2015年9月8日更新

ヤマネを飼ってみませんか?アフリカヤマネの生態、性格、食性について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

皆さんは「ヤマネ」って知っていますか?世界中に分布していて、日本にも生息している小動物です。日本での飼育頭数は多くはなく、マイナーなペットですが、くりっとした目や小さい体はとても可愛らしく、世界中に愛好家の方がいる隠れた人気種なのです。

今回はそんなアフリカヤマネの生態、性格、食性について紹介します。

 

アフリカヤマネの生態

アフリカヤマネはその名の通り、アフリカ大陸のサハラ砂漠よりも南の地域に広く分布しています。

日本に輸入されているアフリカヤマネは数種類に分類されますがそのどれもが、体長は6~8cm、体重は15~25gと小柄な体格をしています。主に樹上で生活するのでとても鋭い爪を持っています。

日本にも「ニホンヤマネ」という種のヤマネが生息しています。しかし残念ながら、捕獲して飼育することはできません。ニホンヤマネは国の天然記念物に指定されているので、個人での捕獲・飼育は禁じられているのです。

アフリカヤマネは夜行性の気が強いので、夜に活発に行動するようです。

アフリカヤマネの性格

小動物には多く当てはまりますが、アフリカヤマネは臆病で警戒心の強い性格をしています。個体によっては「手乗りヤマネ」になるくらい慣れるものもいますが、基本的には同じ小動物であるチンチラやモルモットに比較すると人に懐きにくいようです。

もしアフリカヤマネと親密になりたいのなら1匹だけ飼育して、根気よく飼い主に慣れさせる必要があるでしょう。

 

アフリカヤマネの食性

アフリカヤマネは雑食性で、穀類、木の実、種子、昆虫などなんでも食べます。食欲も旺盛なので拒食で困ることはほとんどないでしょう。

アフリカヤマネの寿命と病気

アフリカヤマネの飼育環境下での平均寿命は9年ほどです。小動物の中ではまあまあ長寿の部類に入ります。基本的に体は頑丈なのでキチンと世話をしていれば病気になることはあまりないでしょう。かかる恐れのある病気は風邪や下痢、皮膚病などです。

アフリカヤマネの飼育

アフリカヤマネは体の頑丈であり、適応気温が人に近い(24~28度)ので飼育は比較的簡単だとされています。

愛嬌たっぷりの姿をしていますし、個性的なペットを飼いたいと思っている方にはおすすめな小動物ではないでしょうか。

 
 

関連カテゴリ