2016年3月6日更新

【獣医師監修】犬の関節リウマチの原因・症状・治療法について

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


 

犬の関節リウマチはこんな病気

「関節リウマチ」は、多くの人が一度は耳にした事がある病名でしょう。人のものとは少し病態が異なるようですが、犬にも「関節リウマチ」と名付けられている病気は存在します。厳密には「免疫介在性多発性関節炎」の一種で、同時に複数の関節に炎症を起こしてしまい、進行すると関節が脱臼してしまう病気です。

初期は少し歩き方がぎこちなくなる程度ですが、進行すると歩行困難になったり、関節が脱臼した状態で歩くようになったりしてしまいます。

関節リウマチにかかり易い犬種

どの犬種も関節リウマチになってしまう可能性があります。その中でも特に

  • シェットランドシープドッグ
  • シーズー
  • マルチーズ
  • プードル
  • ミニチュアダックスフンド

などは若年齢の頃から発症しやすいとされています。

 

関節リウマチと年齢

関節リウマチは年齢に関わらず発症する恐れがあります。

関節リウマチの症状

関節リウマチは主に四肢の末端の関節(手首や足首、時には肘や膝)に症状があらわれます。初期症状は個体差があり、ほとんど症状がみられないことも珍しくありません。

しかし関節リウマチは「進行性」の多発性関節炎なので放置していると確実に症状は悪化してしまいます。

具体的な症状は以下のようになります。

  • 患部の関節が腫れる
  • 熱が出る
  • 食欲減退、運動をしたがらなくなる
  • 足を引きずる

悪化すると四肢の関節が脱臼してしまいます。そして歩行困難になったり、脱臼した状態のまま歩くようになったりしてしまいます。

関節リウマチの原因

体に害がある物質・細菌などを攻撃する免疫システムが、関節を構成する組織である滑膜や軟骨などを誤って攻撃してしまうことが関節リウマチの原因とされています。

なぜ免疫システムが誤作動を起こしてしまうのかという理由は、未だ解明されていません。

全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、結節性多発性動脈炎といった、自己免疫疾患といわれる病気の一症状として、またはそれらに併発して多発性関節炎を起こすケースもありますが、関節リウマチを発症した犬の大半では原因は不明です。

関節リウマチの治療

ステロイド剤や免疫抑制剤、抗リウマチ薬などを投与して治療します。脱臼を起こす前であれば、適切に処置すれば2週間~4か月ほどで症状は沈静化するでしょう。

ただし自己判断で投薬を中止してしまうことは、再発するリスクが非常に高いだけでなく、重篤な問題を引き起こす恐れがあります。必ず獣医さんの指示に従いましょう。

関節リウマチは早期発見・早期治療が重要です

関節リウマチは放置しておくと悪化する一方なので、なるべく早く治療をしなければならない病気です。

愛犬の歩き方がいつもと違う時はもちろん、初期は発熱のみが症状となることもあるので、発熱がみられる時にも迷わず動物病院で診察を受けることをお勧めします。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】犬の免疫介在性関節炎〜原因・症状と対策

犬特有の病気で、免疫介在性関節炎という病気をご存知でしょうか。免疫介在関節炎は、通常体を守る働きを持つ免疫系が何らか原因により体の中にある関節を異物だとみなし攻撃してしまうことで発症する炎症……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】胴長短足は椎間板ヘルニアになりやすい?犬の椎間板ヘルニアの原因について

持ち前の可愛さで人気の高いダックスフンドやシーズー、コッカースパニエルなどの犬種は椎間板ヘルニアにかかりやすい犬種です。特に胴が長く足の短い犬種は椎間板ヘルニアになりやすいので注意しなければ……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】小型犬は要注意!膝蓋骨脱臼という病気

膝蓋骨脱臼という病気の名前を知っていますか。あまり聞きなれない病名ですよね。しかしこの「膝蓋骨脱臼」は、どの犬種にも起こりうる病気です。中でも小型犬では発生率が高く、悪化すると手術が必要にな……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】犬の『椎間板ヘルニア』症状と原因、かかりやすい犬種。

ダックスフンドなどの胴が長い種類の犬に多い疾患に、椎間板ヘルニアがあります。椎間板ヘルニアになると、歩けなくなったりトイレを上手にできなくなったりすることがあるので、注意しておきたいですよね……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】犬の関節リウマチの原因・症状・治療法について

犬の関節リウマチはこんな病気 「関節リウマチ」は、多くの人が一度は耳にした事がある病名でしょう。人のものとは少し病態が異なるようですが、犬にも「関節リウマチ」と名付けられている病気は存在し……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】すべての犬に起こりうる病気…。犬の変形性骨関節症の症状・原因・治療法・予防法について

