2016年7月21日更新

ラブラドール・レトリバーの性格・特徴、飼うときの注意点など

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ラブラドールはカナダのラブラドール州にちなんだ名前で、この島の漁師が網や竿から外れた魚を回収する目的で連れ歩かれていた犬がラブラドールレトリバーの起源と言われています。四肢に水かきを持ち、水遊びが大好きなこの犬の被毛は密生した短毛で、適度な油分を保つことから防水性があり、寒中水泳にも耐えられる保温性があります。換毛期がありますので、この時期には抜け毛が特に増えます。

 

ラブラドール・レトリバーの毛色・毛質

毛色は、ブラック、チョコ、イエローが一般的ですがイエローについては薄いクリーム色から輝くゴールデンまで、カラーバリエーションが豊富です。

ラブラドール・レトリバーの寿命

平均寿命は12〜14年で、体重25〜35キロ、体高55センチ前後の大型犬に分類されます。

 

ラブラドール・レトリバーの性格

人間に忠実で、頭が良く温和で社交性のある性格は世界中で評価され、盲導犬、軍用犬、災害救助犬、警察犬などに起用され、その優れた能力を発揮しています。

本来は遊び好きな性質を持ちますので、アジリティ競技でも活躍します。大型の犬ではありますが、服従訓練もしやすく、無駄吠えも少なく攻撃的な性格も少ないことから、初心者やお子様、ご高齢の方がいらっしゃるご家族でも飼育が可能です。

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気

人気犬種でありますが遺伝性疾患は非常に少なく、大型犬特有の股関節形成不全や肘、膝の関節炎が見受けられる場合があります。

遺伝性の白内障など眼病には注意が必要です。

ラブラドール・レトリバーを飼うときの注意点

日常で気をつけていただきたいのは、食欲旺盛な犬であるため、肥満させない様に適切な食餌と運動が必要です。飼育される場合は1日2回、30分以上の運動を心がけましょう。