2015年5月19日更新

京都府で犬の椎間板ヘルニアに強い獣医のいる動物病院9選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ダックスフンドほか、犬に多い椎間板ヘルニア。放置しておくと、歩行が困難になったり、排泄もままならなくなるなど、とても大変な病気です。

かつては、手術が困難であるといわれていましたが、現在は高度病院(大学病院など)以外でも治療が可能になってきています。

今回は、京都府の動物病院の中から椎間板ヘルニアに強いとされる10病院をピックアップしてみました。

 

京都府の椎間板ヘルニアに強い動物病院

(順不同※)2015年4 月現在

ダクタリ動物病院 京都医療センター

特徵

かなり色々な動物を診察する(哺乳類、鳥類、爬虫類全般)ところなので専門知識が豊富な病院といえるでしょう。また、そのすべての動物に対し、内科、外科、神経科、内分泌科、CT・レントゲン等の全科治療を行っているので、医療機器もいろいろとそろっています。

たとえばCTでもチームが存在します。獣医師のスタッフ数19名、理学療法士2名等、大規模です。

外来診療は診療時間内(急患の場合電話相談後来院できる。時間外診療費加 算)診療予約サービス有。

アクセス・連絡先


住所 〒615-8234 京都市西京区御陵塚ノ越町20-9
電話 075-382-1144
ホームページ http://www.daktari.info/index.html

 

右京動物病院

特徵

夜間なども可能な限り対応します、往診も診療時間外に予約で、という熱意ある病院です。がん摘出手術や椎間板ヘルニアの手術など様々な外科疾患に積極的に取り組んでいます。

高難易度の外科症例については高度動物医療センターとの提携も取っているとのこと。

人医療でも使われている最新の超音波メス手術システム導入により、動物に負担が少ない手術が可能となりました。(手術時間短縮、極力糸を残さない、安全確実な止血・切開など)

アクセス・連絡先

住所 〒616-8233 京都市右京区鳴滝中道町2-13
電話 075-464-5255
ホームページ  http://www.ukyo-ah.com/

上京どうぶつ病院

特徵

重症・慢性病を抱えている患者に、症状の軽減を目標に治療を心がけるという病院です。

西洋医療と補完代替医療(漢方薬、鍼灸、その他の伝統医療など)を組み合わせた総合医療での治療を行っています。椎間板ヘルニアには、グレードが内科対応のとき鍼・電気鍼治療や内科治療も併用するということです。

CT・MRI検査を勧める場合もあるとの事です。こちらについては十分に飼い主との話し合いをしながら治療にあたるとの事。

アクセス・連絡先

住所 〒602-0953 京都府京都市上京区油小路通一条上る 元百万遍町537-2
電話 075-415-7008
ホームページ http://waku-waku.chu.jp/index.html

たかや動物病院

特徵

ホームドクターとして地域に密着し、ペットコミュニケーションを密にとり、飼い主と愛犬に優しい治療を目指すという病院です。

椎間板ヘルニアの治療は、グレード1、2は再発性、進行性でない場合は内科療法でのアプローチ。グレード3は外科療法の選択が多くなります。

(飼い主との相談の上決定)グレード4は基本的に外科療法を選択。グレード5は一刻も早く外科治療を行うことが重要、となっています。診断の流れは神経学的検査、レントゲン検査、CT・MRI検査(MRIは検査センターに依頼)~治療(外科手術など。軽度の場合は絶対安静と薬による内科療法も選択できる)~リハ ビリ。

アクセス・連絡先

住所 〒621-0013,京都府亀岡市大井町並河新戸19-1
電話 0771-20-2520
ホームページ http://www.takaya-ah.com/

芝動物病院

特徵

より質の高い動物医療の提供をめざし、常に向上心を持ち、具体的な努力をする、というのが基本理念。より正確な診断のもとでよりよい治療を行えるようにと、CT・MRI検査等が可能な動物画像センターSAiCを併設している病院です。

