2016年3月6日更新

【獣医師監修】犬の関節リウマチの原因・症状・治療法について

 
 

犬の関節リウマチはこんな病気

「関節リウマチ」は、多くの人が一度は耳にした事がある病名でしょう。人のものとは少し病態が異なるようですが、犬にも「関節リウマチ」と名付けられている病気は存在します。厳密には「免疫介在性多発性関節炎」の一種で、同時に複数の関節に炎症を起こしてしまい、進行すると関節が脱臼してしまう病気です。

初期は少し歩き方がぎこちなくなる程度ですが、進行すると歩行困難になったり、関節が脱臼した状態で歩くようになったりしてしまいます。


関節リウマチにかかり易い犬種

どの犬種も関節リウマチになってしまう可能性があります。その中でも特に

などは若年齢の頃から発症しやすいとされています。

関節リウマチと年齢

関節リウマチは年齢に関わらず発症する恐れがあります。

関節リウマチの症状

関節リウマチは主に四肢の末端の関節(手首や足首、時には肘や膝)に症状があらわれます。初期症状は個体差があり、ほとんど症状がみられないことも珍しくありません。

しかし関節リウマチは「進行性」の多発性関節炎なので放置していると確実に症状は悪化してしまいます。

 
 

人気の記事