変形性関節症はこんな病気 関節軟骨が何らかの原因で摩耗し、関節軟骨の損傷・変形を起こすなど、関節を構成する組織の変化が徐々に進行してしまった状態のことを変形性関節症といいます。 すべ……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】骨にできる悪性腫瘍とは?犬の骨肉腫の原因、症状、治療法、予防法について

骨肉腫は骨にできる悪性腫瘍で、大型犬や超大型犬で発症が多く報告されています。痛みが強く、進行が早いうえに、肺に転移しやすいという特徴があります。 骨肉腫になるとどういった症状が出るのか……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】愛犬の歩き方がおかしい…。犬のレッグ・ペルテス病の症状・原因から予防・治療法まで

犬のレッグ・ペルテス病はこんな病気 レッグ・ペルテス病は別名「レッグパーセス病」「大腿骨頭壊死症」とも呼ばれ、成長期の犬によくみられる病気です。 発症すると真っ直ぐ歩くことが困難にな……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】犬の骨粗しょう症~原因・症状と対策

犬の骨粗しょう症は、骨の中に貯えられているカルシウムが減り、骨がもろくなる病気です。骨粗しょう症になると、骨折したり、骨が変形したりしやすくなるので予防が欠かせません。ただ、これといった症状……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】犬のレッグパーセス病〜原因・症状と対策

小型犬に多い病気でレッグパーセス病という病気を聞いたことがありますでしょうか。レッグパーセス病は別名、レッグペルテス病や大腿骨骨頭壊死症などと言われることもある病気で、大腿骨頭と言われる太腿……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】犬の骨軟骨異形成〜原因・症状と対策

人間でも発症する通称、小人症と言われる骨軟骨異形成という病気が犬でもみられることがあることをご存知でしょうか。骨軟骨異形成は遺伝性疾患で骨が十分に成長しない病気のことを言います。学生の理科の……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】突然四肢がマヒすることも。老犬に多い変形性脊椎症の症状・原因・治療法について

「変形性脊椎症」は、背骨の一部が変形して神経を刺激することで、痛みやマヒが起こる病気です。犬種を問わず発症する可能性がありますが、とりわけ老犬に多いのが特徴です。ひどくなると四肢がマヒし、寝……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】早期発見のために! 胴長短足の犬種に多い椎間板ヘルニアの症状について

胴長短足の犬種がなりやすい病気の代表的なものは椎間板ヘルニアです。 小型化を目指して品種改良されてきた犬種は椎間板に負荷がかかりやすく、椎間板ヘルニアを発症してしまう可能性が高くなりま……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】予防したい、犬の椎間板ヘルニア。日頃から実践できる椎間板ヘルニアの予防方法

犬が歳をとるにつれて気になってくることのひとつに腰痛があります。 犬の体は腰に負担がかかりやすい構造になっています。飼い主さんが日々の生活の中で気を配り、犬が歳をとっても元気に歩けるよ……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】大型犬がかかりやすい危険な病気と予防法

元気に走り回る大型犬を見ていると、体も強そうで、一見病気などしにくいように見えるかもしれません。しかし、当然のことですが、大型犬も病気と全く無縁というわけにはいきません。 小型犬に遺伝……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】犬の感染性関節炎〜原因・症状と対策

犬の感染性関節症は関節に病原体が侵入して炎症が起きている状態を指します。犬が感染性関節症を発症していると関節に腫れや痛みが出て身体を動かすことが困難になることがあります。早めに治療をすること……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】立ち上がれない、歩けない!犬の首から腰にかけての痛みの原因、椎間板ヘルニアとは?

足の短い犬種が特になりやすいといわれている、椎間板ヘルニア。もちろんそれ以外の犬種でも発症します。 突然歩けなくなる、立ち上がれなくなる、触るだけで痛そうな声をあげる。突然発症してしま……

犬の健康の基礎

【獣医師監修】胴長短足の犬種に多い! 犬の椎間板ヘルニアの治療法について

胴長短足の犬種の椎間板ヘルニアは重症化しやすく、重症化してしまうと生活が不自由になってしまう怖れのある怖い病気です。症状にいち早く気づき、病院につれていってあげることで治療をすることができる……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】大型犬に多い関節の病気『股関節形成不全』。症状と予防対策は?

近年はマンションなどでも飼いやすい小型犬が人気ですが、ゴールデンレトリバーなどの大型犬も衰えぬ人気を保っています。 大型犬は30kg以上にもなり、小型犬とはまた違った魅力を持っていると……

犬の筋骨格系の病気

【獣医師監修】犬の筋ジストロフィー〜原因・症状と対策

人間の病気で難病指定されているものに筋ジストロフィーというものがありますが、この筋ジストロフィーを犬も発症するということをご存知でしょうか。筋ジストロフィーは筋肉の機能に不可欠なタンパク質の……

犬の筋骨格系の病気