ほかの動物病院などの紹介による検査も行えるほど設備が 整っています。

一般診療として、内科、各種外科手術、皮膚科、眼科、腫瘍科など、総合的な診療を行っています。院長の診療のみ予約制となっています。

一般外来手術、緊急オペは随時受け付けしているとのこと。

アクセス・連絡先

住所 〒603-8811 京都市北区西賀茂北山ノ森町57
電話 075-492-6110
ホームページ http://homepage2.nifty.com/shiba-ah/

舞鶴動物医療センター

特徵

去年10月で13周年を迎えた動物病院です。「最新のヘリカルCTや超音波診断装置、内視鏡検査などを駆使し、声を出さない動物たちの「声」を逃さないように診察」(ホームページより)しているとのことです。

学会発表、講演活動、論文発表など、常に新しい獣医学について学び続けているとこ ろ。

手術については「ストライカー」「電気メス」「高周波メス」「生体情報モニター」といった最新の手術機器をそろえて万全の態勢を整えています。

こちらの病院では、脊髄疾患、門脈体循環短絡症、水頭症の手術を特に積極的に行っています。

アクセス・連絡先

住所 〒625-0037 京都府舞鶴市浜町8-22
電話 0773-63-4690
ホームページ http://www.maizuru-amc.com/

アニマルホスピタルくみやま

特徵

動物と飼い主、両者の間を取り持つ架け橋のような役割を担えるよう頑張りたい、というポリシーの病院。

初めて受信する場合は、初診問診票をプリントアウトし、自宅で記入して来院時に渡すシステムです。こちらの病院には「上林動物病院」という系列病院もあります。

二つの病院間では、どちらの病院で診察を受けても診察内容等がわかるようなシステムに移行中との事。(CTスキャンがあるのはアニマルホスピタルくみやまの ほうです)CTは4列マルチスライスヘリカルスキャンCT。

こちらは自動造影剤注入器で造影検査も可能との事です。

夜間緊急病院対応は、 南京都夜間動物診療所(http://www.fsinet.or.jp/~nac/)で、となっています。

アクセス・連絡先

ホームページ http://ahkumiyama.jp/

住所 〒613-0034 京都府久世郡久御山町佐山双置86
電話 0774-26-3322

上林動物病院

住所 〒610-0121 京都府城陽市寺田水度坂15-124
電話0774-54-1301

あず動物病院

特徵

高度な動物医療を提供する病院。16列マルチCTなどが備えられています。救急患者に限り、診療時間外にも受け入れできるところです。(初診以外、電話連絡後)

内科、外科、整形外科、予防課がある病院。自分の子が病気になったら、また、動物のことを一番に考えたい、という思いで治療を頑張りたいとの事。

また、飼い主が納得した治療を受けられるように分かりやすい説明を心がけたいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒610-0313 京田辺市三山木東角田34-1
電話 0774-63-7684
ホームページ http://az-vet.com/

林屋動物診療室

特徵

CT検査ができる病院です。(36750-42000円 麻酔料込)こちらのCTは16列マルチスライスCTシステム。ほかの検査についてもかなり明快に公表している病院です。

術前検査セット6480円、血液検査7992円等。

犬猫の他に、小動物(ハムスターやフェレット、モルモットやプ レーリードッグ、鳥類など)も診療しているので、繊細な診療もできうる病院だといえます。

センター長のほか、獣医師は7名。

アクセス・連絡先

住所 〒611-0001京都府 宇治市六地藏奈良町18-6
電話 0774-33-6000
ホームページ http://www.hysy.co.jp/

おざわ動物病院

特徵

設立が1995年の、温かいスタッフが最良の獣医療サービスを提供するというモットーの病院です。こちらではCT検査のための設備があります。

獣医師は院長の他に5名。愛犬のことを勉強する院内セミナーを事前予約制で開催したりしています。

MRI検査も必要な場合は、 KyotoAR(http://www.kyotoar.com/index)、夜間の救急動物診療所としては、南京都夜間動物診療所 (http://www.nac-kyoto.com/index.html)と提携しているようです。

アクセス・連絡先

住所 〒611-0021 京都府宇治市宇治弐番4
電話 0774-21-4100
ホームページ http://www.myfavorite.bz/ozawa/pc/index.html
京都府で犬の椎間板ヘルニアに強い動物病院10選

