2016年7月22日更新

ペットを仕事に。ペット業界の新たな資格、ペット介護士について

ペットの高齢化が進んで、最近注目されている資格のひとつがペット介護士(ペットシッター)です。仕事の内容は、年を取って自力で動くのが難しくなってきたペットを介護することですが、一体、どのような資格なのでしょうか。

今回は、ペット介護士の資格について調べてみました。

ペット介護士とはどんな資格?

ペット介護士とは、高齢になったペットや病気、怪我などにより自力で活動ができなくなってしまったペット達の散歩、食事、排泄などをサポートするスペシャリスト。

動物病院やペットホテル、老犬ホームなどで高齢ペットのお世話の需要が増えて生まれた資格です。

この資格は国家資格ではなく民間資格で、日本ペット技能検討協会の「小動物介護士」日本能力開発推進協会の「動物介護士資格」、全国ペットシッター協会の「ペットヘルパー」など名前が違う数種類が存在するものの、ほぼ資格内容は同じです。

資格を取るにはそれぞれの協会が実施している講座を受けて、試験に合格しなければなりません。

資格取得後の就職の可能性としては、老犬ホーム、ペットホテルなどが多いようですが、最近は、不自由なペットを家に残して出かけるのが心配だという一般家庭からのシッター需要も増えているようですので、個人で高齢のペット専門のシッターとして仕事をするチャンスも増えていくでしょう。

しかしながら、ペットの世話には介護以前に動物を飼育する基本的な知識が必要。ペット介護を仕事にするには、看護士、トレーナー、トリマーなど年齢に関係なくペットをケアする経験、資格があった方が良いでしょう。

高齢のペットを持つ飼い主さんの学びとしても

この資格はペットビジネスを考える人だけでなく、高齢のペットを持つ飼い主さんが取得しても良いかも知れません。

自分で面倒を見るにしても高齢のペットに対するしっかりした知識と介護方法を身につけることで体力的にも心理的にも負担が減りますし、何よりペットも楽に生活することができるでしょう。

資格を取るにはどうする?

ペット介護士の資格を取るには、通学か通信教育の受講のいずれかで講義を受ける必要があります。学校には、夜間、週末など働きながら通えるコースを設定しているところもあります。

通常の受講する内容は、講座によって若干違いますが、動物の生態と行動学、犬・猫の種類、栄養学、身体検査の方法、応急処置、病気の知識、しつけの方法、グルーミング、トリミングなど多岐に渡っています。

受講料金は通信講座で4万円位~、通学する講座では8万円~9万円ぐらいが目安のようですが、料金によって講座の内容やフォロー体制も違うようですので、実際に受講する場合はよく調べ、比較して決めると良いでしょう。

せっかく受講するのですから、受講後に実際に役に立つようなコースを選びたいものですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【動物看護士が解説】介護を手助けしてくれる、ペットの外部サービスとは?

愛犬、愛猫が高齢になり、病気がちになると食事や排泄、投薬やリハビリなどやらなくてはいけないことが1日の中にたくさん詰め込まれることになります。そうすると、飼い主さん自身が疲れてしまったり、外……

犬の老化について

お腹が空いていても食べられないことも。寝たきりシニア犬への食事のあげ方

愛犬が高齢になり寝たきりになってしまう…犬を大切に育て長生きさせたからこそ起こる事態です。 年を取るまでお世話してきた飼い主さんなら、寝たきりになっても心をこめてケアすると思いますが、……

体が衰えた老犬の介護

動物看護士が選ぶ!シニア犬におすすめのペット用カート

突然ですが、愛犬や愛猫の”最期”を想像したことはありますか?その想像の中にいる愛犬、愛猫の姿はどんな姿ですか?白髪が増え、体は痩せてはいるものの、ふらつきながらもなんとか立ち上がり、自力でヨ……

