2016年3月5日更新

【獣医師監修】目の中に寄生虫が! 東洋眼虫についてまとめました

 
 

東洋眼虫ってどんな寄生虫?

東洋眼虫は主に犬・猫の結膜嚢と呼ばれる場所に寄生する虫ですが、稀に人の目にも寄生することがあります。

体長は8mm~16mm程度で、色は白の半透明で細い糸状の体をしています。一匹だけ寄生していることは少なく、大抵は10匹以上が眼の表面を動きまわっています。

寄生されている動物の眼をよく見つめると、結膜の上を動き回っている東洋眼虫を見ることができるでしょう。


東洋眼虫の感染ルート

東洋眼虫はショウジョウバエの仲間である「メマトイ」という小さなハエによって媒介されます。「メマトイ」は名前のとおり、動物の目ヤニを食べる性質をもっています。

この時にメマトイの口から動物の目に東洋眼虫の幼虫が寄生してしまうのです。メマトイを介さない限り、動物同士での感染はほとんどありません。

東洋眼虫の症状

東洋眼虫の幼虫はほとんど動かないため症状はありません。感染してから3週間~5週間経つと成虫になり、東洋眼虫は目の中を動き回るようになります。すると目ヤニや異物感がひどくなってしまいます。

 
 

人気の記事