ダックスフンドほか、犬に多い椎間板ヘルニア。放置しておくと、歩行が困難になったり、排泄もままならなくなるなど、とても大変な病気です。

かつては、手術が困難であるといわれていましたが、現在は高度病院(大学病院など)以外でも治療が可能になってきています。

今回は、京都府の動物病院の中から椎間板ヘルニアに強いとされる10病院をピックアップしてみました。

 

京都府の椎間板ヘルニアに強い動物病院

(順不同※)2015年4 月現在

ダクタリ動物病院 京都医療センター

特徵

かなり色々な動物を診察する(哺乳類、鳥類、爬虫類全般)ところなので専門知識が豊富な病院といえるでしょう。また、そのすべての動物に対し、内科、外科、神経科、内分泌科、CT・レントゲン等の全科治療を行っているので、医療機器もいろいろとそろっています。

たとえばCTでもチームが存在します。獣医師のスタッフ数19名、理学療法士2名等、大規模です。

外来診療は診療時間内(急患の場合電話相談後来院できる。時間外診療費加 算)診療予約サービス有。

アクセス・連絡先


住所 〒615-8234 京都市西京区御陵塚ノ越町20-9
電話 075-382-1144
ホームページ http://www.daktari.info/index.html

 

右京動物病院

特徵

夜間なども可能な限り対応します、往診も診療時間外に予約で、という熱意ある病院です。がん摘出手術や椎間板ヘルニアの手術など様々な外科疾患に積極的に取り組んでいます。

高難易度の外科症例については高度動物医療センターとの提携も取っているとのこと。

人医療でも使われている最新の超音波メス手術システム導入により、動物に負担が少ない手術が可能となりました。(手術時間短縮、極力糸を残さない、安全確実な止血・切開など)

アクセス・連絡先

住所 〒616-8233 京都市右京区鳴滝中道町2-13
電話 075-464-5255
ホームページ  http://www.ukyo-ah.com/

上京どうぶつ病院

特徵

重症・慢性病を抱えている患者に、症状の軽減を目標に治療を心がけるという病院です。

西洋医療と補完代替医療(漢方薬、鍼灸、その他の伝統医療など)を組み合わせた総合医療での治療を行っています。椎間板ヘルニアには、グレードが内科対応のとき鍼・電気鍼治療や内科治療も併用するということです。

CT・MRI検査を勧める場合もあるとの事です。こちらについては十分に飼い主との話し合いをしながら治療にあたるとの事。

アクセス・連絡先

住所 〒602-0953 京都府京都市上京区油小路通一条上る 元百万遍町537-2
電話 075-415-7008
ホームページ http://waku-waku.chu.jp/index.html

たかや動物病院

特徵

ホームドクターとして地域に密着し、ペットコミュニケーションを密にとり、飼い主と愛犬に優しい治療を目指すという病院です。

椎間板ヘルニアの治療は、グレード1、2は再発性、進行性でない場合は内科療法でのアプローチ。グレード3は外科療法の選択が多くなります。

(飼い主との相談の上決定)グレード4は基本的に外科療法を選択。グレード5は一刻も早く外科治療を行うことが重要、となっています。診断の流れは神経学的検査、レントゲン検査、CT・MRI検査(MRIは検査センターに依頼)~治療(外科手術など。軽度の場合は絶対安静と薬による内科療法も選択できる)~リハ ビリ。

アクセス・連絡先

住所 〒621-0013,京都府亀岡市大井町並河新戸19-1
電話 0771-20-2520
ホームページ http://www.takaya-ah.com/

芝動物病院

特徵

より質の高い動物医療の提供をめざし、常に向上心を持ち、具体的な努力をする、というのが基本理念。より正確な診断のもとでよりよい治療を行えるようにと、CT・MRI検査等が可能な動物画像センターSAiCを併設している病院です。

