2016年3月6日更新

【獣医師監修】多頭飼育の子犬は要注意。ジアルジア症の症状、予防、治療法

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

ジアルジア症はこんな病気

ジアルジア属の原虫(寄生虫)によって引き起こされる寄生虫疾患で、日本各地で発生がみられます。特に多頭飼育されている場合には集団感染を起こすことがあるので注意が必要です。

この病気によって命を落としてしまう危険はそれほど高くありませんが、もし感染してしまうとひどい下痢に悩まされることもあるので、注意しておきたい病気です。

ジアルジア症の症状

成犬がジアルジアに感染しても無症状であることがほとんどです。ジアルジアに感染し、実際に症状があらわれるのは子犬がほとんどで、下痢がよくみられる症状です。

下痢の程度は軽度~重度のものまで様々ありますが、水分を多量に含んだ軟便もしくは水様性や粘液性の便です。中には便に血が混ざることもあるようです。

また下痢によって体力の低下や、発育不良といった症状もあらわれます。

 

ジアルジア症の原因

ジアルジアという原虫の小腸への寄生により発症します。

ジアルジア寄生原虫の感染ルート

ジアルジア寄生原虫の感染ルートは経口感染がほとんどです。

ジアルジアは感染した動物の便中に「シスト」という休眠状態で現れ、周囲に散らばります。その後、シストのままで次の宿主に取り込まれるのを待ちます。犬がシストの付着した飲食物を経口摂取すると、ジアルジアは眠りから覚め小腸に寄生します。これによって下痢が引き起こされるのです。

ジアルジア症の治療

メトロニダゾールという駆虫薬を投与し、寄生原虫を駆除します。併せて脱水症状がみられる場合は輸液をして症状を和らげます。

犬の治療だけではなく、飼育環境の洗浄もしなければなりません。

ジアルジアのシストは消毒剤などには抵抗をしめしますが、熱に弱い性質を持っているので、飼育場所を熱湯で洗浄し、乾燥させることが効果的でしょう。

ジアルジア症の検査をしっかりと行いましょう

犬から人への感染については、可能性は低いとはされていますが、はっきりとわかっていません。

ジアルジア症は多頭飼育をしている場合に、集団感染を起こすことが多々あります。子犬を迎えた時点で一度検査を行っておくことをおすすめします。また、常日頃から生活環境の清潔には気をつけておきましょう。

 
 

関連カテゴリ