りますので、法的に問題なくセキセイインコを飼うことができます。

自分のところで飼うことができなければペットショップや動物病院に里親募集の張り紙を貼ってみましょう。里親サイトなどに情報を掲出してみても良いでしょう。

迷子のセキセイインコにしてあげられること

生き物を保護し救ってあげることは決して簡単なことではありません。手間も掛かりますし費用が必要な場合もありますが、元は人間が飼っていた鳥です。同じ人間としてできる限りの面倒を見てあげたいものです。

 
 

関連カテゴリ