ほかの動物病院などの紹介による検査も行えるほど設備が 整っています。

一般診療として、内科、各種外科手術、皮膚科、眼科、腫瘍科など、総合的な診療を行っています。院長の診療のみ予約制となっています。

一般外来手術、緊急オペは随時受け付けしているとのこと。

アクセス・連絡先

住所 〒603-8811 京都市北区西賀茂北山ノ森町57
電話 075-492-6110
ホームページ http://homepage2.nifty.com/shiba-ah/

舞鶴動物医療センター

特徵

去年10月で13周年を迎えた動物病院です。「最新のヘリカルCTや超音波診断装置、内視鏡検査などを駆使し、声を出さない動物たちの「声」を逃さないように診察」(ホームページより)しているとのことです。

学会発表、講演活動、論文発表など、常に新しい獣医学について学び続けているとこ ろ。

手術については「ストライカー」「電気メス」「高周波メス」「生体情報モニター」といった最新の手術機器をそろえて万全の態勢を整えています。

こちらの病院では、脊髄疾患、門脈体循環短絡症、水頭症の手術を特に積極的に行っています。

アクセス・連絡先

住所 〒625-0037 京都府舞鶴市浜町8-22
電話 0773-63-4690
ホームページ http://www.maizuru-amc.com/

アニマルホスピタルくみやま

特徵

動物と飼い主、両者の間を取り持つ架け橋のような役割を担えるよう頑張りたい、というポリシーの病院。

初めて受信する場合は、初診問診票をプリントアウトし、自宅で記入して来院時に渡すシステムです。こちらの病院には「上林動物病院」という系列病院もあります。

二つの病院間では、どちらの病院で診察を受けても診察内容等がわかるようなシステムに移行中との事。(CTスキャンがあるのはアニマルホスピタルくみやまの ほうです)CTは4列マルチスライスヘリカルスキャンCT。

こちらは自動造影剤注入器で造影検査も可能との事です。

夜間緊急病院対応は、 南京都夜間動物診療所(http://www.fsinet.or.jp/~nac/)で、となっています。

アクセス・連絡先

ホームページ http://ahkumiyama.jp/

住所 〒613-0034 京都府久世郡久御山町佐山双置86
電話 0774-26-3322

上林動物病院

住所 〒610-0121 京都府城陽市寺田水度坂15-124
電話0774-54-1301

あず動物病院

特徵

高度な動物医療を提供する病院。16列マルチCTなどが備えられています。救急患者に限り、診療時間外にも受け入れできるところです。(初診以外、電話連絡後)

内科、外科、整形外科、予防課がある病院。自分の子が病気になったら、また、動物のことを一番に考えたい、という思いで治療を頑張りたいとの事。

また、飼い主が納得した治療を受けられるように分かりやすい説明を心がけたいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒610-0313 京田辺市三山木東角田34-1
電話 0774-63-7684
ホームページ http://az-vet.com/

林屋動物診療室

特徵

CT検査ができる病院です。(36750-42000円 麻酔料込)こちらのCTは16列マルチスライスCTシステム。ほかの検査についてもかなり明快に公表している病院です。

術前検査セット6480円、血液検査7992円等。

犬猫の他に、小動物(ハムスターやフェレット、モルモットやプ レーリードッグ、鳥類など)も診療しているので、繊細な診療もできうる病院だといえます。

センター長のほか、獣医師は7名。

アクセス・連絡先

住所 〒611-0001京都府 宇治市六地藏奈良町18-6
電話 0774-33-6000
ホームページ http://www.hysy.co.jp/

おざわ動物病院

特徵

設立が1995年の、温かいスタッフが最良の獣医療サービスを提供するというモットーの病院です。こちらではCT検査のための設備があります。

獣医師は院長の他に5名。愛犬のことを勉強する院内セミナーを事前予約制で開催したりしています。

MRI検査も必要な場合は、 KyotoAR(http://www.kyotoar.com/index)、夜間の救急動物診療所としては、南京都夜間動物診療所 (http://www.nac-kyoto.com/index.html)と提携しているようです。

アクセス・連絡先

住所 〒611-0021 京都府宇治市宇治弐番4
電話 0774-21-4100
ホームページ http://www.myfavorite.bz/ozawa/pc/index.html

 
 

関連カテゴリ