2017年5月17日更新

マルチーズの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

マルチーズの性格

昔も今もコンパニオン犬として人間に愛されているその性格は陽気で社交的です。

マルチーズがかかりやすい病気

遺伝性疾患などは、皮膚病や膝蓋骨脱臼にかかりやすいので、日々のスキンシップの際に注意して観察しましょう。子犬の時には低血糖症になるケースも報告されています。

日常では、白色被毛を持つ犬にはよくある、涙と目やにで目の周辺の被毛が赤く変色する流涙症(通称「涙やけ」)や、垂れ耳の犬種特有の、耳の中が蒸れて細菌が繁殖し外耳炎にかかるケースに注意しましょう。

【関連記事】マルチーズの病気〜獣医師が解説するパグのかかりやすい病気〜

昔から「抱き犬」として知られている通り、大人しくて甘えん坊です。時に神経質なところも見られますので、無駄吠えをする事があります。

基本的には従順な犬ですので、服従訓練も比較的スムーズに行える事から、初めて犬を飼われる方でも飼いやすい犬種です。子どもや他の犬に対しても好意的に接する事ができますので、多頭飼いにも向いています。

運動好きな犬ですが無理に運動させなくても動きの少ない生活にも順応できますので、高齢の方による飼育にも適しています。

 

マルチーズの歴史

地中海にあるマルタ島で発見された犬で、古くは有色の個体がいたという記録が残っております。

現代のマルチーズは、マルタ島内で純血種が繁殖を続けた結果、カラー退色してしまい、輝く絹のように白い毛色のみとなりました。

マルチーズの特徴、寿命

被毛はシングルコートの直毛で換毛期がありませんので、抜け毛で悩まされることはありません。

ただし子犬の被毛から成犬に生え変わる生後8ヶ月前後は換毛がありますので、この頃は毎日ブラッシングを欠かさないと、被毛がもつれて毛玉になりやすいでしょう。

平均寿命は14〜15年、体重2〜3キロ、体高20〜25センチの小型犬に分類されます。

マルチーズについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】マルチーズとの暮らしで注意すること

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード