2016年4月29日更新

パグの性格や飼うときの注意点をまとめました!

パグの性格

性格は穏やかで攻撃的になる事は滅多にありません。反面、自立心旺盛で断固とした態度を見せることがあります。

パグのかかりやすい病気

気になる遺伝性疾患ですが、膝蓋骨脱臼、皮膚トラブル、口蓋裂があげられています。

【関連記事】パグの病気〜獣医師が解説するパグのかかりやすい病気〜

パグの歴史

つぶれた鼻と顔にしわのある風貌からペキニーズとマスティフを交配して作られた犬種と推測されています。名前の由来は諸説ありますが、原産国の中国で「いびきをかいて眠る王様」という意味のパー・クーからつけられたと言われる通り、睡眠時にいびきをかく事が多い犬種です。

パグの毛色・毛質

短毛ですが、アンダーコート(下毛)とオーバーコート(上毛)のダブルコートとなっているので、年中、抜け毛が多い方です。出来れば毎日のブラッシングで毛が抜け落ちる前にケアをするのが望ましいです。毛色は、フォーン、シルバーフォーン、ブラックと珍しいアプリコットの4色です。

パグのサイズ・大きさ・寿命

体格は、マスティフの血を感じさせる隆々とした筋肉質です。

平均的に体重は5〜8キロ、体高は25〜30センチの小型犬です。平均寿命は13〜15年といわれています。

パグの訓練・トレーニング

自分がしたい事がわかっているので納得するまで動じませんので、服従訓練の内容によっては時間をかけて躾ける必要があります。争いごとを好まない性質ですので、子どもやご高齢の方がいるご家族でも飼育が可能です。

ただ、独占欲が強い性格でもありますので、多頭飼いにはあまり向きません。

パグを飼うときの注意点

日常の生活で気をつけるべき点は、大きく少し突出している目は傷つきやすいので、お散歩時にむやみに草むらなどに入らないようにしましょう。暑さには大変弱いので、暑い日のお散歩や室内での熱中症には注意をしてください。

幼犬時には気になりませんが、成犬になると顔のしわの具合によっては、しわの中に汚れがたまり、最近が繁殖して皮膚炎になることもあります。また、食べることが大好きですので、太りやすく肥満になりがちです。太りすぎは股関節にトラブルを引き起こしますので、注意が必要です。

パグについて詳しく知りたい方はこちら
パグの基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ゴードン・セッターの特徴や寿命など

スコットランド原産のこの犬の起源は、ブラック・アンド・タン・セッターであるといわれ、この犬の改良に尽力したゴードン公爵の名前をとり、ゴードン・セッターと名付けられました。数あるセッター種の中……

犬の習性

ラサ・アプソの歴史、性格、寿命、特徴

ラサ・アプソの歴史 その歴史は長く、一説には2000年以上もの歴史がある犬とも言われています。チベットで僧侶や貴族によって繁殖された門外不出の犬種だったそうです。 現在ラサ・アプソと……

犬の習性

犬が大好きな人でも意外と知らない?!犬の雑学 5選

飼い主さんなら毎日身近なところにいる家族のような犬ですが、調べてみると意外な事実がたくさんあります。そこで今回は、まだあまり知られていない犬の体の秘密、犬の歴史、ギネスに登録されている犬など……

犬の雑学

【ドッグトレーナーの為になる話】犬の睡眠〜クレートトレーニングの重要性〜

人間と動物の睡眠の質が異なります。 ほとんどの動物たちが睡眠に関しては同じ習性を持っているのですが、自然界で生き残るために動物たちは熟睡する訳にはいかないのです。 なぜならば猛獣に襲……

犬の習性

これから犬を飼いたい人・飼っている人必見!犬種別の犬の性格まとめ

忠誠心が強く、頭がよく、人懐こいというのが犬のおおまかな性格ですが、実は犬の性格は品種によって若干、異なります。犬は猫と違い品種によって体のシェイプや大きさに違いが明らかですし、人間と共存し……

犬の習性