2015年9月15日更新

なぜ、犬には大きさや姿かたちの違うたくさんの品種があるの?

同じペットでも猫と犬とではそのバリエーションが大きく違います。猫の場合、大きさに差があったとしてもせいぜい2kg~7kg程度、被毛の長さや色のバリエーションはありますが、姿かたちはほとんと同じです。それに比べて犬の場合は1kg~100kgまで大きさはさまざまですし、姿かたちもまったく違います。なぜ、犬にはこんなにたくさんの種類がいるのでしょうか?今回は「なぜ、犬は種類豊富なのか、について調べてみました。

ペットの中でも犬の種類の豊富さはNO.1

現在、国際畜犬連盟に公認されている犬の種類は331種類。公認されていない犬の品種も含めると800種を超えると言われています。

種類が多いだけでなく、体の大きさや姿もバリエーション豊富です。例えばイングリッシュマスティフやセントバーナードのように体重が90kgを超える犬から、2~3kg程度しかないチワワまでその差は何と80kg以上。さらに足の長さや尻尾の形、顔の形まで実にさまざまで、同じ犬として分類されて良いのだろうかとさえ思えます。その違いはどうして生まれたのでしょうか。

犬の種類は人間との暮らしに大きく関係している

オオカミを祖先に持ちながら犬がさまざまな姿かたちに変化したのは、犬の暮らしが人間と密接に結びついていたことが原因だと言われています。

犬は最も古くから家畜化された動物ですが、人間との長い共生の中でさまざまな役割が与えられました。その役割により適した犬を作ろうと長年、品種改良が繰り返されてきたのです。

最も古くから犬に期待されたのは狩りを補助する役割の狩猟犬でしたが、時代が進むに従い牧羊犬、軍用犬、番犬、そり犬、救助犬などが犬の役割として認識されるようになり、それぞれの役割に合った品種が改良されていきました。

一方、犬を愛玩動物として愛する人たちのために見た目が可愛い小型犬や中型犬も作り出されました。こうした人間のさまざまなニーズにより犬の種類はどんどん増えていったのです。

犬の種類は人間とのかかわりの深さを表す

役割に応じてさまざまな品種がつくられた犬ですが、現代になってその役割はさらに細分化し、範囲を広げています。そのため、姿かたちだけでなく役割に合った性格をもつ犬の開発も進められています。

私たちは普段、愛玩動物として犬を飼っていますが、犬はもともと役割に応じて作られた動物であり、それぞれの犬のDNAには役割に合った性質や習性が組み込まれています。ペットとして犬を飼う場合はそれぞれの犬の元来の役割を理解し、性格を理解したうえで飼うことが大切でしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

サルーキの寿命やしつけ・トレーニングなど初めて飼う人が知っておきたい情報

エジプト原産の狩猟犬で、そのルーツは古代に遡れる歴史深い犬種の一つです。ハウンド系の血統を持つこの犬は、一般的にイメージする犬の姿かたちとは違い、どちらかといえば「鹿」にイメージが近く、スリ……

犬の習性

ブルテリアの歴史、性格、寿命、特徴

ブルテリアの歴史 ブルドッグと現在では絶滅したホワイトイングリッシュテリアとの交配により作り出された犬です。 ブルドッグの力強さとテリアの粘り強さを併せ持つ、究極の闘犬と言われていま……

犬の習性

アメリカン・ウォーター・スパニエルの特徴・お手入れ・飼い方まとめ

アメリカ原産の犬で、アイルランドやイギリスで活躍していたウォータースパニエル系を交配し、改良されたものがこの犬であると言われています。前出の各国ウォータースパニエル系と同じく、猟犬、特に水中……

犬の習性

ダックスフンドの特徴・寿命・性格・しつけをご紹介!

ダックスフンドの特徵 あらゆる犬種の中でも世界中で一番知られている犬種なのではないでしょうか。 胴長で短い足のユーモラスな体型が印象的なこの犬の名前は、原産国のドイツ語を訳すと「アナ……

犬の習性

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴・性格・飼い方をご紹介!

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴や性格 犬名につけられている通り、アイルランドが原産国のこの犬の歴史は古く、良く似た犬の骨が1,000年以上前に出土したりしている事から最も古いス……

犬の習性

【ドッグマナー協会理事が解説】犬のヒゲはカットしちゃダメ?!その理由とは

ワンちゃんのぴょんぴょんと伸びるヒゲ。 犬種によって白や黒など種類があり、その口元は愛嬌があって可愛らしいです。 最近ではトリミングの際にヒゲも一緒にカットすることが多く、 「うち……

犬の毛のお手入れ

愛犬、愛猫の健康のために「健康日記」をつけよう

ペットを検診や病院に連れて行った時に獣医さんから細かい症状や発症の時期を聞かれて困ったことはありませんか? 近々のことなら記憶も確かですが、数か月前のことになると記憶があやふやになって……

犬のニュース

【お手入れラクラク!】梅雨の季節に愛犬に着せたいレインコート10選

梅雨の時期、雨の日のお散歩は、帰ってから体をきれいにしてあげるのが大変だったりしますね。今回は、そんなお手入れの大変さを少しでも軽減するための犬用レインコートを選んでみました。 花粉症……

犬の心を読む訓練

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や寿命など

古くから鳥猟犬として、長く人間ともに生き、数々の猟犬の素地を作った犬です。イギリスのウェールズ地方で多く繁殖されていたことと、獲物を飛び立たせる能力に優れている事を示すスプリンギングという手……

犬の習性

7色に変わる宝石!ヨークシャー・テリアのカラーについて

ヨークシャー・テリアの最大の魅力!それは滑らかで光沢のあるシルキーコートと呼ばれる繊細な被毛と、それを彩るヨークシャー・テリア独特の美しいカラーですね。その美しさからヨークシャー・テリアは動……

犬の体

ローシェンの歴史、性格、寿命、特徴

ローシェンの歴史 その犬の外見から、ドイツ語で「小さなライオン」という名前をつけられたローシェンですが、原産国は定かではありません。 中世ヨーロッパの絵画などにこの犬が描かれている事……

犬の習性

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアの特徴・寿命・飼い方など気になる情報まとめ

古くは闘犬として改良されたスタッフォードシャー・ブル・テリアを動物愛護の視点からペットやドッグショー様に改良されたのが、現在のアメリカン・スタッフォードシャー・テリアと言われています。 ……

犬の習性

犬や猫の飼い主さんがペットの健康のために気をつけている5つのこと

犬や猫は痛みや病気を人に見せない習性があります。自然界では体が弱っていることを周囲に知られることは、そのまま生命の危機に直結する場合があるからです。ペットとして室内に住んでいる犬や猫も本能的……

犬の体

なぜ、犬には大きさや姿かたちの違うたくさんの品種があるの?

同じペットでも猫と犬とではそのバリエーションが大きく違います。猫の場合、大きさに差があったとしてもせいぜい2kg~7kg程度、被毛の長さや色のバリエーションはありますが、姿かたちはほとんと同……

犬の体

獣医師が教える!犬や猫はインフルエンザにかかるの?

冬本番となり、今シーズンもインフルエンザの流行が本格化してきました。人がかかるととても辛いインフルエンザですが、犬や猫にもインフルエンザがあるのか気になった人はいませんか?今回は、犬や猫のイ……