2015年9月14日更新

甘えない猫の気持ちとは?愛猫を甘えん坊にするにはどうしたらいい?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ネットやテレビで見かける猫は飼い主にスリスリゴロゴロ、抱っこしたり膝に乗ったりと甘えん坊がたくさんいるのに我が家の猫はそっけなくて寂しい…こんな思いをしている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

この記事では甘えない猫の気持ちを探るとともに、愛猫に甘えん坊になってもらうためのちょっとした心がけや注意点をまとめてみました。

 

甘えてくれない猫の気持ちとその理由

ひとことで甘えないと言ってもその理由はさまざまです。

飼い主さんの接し方が苦手

猫は大きな物音や声、急な動作が苦手な生き物で、しつこく触られたりするのも嫌います。

大きな声やせわしない動作で猫に警戒心を与えていませんか?可愛いと思うあまり嫌がっているのに気がつかずになで続けたりしてはいないでしょうか?

甘え方がわからない、甘えることの心地よさを知らない

子猫期に人に可愛がってもらう経験が不足している猫によくあるケースです。

人に自分の感情や要求を伝えるすべがわからないので、甘えたい気持ちがあってもうまく行動で表現できないのです。

人と適切な接し方をしてこなかった猫は人に甘える心地よさを知らない、という場合もあるでしょう。

もともとそういう性格

猫は本来独立心が旺盛で孤独を苦にしない生き物、甘えない猫はある意味猫らしい猫と言えるのかもしれませんね。

ネットやテレビには甘えん坊猫がたくさん登場しますが、人気があるからこそよく見かけるのであって、あまり甘えてこない猫は案外多いものなのです。

猫に甘えてもらうにはどうしたらいい?

猫に甘えん坊になってもらうにはどうしたらよいのでしょうか?

「コレなら絶対甘えん坊になる!」という方法はありませんが、ちょっとした注意や心の持ちようについて挙げてみました。

接し方を変えてみる

優しい声で静かに接してみましょう。自分から近づくのも控えめにしてしつこく触ったりしないようにするとよいですよ。人の感覚だとちょっと冷たいかな、と思うくらいが猫にとってはほどよい距離感であることが多いのです。

猫は安心できる人だと認識すれば自分から近づくようになります。その時をのんびり待ってみてくださいね。

年齢を重ねるのをゆっくり待つ

個体差はありますが、若い猫のほうが人とのコミュニケーションが不器用になりがちです。年齢を重ねて人と上手に接するようになるのを根気よく待つことも大切でしょう。

年齢を重ねることである日突然甘えん坊に変身する猫もいますよ。そっけなかった昔が懐かしい想い出になることでしょう。

猫とはこういうものだと受け入れることも必要かも?

本来生まれ持った性格はなかなか変えることができません。独立心が強く甘えてこないタイプの猫もいることを理解して受け入れることも必要かもしれませんね。

甘えない猫でも信頼している飼い主さんのことはちゃんと見ています。ほどよい距離感を保ちつつ、「猫らしい猫」を慈しんであげてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?猫を甘えん坊にするには長い時間と根気が必要なことが多いです。

最初から甘えん坊の猫も可愛いですが、長い時をかけてゆっくり変化していく猫を眺めて暮らすのも猫飼いの醍醐味と言えるのではないでしょうか?猫との距離が縮まっていくのをのんびりと待ってみてくださいね。

 
 

関連カテゴリ