2017年5月17日更新

パピヨンの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

起源はトイスパニエルの変種といわれていて、大きな耳は昔は垂れているのが一般的だったそうです。変異で立ち耳が誕生したことにより、たち耳のチワワやヨーロッパ大陸の北方スピッツ犬種と交配させ改良を加え、現在のような蝶々の羽のような印象的な耳を持つパピヨンと名付けられました。

垂れ耳のパピヨンは現在にも存在し、犬種は同じパピヨンですが「ファレン(フランス語で蛾)」と名前を区別されています。国によっては違う犬種として区別することもあるそうです。

絹糸のようにふさふさした豊かな被毛は、手入れに時間がかかりそうに思われがちですが、真っ直ぐに伸びた被毛は、さらさらとしているので絡まったりする事なく、シーズンを除いて抜け毛も非常に少ないタイプです。

 

パピヨンの性格

「華奢で大人しいぬいぐるみのような犬」と思われがちですが、実際はきちんと躾をすれば、素直に服従するようになります。

パピヨンのかかりやすい病気

【関連記事】パピヨンの病気〜獣医師が解説するパピヨンのかかりやすい病気〜

気になる遺伝性疾患ですが、純血種の中でも遺伝性疾患の報告が少ない珍しい犬種です。

あえて膝や股関節の脱臼が上げられることがありますが、活動的な犬ですので先天性というより後天的な外傷性の原因で発症することの方が多いようです。

 

パピヨンのお手入れ・ケア

臭いも少なく、長毛犬種にしてはお手入れが非常に楽な犬種です。

パピヨンの毛色・毛質

カラーは全体的に白に黒やブラウン系の2トーンのタイプが大半です。

パピヨンのサイズ・大きさ

個体の大きさは、小さいもので1.5〜5キロ、体高20〜28センチの小型犬に分類されます。

パピヨンの寿命

平均寿命は13〜15年です。

パピヨンのしつけ・訓練

頭が良い犬ですので服従訓練で苦労する事はさほどないでしょう。アジリティドッグとしても能力が高く評価されています。

パピヨンを飼うときの注意点

子どもとも仲良く出来、人間社会の環境に柔軟に対応できますので、一人暮らし、お子様やご高齢の方がいらっしゃるご家族様、初心者の方にも飼育がしやすい犬種と言えます。

パピヨンの散歩・運動

ただ、小型犬とはいえアジリティで活躍できるほど運動能力の高い犬ですので、毎日の散歩は連れて出掛ける様にしましょう。

訓練次第では優秀な番犬にもなりますが、飼い主を独占したがる心理的傾向がありますので、他の犬や人間との友好度が低くなる場合があります。

パピヨンについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】パピヨンとの暮らしで注意すること

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード