2016年3月6日更新

【獣医師監修】老犬・成犬は重症化しやすい「アカラス症」の症状・原因・治療法について

アカラス症はこんな病気

アカラス症とは犬の皮膚に「ニキビダニ」というダニが寄生することによって発症する皮膚病です。幼犬で発症する事の多い病気ですが、成犬・老犬でも発症してしまうことがあります。

幼犬の場合はほとんどが自然治癒してしまいますが、成犬・老犬だと完治が難しく、重症化しやすい厄介な病気です。

たかが皮膚病と油断してはいけません。重症化し皮膚が弱ってしまうと二次感染を起こし、更に悪化すると全身状態が悪化して死亡してしまうこともあるのです。

アカラス症の症状について

アカラス症には限局性のものと全身性のものとがあります。
限局性のものでは、目・口の周り・前足によく感染し、幼犬に多くみられます。初期症状は局所の脱毛・フケで、かゆみはありません。脱毛した箇所の皮膚もきれいなピンク色をしています。

初期症状を放置しておくと、二次感染を起こして皮膚の状態は悪化します。すると

  • ひどいかゆみ
  • 皮膚の腫れや赤み、さらに悪化すると化膿

以上のような症状がみられるようになります。また、限局性であった症状が全身に広がることもあります。

一方、全身性のアカラス症は、幼犬、成犬ともにみられます。治療への反応が乏しい場合も多々あり、こちらも二次感染を起こす事で皮膚がただれて化膿してしまったり、全身がかさぶたと膿だらけになってしまったりすることがあります。

加えて、弱った皮膚から細菌が体内に侵入し、敗血症を発症するなどして全身状態が悪化し、死亡してしまうこともあります。

アカラス症の原因

アカラス症の原因となる「ニキビダニ」の感染源はほとんどが「母犬」です。子犬が母犬から母乳を貰うときに、体に寄生してしまうのです。

ニキビダニに寄生されてもすべての犬がアカラス症を発症してしまうわけではありません。全く無症状の犬でも、少数のニキビダニが寄生していることはよくあることです。

アカラス症の発症メカニズムは明確になっていません。犬が元気で、体力もある時は発症しにくく、逆に加齢や病気によって免疫力が低下しているときに発症するリスクが高まるとされています。

アカラス症の治療

ニキビダニの駆除とともに、基礎疾患(発症の原因と疑われる病気)がある場合には、その治療を行います。ただし完治は難しく、一度治ってもすぐに再発してしまうことが多いようです。

獣医さんの指示に従って、薬浴や駆虫薬の投与を根気よく続けていくことになるでしょう。

子犬のときから健康な体作りが大切です

アカラス症は体力や免疫力の低下によって発症するリスクが高まるとされている病気です。どんな病気についても言える事ですが、子犬の頃から体力・免疫力の高い健康な犬に育てるように心がけることが予防の基本になるでしょう。

また、定期的にブラッシングやシャワーで犬の体を清潔に保ち、脱毛や皮膚の異常があればすぐに動物病院を受診しましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【兵庫】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【大阪】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【獣医師監修】老犬・成犬は重症化しやすい「アカラス症」の症状・原因・治療法について

アカラス症はこんな病気 アカラス症とは犬の皮膚に「ニキビダニ」というダニが寄生することによって発症する皮膚病です。幼犬で発症する事の多い病気ですが、成犬・老犬でも発症してしまうことがありま……

犬の皮膚の病気

【神奈川】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の皮膚の病気

【東京】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病と言っても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の皮膚の病気