2016年3月5日更新

【獣医師監修】立ち上がれない、歩けない!犬の首から腰にかけての痛みの原因、椎間板ヘルニアとは?

足の短い犬種が特になりやすいといわれている、椎間板ヘルニア。もちろんそれ以外の犬種でも発症します。

突然歩けなくなる、立ち上がれなくなる、触るだけで痛そうな声をあげる。突然発症してしまう犬が多く、パニックになってしまう飼い主さんもいらっしゃいます。

今回は、そんな椎間板ヘルニアについてご説明します。

椎間板ヘルニアとは?

犬も人間と同じように、首から腰にかけて小さな骨が連なって背骨が形成されています。

背骨と背骨の間に挟まりクッションの役割をしている椎間板が、圧迫をうけて脊柱管といわれる空間の中に出てしまい、そこにある脊髄神経を刺激してしまう事で痛みが引き起こされます。腰に症状が出る犬が多いですが、首で起こることもあります。

椎間板ヘルニアの症状

歩き方の異常、歩くのを嫌がる、突然腰が抜けてしまったように立ち上がれなくなる、触っただけで痛がる、などの症状が見られます。

椎間板ヘルニアの原因

体格や椎間板の性質により、発症しやすい犬種があります。また、腰に負担となるような運動や肥満も原因のひとつとされています。

椎間板ヘルニアを起こしやすい犬種

ダックスフンド、ペキニーズ、シーズー、コッカースパニエル、ビーグルなど、もともと椎間板がもろく変性しやすい犬種がなりやすいとされています。これらの犬種では、比較的若い7,8歳頃までに発症しやすいです。

肥満・加齢

肥満により、背骨への負担が増す事で発症しやすくなります。

また、加齢により背骨にかかる圧力を支えきれなくなってしまって発症することもあるようです。

外傷・過度の負担

足が短く胴長の犬は、その骨格から、衝撃が腰への負担につながりやすいようです。また、無理なジャンプを繰り返したり、階段などの段差の昇り降りを繰り返したりすることが、徐々に腰への負担につながっていきます。

治療方法

症状が軽度の場合は、安静にし、痛み止めや炎症を抑える治療が施されます。元通り歩けるようになるまで数日から数週間かかることが多く、その期間は個体差があります。また、重症度によっても治療期間は異なります。

再発しやすく、発症を繰り返すごとに重症化してしまうケースも少なくありません。

重度の場合は手術になる可能性もありますが、特に高齢犬の場合は、手術自体が大きな負担になる場合もあります。かかりつけの獣医さんとしっかり相談しましょう。

予防方法

椎間板ヘルニアになりやすいとされている犬種では特に、背骨に負担をかけすぎないように日頃から注意してあげる事が大切です。

肥満にさせない

とりわけ椎間板ヘルニアになりやすいとされているのは、肥満体のダックスフンドです。

肥満は椎間板ヘルニアだけでなく、様々な病気の原因となります。

食事のあげ過ぎによって太ってしまい、痛い思いや辛い思いをしてしまうのはその愛犬自身ですので、ねだられても少し我慢して適正体重をキープしましょう!

無理な運動はさせない

元気いっぱいの犬たちは、段差や階段の昇り降りなどを好奇心旺盛に何度も何度も繰り返そうとしてしまいます。

しかし、それが徐々に背骨に負担をかけてしまうので、階段の前にゲートを作って必要なとき以外は通れないようにするなどの対策をしましょう。

まとめ

普段の生活で実施可能な一番の対策は、何といっても太らせすぎないことでしょう。肥満は色々な病気のもとになります。椎間板ヘルニアについて言えば、愛犬が痛い思いをするのはもちろんですし、重症化してしまうと立ち上がれなくなり、寝たきりになってしまう可能性もあります。

おやつをもらおうと、かわいい顔やポーズをし、おねだり上手な愛犬も多いですが、おやつのあげすぎには注意しましょう!

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

犬の平熱は?犬の体温の測り方と平熱について

犬を飼われている方って本当に多いと思います。飼っていなくても犬が好き!という方も多いと思います。しかし、本当に犬の事を知っていて語れる!という方は少ないかもしれません。 犬を飼うとなれ……

犬の体の全身的な変化や異常

【動物看護師が徹底解説!】秋冬は愛犬も太りやすい!?寒い時期の肥満予防について

食欲の秋、そして暖かい食べ物や飲み物がとーっても身に染みる冬。女性は特に、冬は太りやすいから気をつけなくてはと思っている方も多いでしょう。その、”冬は太りやすい”というのは、愛犬にも共通する……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】犬猫のクッシング症候群とは?クッシング症候群の原因、症状、治療について

クッシング症候群という病名を聞いたことがありますか? 聞きなれない病名だと思いますが、副腎皮質ホルモンの分泌異常で色々な症状が起こるやっかいな病気です。 今回は、クッシング症候群の原因……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】犬の血液型と輸血について。血液型ってあるの?

