2015年6月4日更新

散歩コースの全てがトイレではありません

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

飼い犬が家の中で用を足さずに、散歩中にのみ用を足すように教育している家庭が多いです。しかし、散歩中の排泄物の処理や排泄させる場所について、十分な配慮ができている人はそれほど多くありません。

自分はそのようなことはない、と思っていても、あらためて見直してみると気づいていなかったことがあるかもしれません。ここでは散歩中の排泄に関するマナーとしつけについて紹介していきます。

 

排泄物の処理

飼い犬の排泄物を家に持ち帰ることは飼い主として最低限のマナーです。これを怠ってしまうと、様々な形で他者に迷惑をかけてしまうことになるので、確実に排泄物の処理を行うようにしてください。

排泄物の処理を怠った場合の弊害

排泄物をその場に放置してしまうと、様々な弊害が生じます。まず、外観を損ねてしまいます。それだけではありません。排泄物を放置するとそれ以上の迷惑を他者に与えてしまうのです。

排泄物を放置すると、雑菌が繁殖し、それによって他者に身体的な問題を生じさせてしまう怖れがあります。それに加えて、他の動物が排泄物を口にしてしまう可能性も問題です。

排泄物の処理を怠ると、見た目や臭いで迷惑をかけるだけでなく、衛生的にも問題があるということを忘れないでくださいね。

 

排泄する場所

どこでも排泄させていいというわけではありませんが、どこにも排泄させてはいけないというわけでもありません。散歩中に排泄させること全てを否定しているわけではありません。

ただ、一般的に排泄場所として認識されているところにも誤りがあるので、注意してください。

注意が必要な排泄場所

犬の行動には、自分のテリトリーを記録する目的で用を足す、マーキングというものがあります。

マーキングのために電柱で用を足す犬は非常に多いです。しかり、これも実はあまりよくない習慣です。電柱へのマーキングが原因となって、電柱の耐久度が低下し、倒れてしまったという事故がありました。電柱に向けて排泄させる場合、古い電柱は避けるなどの確認が必要かもしれません。

排泄させてはいけない場所

公共施設の敷地内で排泄させないようにしましょう。例えば、公園の中に連れて行き、芝生等の植物の上を歩かせると、十中八九用を足してしまいます。ここで排泄させてしまうと、植物を傷めてしまうことになるので、絶対にやめさせましょう。

まとめ

飼い犬の散歩中の排泄のマナーをしっかりと守ることは飼い主としての責任のひとつです。

動物だから仕様がないということは決してないので、子供のしつけを行うのと同じように、飼い犬に対してもしっかりとしつけを行うようにしなければならないのです。地域の人に対して迷惑をかけることのないようにしていってくださいね。