2016年3月5日更新

【獣医師監修】犬猫のクッシング症候群とは?クッシング症候群の原因、症状、治療について

クッシング症候群という病名を聞いたことがありますか? 聞きなれない病名だと思いますが、副腎皮質ホルモンの分泌異常で色々な症状が起こるやっかいな病気です。

今回は、クッシング症候群の原因と症状、治療についてご紹介します。

クッシング症候群とはどんな病気?

クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることで起こる病気です。副腎皮質機能亢進症という別名もあり、こちらの方が病状については分かりやすいかもしれません。

この病気を理解するには、まず、副腎皮質ホルモンについて理解する必要があります。

副腎皮質ホルモンのひとつであるコルチゾールは、腎臓の上にある副腎という臓器から分泌されます。このコルチゾールの分泌は、脳下垂体によってコントロールされています。

コルチゾールは、炎症の抑制、血液の電解質レベルの調整、炭水化物の代謝など動物の生命活動に広く影響する大切なホルモンです。アレルギーの治療薬の成分として聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

このコルチゾールが過剰に分泌されてしまうのがクッシング症候群です。コルチゾールが働きすぎることによって、さまざまな症状が出てきます。

クッシング症候群の症状

尿量が増え、水をたくさん飲むようになります。ただ、同時に食欲が増進してくるので、初期のうちは、病気であると認識しにくいところが、この病気のやっかいなところです。

症状が進んでくるとお腹が膨れたり、胴部分や耳が左右対称に脱毛してきたり、毛艶が悪くなったりし、さらには筋肉の萎縮、糖尿病などを発症します。

クッシング症候群の原因

まず、原因として最も多いものは、腫瘍によるものです。副腎皮質ホルモンを分泌する副腎や、副腎の機能をコントロールする脳下垂体に腫瘍ができると、ホルモンが過剰に分泌されてクッシング症候群を起こします。

また、副腎皮質ホルモンは、アレルギーや腫瘍、炎症などの治療薬としても広く使われています。これを長期使用・服用することが原因で、副腎皮質ホルモンが過剰になり、クッシング症候群の症状が出ることもあります。

クッシング症候群の治療方法

クッシング症候群が腫瘍によるものの場合は、まず、腫瘍へのアプローチが必要となり、腫瘍を切除するための外科手術が検討されます。また、脳下垂体の腫瘍の場合は放射線治療が行われることもありますが、放射能治療は実施可能な施設が限られているのが現状です。

実際には、外科手術や放射線治療が現実的ではない場合がとても多く、その場合には副腎皮質の働きを弱める薬を生涯にわたって服用することとなります。

アレルギー性疾患の治療などで副腎皮質ホルモン剤を長期にわたって使用している場合は、投与を中止しなければなりません。ただし、副腎皮質ホルモン剤はいきなり投与を中止すると副作用が出ますので、獣医さんの指示に従い、徐々に量を減らすことが必要です。

最後に

クッシング症候群は放置すると、糖尿病や免疫不全をはじめとした様々な深刻な合併症を引き起こすので、早めの治療が勧められます。

クッシング症候群は猫に比べれば犬の方が発症しやすく、高齢になればなるほど発症リスクが増えると言われています。初期症状は一見、病気とは思わずに見過ごしてしまいそうなものなので、特に高齢の犬ではしっかりとした観察が必要でしょう。多飲多尿、多食があるのではないかと疑われたら、早めに病院で検査してもらうことが大切です。

また、他の病気の治療で使用している副腎皮質ホルモン剤が原因になる場合がありますので、治療に副腎皮質ホルモン剤を使用する場合は、獣医さんに副作用として起こりうる症状を確認しておきましょう。また、投与量や投与期間を厳守することが大切です。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】愛犬・愛猫の健康診断 早期発見や病気予防のためにも受診が大切

あなたは自分のペットに健康診断を受けさせたことがありますか?「自分の健康診断もしばらく受けていないのに、ペットに健康診断なんて…」という飼い主さんもいることでしょう。 しかしながら、動……

犬の体の全身的な変化や異常

【動物看護師が徹底解説!】犬の座り方が変…骨の異常?骨格の異常?

お座り、と号令をかけるとあなたの愛犬はきちんと座ることができますか?最初はきちんとした姿勢を保てるけれども、長い時間になってくると横へころんと、お姉さん座りのようになってしまう犬もいるのでは……

犬の体の全身的な変化や異常

足の毛をかじり切ってしまう!犬や猫の舐め壊しの原因は何?