犬にも人間同様、血液型があるとご存知でしたか?ここではあまり知られていない犬の血液型について紹介していきます。 犬の血液型 犬にも血液型があります。その型の数は今までに確認されて……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】自分で自分を溶かしてしまう? 犬の膵炎という病気について

犬の膵炎はこんな病気 膵臓で作られる膵液は、タンパク質や脂肪を溶かす強力な消化液の原液となる液体の一つです。膵液は本来、十二指腸に運ばれ腸液と混ざり合うことで活性化します。 ところが……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】肺に水が溜まる病気。犬の肺水腫の症状・原因・治療法について

犬の肺水腫はこんな病気 肺水腫とは名前のとおり、肺に水が溜まってしまった状態のことです。 もう少し詳しく説明すると、肺胞や肺胞に連なる細気管支などになんらかの原因で液体が溜まってしま……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】発生率も死亡率も高い病気。犬の乳腺腫瘍について

犬の乳腺腫瘍はこんな病気 犬の乳腺腫瘍は腫瘍の中でもかなり発生率が高い病気です。 その割合はなんとメス犬に発生する全腫瘍の52%。半分以上を乳腺腫瘍が占めているのです。 乳腺腫……

犬の乳腺炎

愛犬が臭い!もしかしたら、なにかの病気かもしれませんよ!

愛犬の臭いに悩まされている飼い主の方、いませんか?定期的にちゃんとシャンプーをしているのに、強い匂いが取れない場合、もしかしたら愛犬がなんらかの病気になっている可能性があります。 一言……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】犬にとっても重大な病気。前立腺腫瘍について紹介します

犬の前立腺腫瘍はこんな病気 前立腺腫瘍は人にとっても犬にとっても重大な病気です。腫瘍は発生しても体への影響の少ない「良性腫瘍」と、発生すると体に悪影響を及ぼす「悪性腫瘍」の二つに分けられま……

オス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】死亡率の高い恐ろしい犬猫の病気。パルボウイルス感染症の特徴・症状と対処法

パルボウイルス感染症という病名を聞いたことがありますか? 混合ワクチンで予防できるウイルス感染症のひとつとして知っている飼い主さんもいると思います。このパルボウイルス感染症は、感染力が……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】子犬は特に要注意!ケンネルコフの症状・原因・治療法について

ケンネルコフはこんな病気 ケンネルコフとは正式名称を「犬伝染性気管気管支炎」といいます。その名のとおり、犬がかかる伝染性の気管気管支炎を総称してケンネルコフと呼びます。 原因はウイル……

犬の体の全身的な変化や異常

愛犬が震えている…震えが止まらないときに考えられる病気と対策【動物看護師が徹底解説】

寒さが本格化して、愛犬がぶるぶると震えている姿を見ることもあるでしょう。濡れたときに見せるような、頭をふるふると振るような仕草ではなく、小刻みに震え、息を吐いた時に震えがひどくなるのは、寒さ……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】犬の鼻炎。原因・症状から治療法まで

鼻水ずるずる。くしゃみ連発。鼻炎が辛いのは人も犬も同じです。人の場合は耳鼻科へ通ったり、ドラッグストアで薬を買ったりして対処する人が多いでしょう。犬は一体どうすれば鼻炎を治すことができるので……

犬の鼻炎

【獣医師監修】子どもが産めなくなってしまう病気。犬のブルセラ症について

犬のブルセラ症はこんな病気 ブルセラ症はブルセラ菌という細菌に感染すると発症する病気です。 犬だけでなく牛や豚などの家畜にもみられる病気で、犬ブルセラ症・牛ブルセラ症・豚ブルセラ症な……

犬の体の全身的な変化や異常

足の毛をかじり切ってしまう!犬や猫の舐め壊しの原因は何?

皮膚の舐め壊しは「ホットスポット」と呼ばれます。自分で自分の毛や皮膚を舐め壊してしまい、脱毛や皮膚炎を起こしてしまっている犬や猫。 なぜそのような行為をしてしまうのか、様々な原因が考え……

犬のストレス