2015年5月31日更新

ウズラって飼えるの? ウズラをペットにするための飼育方法とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

昔はペットの範疇に入っていなかった動物が、最近ではペットとして飼われるケースが増えてきました。ウズラもそのひとつ。ウズラと言えば食用の卵を取るために飼育される鳥ですが、ペットとして飼う人も増えつつあります。

ウズラを飼うのは難しいのでしょうか?何に気をつけて飼えば良いのでしょうか?今回は、ウズラの飼い方について簡単にご紹介します。

 

ウズラってどんな鳥?

ウズラと言えば、まだら模様で小さな卵を思い出す人が多いと思いますが、実はキジの仲間。日本が原産の鳥で、野生のウズラは春から夏に掛けて東北地方や北海道で卵を産んで子育てし、寒くなると四国や九州に移動する渡り鳥です。

ウズラの雄雌は喉元の羽毛の色で見分けるようですが、プロでも見分けが難しく、卵を産んでメスだと気がつくというケースもあるようです。

また、ウズラは雄と雌を同じケージにいれると雄が雌を追いかける習性もありますので、雄雌混ぜて複数羽飼う場合は、ケージを分けるなどの工夫が必要です。

ウズラは何を食べるの?

家でペットとして飼う場合、ウズラにはハトや鶏用の資料を与えることが多いようです。その他に青い葉物野菜も好きですので、レタス、小松菜などをあげると良いでしょう。

 

ウズラは飼い主さんに慣れるの?

ウズラは臆病な性格ですので、若干、時間がかかりますが、青菜などを手持ちで与えるなどしながら接していくと慣れてくるようです。

ただし、ウズラは鳴き声が大きく、朝早くから大きな声で鳴く習性がありますので、近所迷惑を気にしなければならない場合もありますし、何より飼い主さん自身が寝不足になってしまいます。

ウズラを飼う際にはこのウズラの習性をよく理解しておく必要があるのではないでしょうか。

ウズラを飼うために用意するもの

ウズラを飼うためにまず、用意しなければならないのはケージでしょう。ケージはできれば広めのモノを用意した方が良いのは言うまでもありません。

気をつけたいのは、ウズラは驚いたりするとケージの中でも垂直に飛び上がる癖があり、ケージの天井に思い切り頭をぶつけてしまうこと。

そのため、ケージの天井はどんなに高さがあっても、ぷちぷちや布などでカバーしてウズラが怪我をしないようにしなければなりません。

また、ウズラは地面で生活する鳥で、自分の糞を踏んでしまいがちですので、簡単に掃除ができるよう、ペットシートを用意して敷きこむようにすると良いでしょう。

餌箱や水飲み場を準備するのはもちろんですが、ウズラは砂浴びを好みますので、ペットショップなどで焼き砂を購入し、砂浴び場を作ってあげましょう。

最後に

ウズラはずんぐりした姿が可愛らしく、元気で活発なところが見ていて楽しい鳥です。ただし、ペットとしてはまだ、数も少ないため、情報収集が難しいのも事実です。

ウズラを飼う際は、購入後も飼育方法などについて聞けるペットショップから購入した方が良いでしょう。食事の世話、ケージの掃除など、通常のケアは必要ですが、そんなに手間のかかる鳥ではありませんので、是非、飼育にトライしてみてください。

 
 

関連カテゴリ