2015年5月12日更新

初めてハムスターを飼う方へ。床材から遊び道具まで。ハムスターの飼育道具の選び方

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ハムスターを飼うとなると、ケージ以外にも揃えなければならないものはけっこうあります。ハムスターの飼育に必須なアイテムと、その選び方についてまとめたので、参考にして下さい。

 

床材

ケージの底に敷き詰めて使用します。色々な種類がありますが、おすすめは「ワラ・干し草」です。野生の環境に近いので、ハムスターもストレスなく生活することが出来るでしょう。

逆におすすめできないのは「綿」「チップ(木材)」の床材です。これらは血行障害や皮膚炎、鼻炎、気管支炎などを引き起こす恐れがあるので、避けた方が無難でしょう。

あまりお金をかけたくなければ、ティッシュを細かく刻んで床材として使用しても問題ありません。新聞紙はインクがハムスターの体に悪影響を及ぼす可能性があるので、できれば使用しないようにしましょう。

定期的に交換して清潔に保つことをこころがけましょう。

ハウス・巣

巣箱がケージに付属していることが多いです。ただし、屋根が開閉しないタイプの巣箱だといざというときにハムスターを取り出せなくなるかもしれないので、使わないようにしましょう。
また立派な巣箱を与えても、そこにハムスターが居つくかどうかはわかりません。

無理に巣箱を用意しなくても、布きれを与えればハムスターが自分で巣を作ってくれるでしょう。

トイレットペーパーの芯や、ティッシュボックスを切り取ったものでも、巣として活用してくれることもあります。

 

滑車

ハムスターの遊び道具の代表ですね。マストアイテムではありませんが、外に出して散歩させる時間があまり取れない家庭では、運動不足を解消する有効な道具です。

滑車が梯子のように隙間が開いているタイプは、骨折やねん挫の要因になりかねないので、隙間のない滑車を購入しましょう。

給水道具

給水皿を使ってはいけません。不衛生ですし、ハムスターが溺れてしまうこともあります。

ケージに括り付けるタイプの給水器がベストです。吸い口がステンレス製のものと、ガラス製の二種類がありますが、ガラス製をおすすめします。

ケージの付属品だと、粗製なものが多いので、水漏れや外れたりしないか必ずチェックしましょう。

トイレ

おすすめは尿で固まるタイプの砂地のトイレです。処理が簡単で衛生的です。もしハムスターがトイレの砂で遊んでも、固まっていればそれほど問題はないでしょう。

飼育道具はじっくり選びましょう

最近はケージと一緒に飼育道具がすべてそろっているセット販売が一般的です。とても便利でお得かもしれませんが、中にはハムスターにとって良くない飼育道具がチョイスされていることもあります。

実際に使う前に確認することが大切です。