2016年4月29日更新

トイ・プードルの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

トイ・プードルのかかりやすい病気

【関連記事】トイ・プードルの病気〜獣医師が解説するトイ・プードルのかかりやすい病気〜

犬種特有の病気では皮膚の病気、目の病気、関節の病気、てんかんなどが多い様です。
しかし、実際には様々な病気の発症が報告されている様で、その中には寿命を左右する病気も含まれています。

トイ・プードルの歴史

日本でもブームが起こり、「トイプー」とも呼ばれる人気の犬種です。スタンダード・プードルが小型化され、ミニチュア・プードルからトイ・プードルへとさらに小型化されたと言う説があり、ここまでの小ささに改良された歴史やその交配、改良方法に関しては明確になっていないと言われています。

現在ではトイ・プードルよりさらに小さいティーカップ・プードルなども人気があるようですが、これほど小さいサイズのプードルはJKCなどからは認定されていないため、飼う際には十分注意が必要になります。ミニチュア・プードルやトイ・プードルでも矮小発育症(ドワーフィズム)が見られる個体も存在します。

さらに小さなティーカップ・プードルに関しては、その小ささをどのように作り出しているかと言う点で大きな不安があります。健全な交配によって繁殖されているか定かでなければ、平均的な寿命を期待する事は難しいでしょうし、様々な病気の発症も懸念されます。

 

トイ・プードルの寿命・サイズ・大きさ

トイ・プードルの平均寿命は13年前後とされていますが、20年近く元気に生きている個体や、逆に平均より短命も個体も多い様です。

成犬時の体重は2kgから4kg程と言う小型犬です。
小型犬の多くは15年前後の寿命と言われていますので、トイ・プードルの寿命は小型犬の中では短い方と言えるのではないでしょうか。

トイ・プードルの毛色・毛質

毛色はブラック、ホワイト、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、レッドなど様々な色がありますが、どの場合も単色です。

毛質やその長さもあり、様々なヘアスタイルを楽しめ、飼い主にとってもファッション性やエンターテイメント性が高い犬種と言えるでしょう。
カットしだいではまるで別の犬種の様にも見え、度々違ったカットにして楽しむ飼い主の方も多い様です。

極端に健康を害するものでなければ良いのですが、ファッション性を求めすぎて季節や気候に適さないカットにしない様に気をつけてください。
また、ネイルやヘアーのカラーリングも流行った事もあった様ですが、犬にとって有害な物質が含まれている物もありますし、犬は人間よりも嗅覚がすぐれている事からネイルやカラーの際の薬品の臭いは心身ともに負担になる可能性も高いので注意が必要です。

 
 

関連カテゴリ