2015年9月15日更新

トレーニング済みの犬だから飼い主さんの家庭にすぐ馴染む。「テリアス」の新しいペットショップのカタチ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

初めて犬を飼う飼い主さんにとって、犬の飼育は分からないことだらけでしょう。ペットショップから犬を家に連れて帰り、可愛い犬とひとしきり遊んだ後にハタと気が付く犬の飼い方への疑問…。特に犬のしつけに関しては初心者飼い主さんでは上手くいかないことも多いはずです。

そんな問題を解決すべくサービスを展開しているのがテリア系の犬を扱うペットショップ「テリアス」。今回は「テリアス」のペット販売についてご紹介しましょう。

 

「テリアス」ってどんなショップ?

「テリアス」は東京目黒と麻布に店を構える犬のテリア種専門のペットショップ。他のショップと違うのはお客さんにガラスのケージに入った子犬を選んでもらうという販売方法をとっていない点でしょう。

「テリアス」ではまず、大人の犬をお客様に見せ、その人の好みや家庭環境、ライフスタイルなどをヒアリングした上でオススメのテリアを提案しています。子犬はケージではなく一般家庭のリビングルームを模した部屋でお店のスタッフや複数の犬たちと一緒に育てられるため、社会性や人間への適応ができています。

排泄はもちろんのこと、無駄吠え、夜鳴きなどの基本的なしつけが完了してから飼い主さんに譲られますので、飼い主さんの手元に来た時にはペットとして家庭に順応できる状態になっているわけです。

品種より血統を大切にするブリーディング

「テリアス」で大切にしているのは、品種ではなく血筋の遺伝学的分析に基づいた性格の良い犬の繁殖です。物覚えが良く人や他の犬との生活に適応できる血筋の犬をブリーディングし販売している点は現在のペットショップとは違う点でしょう。

 

アドバイザーとして生涯付き合える

どんなに物分りの良い犬であっても飼い主さんにはいろいろ悩みが出てくるものです。「テリアス」はそんな悩みに答えてくれる点でも評価できます。売り切りのショップと違い、飼い主さんの手に渡る前に自らの手でしつけしているので、販売した犬についての知識があるのも信頼できます。

一度飼えば、愛犬との付き合いは10年以上に及びます。その間、アドバイザーとして生涯付き合っていけるとしたら飼い主さんにとって、こんな心強いことはないでしょう。

ペットホテル、幼稚園、サロンも併設

「テリアス」の便利な点はペットホテル、サロンや犬のための幼稚園まで併設しているところでしょう。テリア種をよく知るスタッフが一般家庭に近い環境で預かりお世話してくれる点は飼い主さんにも好評のようです。

ペットショップのあり方を見直したい

そもそもブリーダーが繁殖したペットを卸しから小売へと転売し、商品のように店頭に並べる日本のペット販売形態は、海外に比べると異色だと言われています。海外の場合、飼い主さんからオーダーが入ってからブリーディングを行う国も少なくないのです。

日本のペット販売では売れずに処分されてしまうペットや流通の間に死亡してしまうペットがいるのが実情ですが、こうした現実もあまり知られていないのです。

こうした中で責任をもって飼い主さんにあった犬を提案し、しつけをしてから販売し、アフターケアも行う「テリアス」の手法は評価できる取り組みなのではないでしょうか。