2015年9月8日更新

フクロモモンガ飼育上の最難関!フクロモモンガのエサについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

フクロモモンガの飼育の最難関といえるのが「給餌」でしょう。フクロモモンガの飼育の歴史はまだ浅く、どの食事がベストなのかまだはっきりとわかっていないのです。

食事は健康の元、また与える食事を間違ってしまうとフクロモモンガは食べてくれないこともあるので、栄養バランス優れた食事を与えることが重要です。

 

給餌の時間

フクロモモンガは夜行性なので、夕方~夜にかけて1日1回ご飯をあげましょう。野菜、果物は傷みやすいので翌日の朝に、残っていたエサはすぐに掃除して綺麗にしましょう。

フクロモモンガの食性

野生のフクロモモンガは雑食性で昆虫から植物の葉までなんでも食べます。飼育環境下においても動物性、植物性の両方を与えることができます。

 

フクロモモンガのエサ

基本的には野菜、果物を中心とした菜食を与えましょう。果物はリンゴ、みかん、バナナ、ぶどう、パイナップルなど、野菜は小松菜、プチトマト、ニンジン、ブロッコリー、かぼちゃなどが候補としてあげられます。

主食は野菜、果物類ですが、それだけでは十分ではありません。動物性のエサも副食として必要です。

苦手な方も多いですが「ミルワーム」は栄養分が豊富なので、時々与えるエサとしては優秀です。ただしあげすぎると逆に栄養バランスが崩れてしまうので注意しましょう。

フクロモモンガは好き嫌いが多い

人にも好き嫌いがあるようにフクロモモンガも個体によって好き嫌いがあるようです。また飽きっぽい性格なので、同じエサばかり与えていると次第に食べなくなってしまいます。定期的に与えるエサを見直しましょう。

どれだけ栄養バランスの優れた食事を用意しても、食べてくれなければ意味はありません。どうしても食べてくれないときはサプリメントを使用して足りない栄養素を補充してあげましょう。

配合飼料

海外製のフクロモモンガ用の配合飼料も市販されています。栄養のバランスが良いエサですが、フクロモモンガはあまり配合飼料がお好みではないようです。

またドッグフードのように「これだけあればいい」というものではないので、あくまでエサの候補の一つとして捉えましょう。

トライ&エラーでベストな食事を用意しましょう

好みの個体差が大きいので、食べてくれないエサがあるのは当たり前。拒否されてもくじけずに新しいエサを準備してあげましょう。