体が衰えた老犬の介護

【暮らしを快適に】高齢犬との暮らしをサポート。おすすめアイテム10選

大切な家族の一員である愛犬には、年を取ってからも過ごしやすく暮らしやすくしてあげたい。安全に幸せに暮らしてほしい。 そう思ったとき、何をしてあげればよいのでしょうか。 今回は高齢……

体が衰えた老犬の介護

【獣医師が解説】シニア期に病気になってしまった愛犬・愛猫にできること

犬や猫も年齢とともに、様々な病気にかかってしまうリスクが増えてきます。時には、治療の難しい病気にかかることもあるかもしれません。そうなった時に、愛犬や愛猫のためにどのような選択ができるか知っ……

犬の老化について

ペットを仕事に。ペット業界の新たな資格、ペット介護士について

ペットの高齢化が進んで、最近注目されている資格のひとつがペット介護士(ペットシッター)です。仕事の内容は、年を取って自力で動くのが難しくなってきたペットを介護することですが、一体、どのような……

体が衰えた老犬の介護

老犬にぴったりな生活環境を考えよう!【屋外飼育編】

屋外環境は、屋内環境と比べると変えてあげられる範囲がかなり限られています。さらに屋外は屋内よりも過酷で、体が弱っている老犬にとってはさらに厳しい環境といえるでしょう。 犬の平均寿命も屋……

体が衰えた老犬の介護

【動物看護士が解説】老犬の散歩で気を付けるべきことはなに?詳しく解説します!

老犬になり、歩くのが辛くなると寝てばかりの犬が多くなります。そんな姿を見ていると、「そっとしておいて寝かせていた方が良いのかな?」なんて思いがちですが、自分で起立できる筋力や体力があるうちは……

愛犬の介護 愛犬が最後まで幸せでいるために。介護の方法、介護グッズ

日本ペットフード協会のリサーチによれば、飼い犬の平均寿命は約14歳だとか(平成24年)。愛犬が若いうちは、お世話もお散歩、食事、しつけなど予想の範囲内ですが、老犬になってくると、そうはいきま……

体が衰えた老犬の介護

【動物看護士が解説】飼い主必見!老犬介護に大切なポイントをお教えします。

昔は体力が有り余っていたずらばかりだった愛犬もついに老犬の仲間入り…。もしも、愛犬が寝たきりになってしまったらどうすれば良いのかわからないあなた。愛犬と楽しく、幸せに余生を過ごしてあげるため……

【動物看護士が解説】度重なる老犬の粗相。正しい改善策は?

若い頃はきちんと決まった場所で排泄出来ていたのに、シニアの仲間入りをしてから粗相が増えた、なんてことありませんか?「認知症かしら?」と思う方もいると思います。実際に、認知症になってしまいトイ……

【必見!】犬用 おむつおすすめ10選

介護や生理の時、またマーキングやおもらしのトラブルの時などに使う、犬のためのおむつ。 今回は犬用のおむつのなかで、使いやすいものを選んでみました。 尻尾穴までの長さやお腹周りのサ……

体が衰えた老犬の介護

老犬、老猫のために家をバリアフリーに。高齢のペットのための簡単リフォームについて

人間の場合、年を取るとバリアフリーや手すり等を取り付ける簡単リフォームを行う家は多いと思いますが、ペットの場合にも高齢になったら室内を歩きやすく生活しやすいリフォームが必要です。 今回……

体が衰えた老犬の介護

シニア犬の飼い主さんなら知っておきたい。脚が弱った高齢犬の「歩き」「立ち上がり」をサポートする方法

犬は高齢になると足腰の筋肉が弱ったり関節に痛みが出たりして、歩いたり走ったりする時に不自由を感じるようになります。特に後脚が弱ってしまうことが多いため、立ち姿勢が取りづらくよろめいて倒れたり……

体が衰えた老犬の介護

【動物看護士が解説】老犬の『食事介護』正しい方法を解説します

犬が高齢になり、顎の力が弱まったりすると今まで食べていたドライフードを食べられなくなることがあります。そのまま丸呑みをしても大丈夫ですが、歳とともに消化機能も落ちていくため、本来ならば年齢に……