2015年9月9日更新

アフリカヤマネを飼う前に知っておきたい!アフリカヤマネの飼育に絶対に必要な設備・器具について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

別の記事で「アフリカヤマネの生態」についてご紹介しました。では実際にアフリカヤマネを飼うときに必要な設備って何なのでしょうか。

齧歯類だから、ハムスターと一緒のケージでいいの?とか、エサは何をあげればいいのだろう?とか、疑問は尽きませんよね。

そんな方のためにアフリカヤマネの飼育に必須の設備・器具についてご紹介します。

 

ケージ

残念ながらアフリカヤマネ専用ケージというものは市販されていません。他の動物用のケージを使用する必要があります。

アフリカヤマネの体はとても小さく、おまけに夜中は活発に行動するため、網目が大きなケージだと脱走してしまう恐れがあります。網目状のフタをした水槽を使用すれば脱走のリスクは減りますが、風通しが悪いという点もあります。

ベストなのは網目の細かいチンチラやフェレット用のケージです。特にチンチラ用のケージは高さもそれなりにあるので、アフリカヤマネにとっては良い環境になるでしょう。大きさは少なくとも幅60cmは必要です。

床材

床材は一般的にオガクズや牧草などが使われています。床材がそのまま巣箱に運ばれて巣材にもなるので、量は多めに敷いてあげましょう。

 

隠れ家

アフリカヤマネは臆病な性格に併せて、日中は物陰に隠れて眠るため隠れ家は絶対に必要です。ハムスター用の巣箱ですが、プラスチック製だとアフリカヤマネに齧られてすぐにボロボロになってしまいます。木製の巣箱がベストでしょう。

給水器

水皿だと床材や糞が入って衛生的に良くないので、給水器を使用しましょう。ケージの側面に設置するタイプの給水器で、ガラス製の耐久性が強いものだと尚良いでしょう。

エサ皿

特段こだわる必要はありません。市販のハムスター用のものでも十分ですが、アフリカヤマネがひっくり返さないようある程度重量のある素材のものがベストでしょう。

回し車

ネズミの仲間には大人気の回し車ですが、アフリカヤマネも回し車は大好きです。運動不足の解消にもなるので、ぜひ設置してあげてください。その際は怪我防止のため、滑車に隙間のないタイプのものを選びましょう。

アフリカヤマネにベストな環境を作ってあげましょう

アフリカヤマネの体は丈夫ですが、警戒心が強くストレスを感じやすい動物です。

健康に生きてもらうためにも、まずはアフリカヤマネにとってベストな環境作りから始めましょう。

 
 

関連カテゴリ