2015年9月1日更新

散歩中、リードを思い切り引っ張る愛犬を止められないときの4つの対処法。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

[関連記事]暑い夏に気をつけたい犬の散歩。熱中症にさせない為に準備したいグッズやお散歩のコース、お散歩の時間

家にいる時はいい愛犬なのに、散歩の時に限ってリードを思いっきり引っ張る事があります。
小型犬ならばまだいいですが、大型犬以上になると大人の男でも止める事ができなくなる事もあります。

では、引っ張る原因には何があるのでしょうか?

 

引っ張りの原因は?

(1) 主従の関係の逆転
(2) 興奮

主従の関係の逆転

犬という動物は群れで生活をしてきた歴史の中で、常に上下関係を作ってきました。その為に犬は人との生活の中でも上下関係を作りたがります。

基本的には人がトップに立ちますが、犬との生活の中で愛犬を溺愛するあまり、犬が自分の方が上であると勘違いしてしまうころがあります。常に生活の全ての事で犬の方が上位である為に、散歩時にも自分が行きたい方へ引っ張っていってしまいます。

興奮

犬にとって散歩は大好きな飼い主と一緒に外へ出かける事ができる数少ないチャンスとなります。
飼い主が散歩へ行く準備を始めると散歩へ行けると思い、興奮状態になります。そのまま外へ出ていくと、興奮状態のまま散歩をすることになってしまいます。

引っ張りを直す事はできないのでしょうか?
では、引っ張りを治す方法を見ていきましょう。

引っ張りを直す方法!!

 

散歩の時間をずらす

まずは、犬が興奮しないように工夫しましょう。犬にとっては何よりも大好きな散歩を興奮しないようにするというのは無理な事です。
そのため、リードを持ってもすぐには散歩に行かず、興奮が収まるまで少しの間待ちましょう。

散歩の時間をいつも同じ時間にすると、犬はその時間を覚えてしまい、その時間になると吠えて散歩を要求してしまうので、散歩の時間を1時間でもいいのでずらしましょう。

犬が引っ張ったら止まる

散歩の時に、犬が引っ張った場合には止まりましょう。犬に引っ張る事はダメな事だよ!!という事を学習させなければいけません。
それでも引っ張りを止めない時は、人側に引っ張って学習させましょう。しかし、犬の方が力が強く、引っ張る事ができない時には、犬の後ろ側から引っ張るのではなく、横や斜めから引っ張ると犬の方が力強くても引っ張る事ができます。

散歩におやつを持っていく

ふだん、散歩には何を持っていきますか?リードやマナーバッグはもちろん持っていきますよね。それに加えて愛犬が大好きなおやつも持っていき、引っ張った時におやつを見せて愛犬の注意をこちらに向けると愛犬のスピードを落とす事ができます。

飼い主が散歩を主導する

愛犬が自分の方が上に立っていると思っている場合は、プロのドッグトレーナーに依頼するのもいいですが、飼い主の意識を変える必要もあります。
飼い主のリーダーシップを発揮する必要があります。散歩の時のリーダーシップとは、散歩の時間や散歩のコースを飼い主が主導する事です。たとえ愛犬が嫌がったとしても心を鬼にして行いましょう。

 

まとめ

散歩の時の引っ張りがひどいと、飼い主にとって散歩の時間が嫌な時間にもなるでしょう。周りから見ても、あまりいいものではありません。犬に引っ張られていると、どちらが散歩をされているのかわかりませんよね。
散歩は大好きな愛犬とのデートです!引っ張りの癖を直して、飼い主にとっても愛犬にとっても楽しいひと時にしましょう。