皮膚の舐め壊しは「ホットスポット」と呼ばれます。自分で自分の毛や皮膚を舐め壊してしまい、脱毛や皮膚炎を起こしてしまっている犬や猫。 なぜそのような行為をしてしまうのか、様々な原因が考え……

犬のストレス

【獣医師監修】発生率も死亡率も高い病気。犬の乳腺腫瘍について

犬の乳腺腫瘍はこんな病気 犬の乳腺腫瘍は腫瘍の中でもかなり発生率が高い病気です。 その割合はなんとメス犬に発生する全腫瘍の52%。半分以上を乳腺腫瘍が占めているのです。 乳腺腫……

メス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】犬の鼻炎。原因・症状から治療法まで

鼻水ずるずる。くしゃみ連発。鼻炎が辛いのは人も犬も同じです。人の場合は耳鼻科へ通ったり、ドラッグストアで薬を買ったりして対処する人が多いでしょう。犬は一体どうすれば鼻炎を治すことができるので……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】様々な病気を併発する病気。クッシング症候群について

クッシング症候群ってどんな病気 クッシング症候群とは「副腎皮質機能亢進症」の一種で、毛が左右対称に抜けてしまったり、お腹がぽっこり膨らんだりといった、 特徴的な見た目の変化が症状となる病気……

犬の健康の基礎

【動物看護師が徹底解説!】秋冬は愛犬も太りやすい!?寒い時期の肥満予防について

食欲の秋、そして暖かい食べ物や飲み物がとーっても身に染みる冬。女性は特に、冬は太りやすいから気をつけなくてはと思っている方も多いでしょう。その、”冬は太りやすい”というのは、愛犬にも共通する……

犬の体重増加・ふとってきた

愛犬が臭い!もしかしたら、なにかの病気かもしれませんよ!

愛犬の臭いに悩まされている飼い主の方、いませんか?定期的にちゃんとシャンプーをしているのに、強い匂いが取れない場合、もしかしたら愛犬がなんらかの病気になっている可能性があります。 一言……

犬の体の全身的な変化や異常

犬の平熱は?犬の体温の測り方と平熱について

犬を飼われている方って本当に多いと思います。飼っていなくても犬が好き!という方も多いと思います。しかし、本当に犬の事を知っていて語れる!という方は少ないかもしれません。 犬を飼うとなれ……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】死亡率の高い恐ろしい犬猫の病気。パルボウイルス感染症の特徴・症状と対処法

パルボウイルス感染症という病名を聞いたことがありますか? 混合ワクチンで予防できるウイルス感染症のひとつとして知っている飼い主さんもいると思います。このパルボウイルス感染症は、感染力が……

犬の感染症

【獣医師監修】子どもが産めなくなってしまう病気。犬のブルセラ症について

犬のブルセラ症はこんな病気 ブルセラ症はブルセラ菌という細菌に感染すると発症する病気です。 犬だけでなく牛や豚などの家畜にもみられる病気で、犬ブルセラ症・牛ブルセラ症・豚ブルセラ症な……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】ネズミから感染してしまう病気。犬のレプトスピラ症の症状・原因・治療法

犬のレプトスピラ症はこんな病気 レプトスピラ症はあまり馴染みのない名前の病気かもしれませんが、実は人も感染することがある人獣共通感染症です。 病原体はレプトスピラ属の細菌で、その種類……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】子犬は特に要注意!ケンネルコフの症状・原因・治療法について

ケンネルコフはこんな病気 ケンネルコフとは正式名称を「犬伝染性気管気管支炎」といいます。その名のとおり、犬がかかる伝染性の気管気管支炎を総称してケンネルコフと呼びます。 原因はウイル……

犬の感染症

【獣医師監修】犬の血液型と輸血について。血液型ってあるの?

犬にも人間同様、血液型があるとご存知でしたか?ここではあまり知られていない犬の血液型について紹介していきます。 犬の血液型 犬にも血液型があります。その型の数は今までに確認されて……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】肺に水が溜まる病気。犬の肺水腫の症状・原因・治療法について

犬の肺水腫はこんな病気 肺水腫とは名前のとおり、肺に水が溜まってしまった状態のことです。 もう少し詳しく説明すると、肺胞や肺胞に連なる細気管支などになんらかの原因で液体が溜まってしま……

犬の体の全身的な変化や異常