2016年3月6日更新

【獣医師監修】マダニによって感染! 犬バベシア症の症状、予防、治療法は?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

犬バベシア症はこんな病気

犬バベシア症はバベシアという原虫が赤血球に寄生することで発症する病気です。バベシアを媒介するのはマダニというダニの一種です。

マダニは最近、重症熱性血小板減少症候群という人の病気を媒介する「殺人ダニ」として知名度が上がってきているダニです。

犬バベシア症は、犬から人に感染する恐れはありません。しかし症状が重篤化 すると死亡する可能性もある感染症なのです。

犬バベシア症の症状

イヌのバベシア症では赤血球に寄生したバベシアが、赤血球を破壊することで様々な障害を起こします。

急性期は命の危険を伴います。主に、発熱、嘔吐・黄疸・重い貧血などの症状がみられます。時には、昏睡や意識不明を起こすなど、「劇症」といわれる状態になり、早期に死亡することもあります。

貧血の度合いにもよりますが、2ヶ月程で耐過し、バベシアと犬の免疫力が拮抗している状態となります。症状がなくなっても寄生虫が完全にいなくなったわけではありません。感染は続いている状態であり、他の病気や薬によって再び発症する恐れがあるので、症状がないからといって油断してはいけません。

 

犬バベシア症の治療

犬の体内からバベシアを完全に駆除することはかなり困難です。

治療としては対症療法とともに、駆虫作用のある薬を投与します。薬を投与しても完全には駆除しきれずに再発を起こすことがあります。また、副作用が強い薬であるため、投薬には細心の注意が必要です。

西日本に住んでいる方は特に注意が必要です

犬バベシア症を予防するワクチンや薬はありません。

犬バベシア症は西日本を中心にした疾患です。マダニが媒介する疾患ですので、春先から秋にかけて山林や野原にはできるだけ立ち寄らせないか、そういった場所へ行くときには必ずマダニの駆除剤を利用しましょう。また、西日本以外での発生も報告されていますので、油断は禁物です。

 
 

関連カテゴリ