2016年3月5日更新

【獣医師監修】犬の生活習慣病② 糖尿病について

人間の生活習慣病として有名な糖尿病ですが、犬も糖尿病になります。犬の場合は、何らかの理由により膵臓が機能低下を起こしてしまうことにより、インスリンという血糖値を下げる働きを持つホルモンが分泌されにくくなって発症することが多いとされています。また、肥満やストレスも誘発原因になると考えられています。

犬の糖尿病の症状

症状としては

  • 水を大量に飲む
  • 体重が減少する
  • 食欲が旺盛になる
  • 排尿の量や回数が増える
  • 肝臓の機能低下
  • 白内障を起こして眼が白く見える

などが現れます。

犬の糖尿病の原因

多すぎる食事量や早食いの習慣

年齢や体の大きさにより、適切な食事の量は決まっています。いい加減に食事をさせていると、栄養を取りすぎてしまったり、早食いの習慣ができてしまったりしてしまいます。

これを継続してしまうと、膵臓が疲弊してしまい、インスリンの分泌量が減少することで、高血糖となり、糖尿病になってしまうことがあります。

年齢

ほとんどの場合、糖尿病になるのは6歳以上の犬です。高齢になっていくほどに基礎代謝が低下し、それまでの食事量では栄養過多となってしまうことあります。そのため、年齢にあった食事を心がけることが必要です。

遺伝と犬種

糖尿病は遺伝によることも多いようで、発症しやすい犬種がいくつか知られています。また、オスよりメスの方が糖尿病になりやすいようです。

糖尿病になりやすい犬種としては、ミニチュアピンシャー、ミニチュアシュナウザー、プードル、ビーグル、ダックスフンド、キースホンド、ケアーンテリアなどが挙げられます。

犬の糖尿病の治療法

インスリンの投与

人間の場合もインスリンを投与する治療法がありますが、犬も同じです。体の大きさや重症度から獣医師の指示を受け、飼い主が毎日注射を行います。

注射するインスリンの量は、食事量や運動量に関係してきます。また、インスリンの効果についても個体差があります。あらかじめ獣医師と与える餌の種類と量を決めた上で、インスリンの量や一日あたりの投与回数を決定します。

食事療法

最近では、糖尿病の犬向けのフードが市販されているようですが、飼い主自身で判断せずに、獣医師に相談しながら食事療法を行う方がよいでしょう。

運動療法

余分な脂肪を減らし、多すぎる血糖を消費することを目的に、運動療法が用いられることもあります。

インスリン注射を行なっている場合には、その日の運動量により投与するインスリンの量も変わってくるので、獣医師と運動計画を立てておくことも必要です。

まとめ

愛犬をつい甘やかし、人間の食べ物やおやつなどを与えすぎてしまう気持ちは理解できます。しかし、可愛い愛犬だからこそ、病気にならないように管理することも飼い主の大事な義務です。

飼い主の心がけ次第で生活習慣病は予防できる可能性があります。いつまでも健康に過ごせるよう日々の生活の中での健康管理を怠らないようにしましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬猫の糖尿病の症状・治療、インスリンの投与について

たくさんの患者さんがいらっしゃいます。糖尿病にかかってしまうと、外出先でも自分で注射をしたり、食事に気を使ったりして、血糖値をコントロールする必要があることをご存じの方も多いかと思います。 ……

犬の肥満

【獣医師監修】犬の糖尿病にかかりやすい犬種から原因・症状・治療方法まで

糖尿病は数ある病気の中でも、もっとも馴染みのある病名の一つではないでしょうか。 食生活が制限されてしまうだけでなく、様々な合併症を引き起こすとても危険な病気であることは、みなさんご存じ……

犬の糖尿病

【獣医師監修】犬の生活習慣病② 糖尿病について

人間の生活習慣病として有名な糖尿病ですが、犬も糖尿病になります。犬の場合は、何らかの理由により膵臓が機能低下を起こしてしまうことにより、インスリンという血糖値を下げる働きを持つホルモンが分泌……

犬の糖尿病