2015年9月15日更新

犬や猫のために考えたい手作りごはん。手作りペット食がペットに良い4つの理由

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

栄養バランスが計算され、食べる量もあらかじめ決められているペットフード。ペットの栄養についての知識がなくても缶や袋を開けるだけで食事が済みますので、忙しい飼い主さんにとってはこの上なく便利です。

そんな便利なペットフードがあるにもかかわらず、最近手作りペットフードが注目されています。ペットの健康への意識が高い飼い主さんの中には、完全に手作り食に切り替えてしまった人も少なくありません。手作りペット食は何が良いのでしょうか?今回は手作りペット食が良い4つの理由を紹介しましょう。

 

①食材を吟味できる

手作りのメリットのひとつは食材を飼い主さん自ら選べることです。人間が食べる食材と同等の新鮮な肉や魚、野菜を使えるたけでなく、添加物を入れる必要もありません。ペットに生の肉や魚を与えて酵素を充分に摂取させられる点も手作り食のメリットでしょう。また、ペットが食物アレルギーになった場合にアレルゲンを割り出しやすいという側面もあります。

②ペットの健康についての理解が深まる

最近ではレシピがあったり年齢や体重に合わせて栄養バランスを計算できるソフトがあったりしますので、手作り食を作るのに専門的知識は必要ありません。しかしながら、手作り食を作り続けるとペットの健康についてより興味が沸き学ぶようになるケースが多いようです。

何を食べたら健康に良いのか、持病がある場合は何を食べたら良いのかなどについて徐々に考えるようになるのです。ペットの食に対する姿勢は市販のフードを食べさせていた頃とは明らかに変わってきます。

 

③ペットに愛情が伝わる

手作り食は新鮮・安全でペットの健康に良いだけではありません。飼い主さんが作った手作り食に込められた愛情はペットにも伝わります。動物は本能で何が自分にとって必要なのかを知っています。食事に込められた飼い主さんの想いもきっと伝わるはずです。

④ペットが健康になる

飼い主さんが手作り食を始めるきっかけの多くはペットの不調や病気です。病院に行ってもなかなか回復しないアレルギーや重い疾患を抱えたペットの飼い主さんが、ペットの回復のために調べた結果、手作り食に行き着くことが多いのです。エビデンスがあるわけではありませんが、手作り食を始めたことで回復したペットは少なくありません。

  • 「アレルギーが良くなった」
  • 「腫瘍になっていたけれど頑張って生きてくれた」
  • 「口臭がなくなった」
  • 「便の調子が良い」

こうした回復例にあるように手作り食はペットを健康に導く力があると言って良いでしょう。

手作り食でペットに食べる喜びを

手作り食はペットに食べる喜びだけでなく健康になるチャンスも与えてくれます。缶や袋を開けるだけの市販のフードに比べれば手間がかかりますが、それだけの見返りもあるのです。手作り食はまとめて作って冷凍することもできますし、全食を手作りにするのが大変なら1日に一度でもOK。まずはできる範囲でスタートしてみてはいかがでしょうか。