2016年4月30日更新

ポメラニアンの性格・かかりやすい病気・特徴・寿命など飼うときに知っておきたい情報まとめ

ポメラニアンの性格

性格は人や仲間といる事を好み、活発ですが、警戒心もあり、環境の変化によって非常に強いストレスを受ける事がある様です。

寂しがり屋で警戒心も強い事から吠える行為が見られます。

ポメラニアンのかかりやすい病気

【関連記事】ポメラニアンの病気〜獣医師が解説するポメラニアンのかかりやすい病気〜

特有の病気は骨や関節の病気、目の病気などが多い様です。非常に小型な事もあり体が丈夫とは言えません。

「ちょっとの事」と思う様な事でも寿命を縮めてしまう事になりかねません。呼吸器は強い方ではないため、活発ではあるものの過度な運動は避ける事をお勧めします。

また、遺伝子異常による病気の発症も報告がされているので、事前にどの様な病気を発症している血筋かをよく確認する必要もあると言う意見があります。

ポメラニアンの特徴・歴史

ポメラニアンはその愛らしい表情やふわふわとした毛で人気の犬種です。日本では「ポメ」とも呼ばれ、愛好家も多い様です。

また、ペット初心者にも飼いやすいと言われ、その人気は衰える事がない様です。

ルーツは諸説ありますが、その先祖はそり用の犬だったと言う説があります。それが、ポーランドのポメラリア地方で小型化された歴史があると言われ、その地名にちなんでポメラニアンと言う犬種名になったとも言われています。

ポメラニアンの寿命

平均寿命は12歳から16歳と個体差が大きい様です。この寿命の差がどう言った理由から発生しているのかは定かではありません。血筋によるものと言う意見もありますが、一方で飼い方によるものと言う意見もあります。

ポメラニアンのサイズ・大きさ・体重

成犬時の体重は1kgから3kg程と非常に小さいです。

ポメラニアンの訓練・トレーニング

吠える原因を明確にし、排除する事でやたらと吠えると言う事は無くなりますが、原因も把握しないまま「吠えない様にしつけたい」と言う飼い主も少なくない様です。ストレスによって体調を壊し、寿命を縮める事のない様、犬の行為に関しても理解を深め、適切で健全な対応をする事をお勧めします。

ポメラニアンの毛色・毛質

毛色はブラック、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、ホワイト、パーティ・カラーなど様々な色が存在します。
様々な色がある理由としては、1900年頃からアメリカやイギリスでドッグショー用に色に関しても改良が盛んに行われたと言う説があります。

ポメラニアンのお手入れ・ケア

手入れは日々のブラッシングの他、定期的なカットなどを必要とします。
涙やヨダレ焼けを起こす犬も少なくないので、こまめに拭き取り、炎症などを起こさない様注意してください。

ポメラニアンについて詳しく知りたい方はこちら
ポメラニアンの基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ウィペットの飼い方・性格情報まとめ

ウィペットと聞いてドッグレースを思い浮かべる方も少なくないでしょうが、一説にはドッグレース用のウィペットと家庭犬やドッグショー用のウィペットは異なった交配がされていると言われています。現在は……

犬の習性

パピヨンの性格や飼う時の注意点をまとめました!

起源はトイスパニエルの変種といわれていて、大きな耳は昔は垂れているのが一般的だったそうです。変異で立ち耳が誕生したことにより、たち耳のチワワやヨーロッパ大陸の北方スピッツ犬種と交配させ改良を……

犬の習性

ペットを仕事にしたい人に。ペット関連のビジネスをする場合に必要な手続き。

動物好きでペットを飼っている飼い主さんの中には、いずれはペット関連の仕事に従事したいと考えている人もいるのではないでしょうか? 最近ではペット関連の仕事の内容も多岐に及んでビジネスの裾……

犬の習性

キング・チャールズ・スパニエルの大きさや寿命などの基本情報まとめ

キング・チャールズ・スパニエルの歴史 イギリス王室で可愛がられた犬「国王の犬」として命名された世界的に人気のある犬種のひとつです。あまりにも長い名前である事と、別にキングチャールズスパニエ……

犬の習性

ノーリッチ・テリアの歴史、性格、寿命、特徴

ノーリッチ・テリアの歴史 かつてイギリスでは様々な種類の狩猟犬が活躍していましたが、この犬は狩猟犬、作業犬としては最小のテリア種といわれています。狭い場所に潜り込み、獲物を捕まえる狩猟犬と……

犬の習性