2015年6月5日更新

愛犬の”臭い”を解消しよう!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

これからの時期、湿度も高くなってくると犬の“臭い”が家にこもりがちになりますね。愛犬の“臭い”は日常のちょっとの工夫で解消できるのをご存知ですか?

そこで今回は愛犬の“臭い”を解消する方法をご紹介します。

 

臭い元から断つ!

月に1回はお風呂に入れよう。

トリマーさんでは値段が高い場合は、自宅でも構いませんが、毛を乾かすところまで入念に行うようにしましょう。

実は、犬の“臭い菌”は毛が濡れて半乾きの時に大量に発生するのです。そのため、濡れた犬は早めに乾かすことで臭い菌の発生を抑えることができます。

散歩から帰ったら必ず足を洗う。

外は何が落ちているかわかりません。毎回散歩の後には足を洗うように習慣づけましょう。
毎回洗うことで、臭いだけでなく、足を怪我していないかどうかも都度確認することができるので一石二鳥です。

脂質の多いフードやおやつを見直す。

犬の体臭はどんなものを食べるかによって決まります。必要以上の脂質が含まれるフードやおやつを与えすぎることで犬臭さが倍増している場合もありますので、与えているフードやおやつを見直してみましょう。

トイレ周辺の臭いを断つ!

犬の体臭の次に気になるのは、犬のトイレの臭いですね。

消臭剤を犬のトイレの近くに置く。

直接的な方法ですが、今すぐにトイレの臭いをどうにかしたい場合には効果的です。ただし、消臭剤を犬が誤っていたずらしないよう、置き場所は十分注意しましょう。

空気清浄機を使う。

最近では各社の空気清浄機の性能が格段に上がり、犬のトイレの臭いまでも消臭してくれるようです。大きさや性能を考慮し、取り入れてみてもいいですね。

こまめにトイレシートを変える。

特に小型犬は1回のトイレで汚れるシート面積が小さいことから、ある程度汚れるまで敷きっぱなしにしている家庭もあるかと思います。

しかし、本当にトイレの臭いに悩んでいるのであれば、汚れた部分はすぐに捨てるのが一番です。

トレーを洗う。

トイレシートは毎回交換しているけど、トイレトレーは買った時のまま・・・そんなことはありませんか?

トイレの臭いは眼に見える汚れだけではありません。毎日使うトイレトレーに臭いの元が飛んで付着しているので、月に1度はトイレトレーも水で綺麗に洗うようにしましょう。

 

部屋の空気を変えよう!

犬の使用している布製品を洗おう。

布は臭いを吸収しやすいため、犬が毎日遊んでいるおもちゃや、いつも寝ているクッションなどがあればこまめに洗いましょう。

そうすることで部屋の中の空気も変わるでしょう。

重曹で床ぶき。

床も、一見汚れがないように見えても臭いの元が付着しているものです。
床を拭く場合は“重曹”を水で薄めたものを使うことで、除菌・消臭効果が期待できます。

お香・アロマオイルを焚く。

お香やアロマオイルを焚くのもいいでしょう。

特にアロマオイルは香によってリラックスすることができるものや、消臭効果の強いものもあります。楽しみながら部屋の空気を変えられればいいですね。

毎日一緒だと臭いがわからなくなるもの!

どうでしょう?

特に、長いこと愛犬と一緒にいるとその“犬臭さ”に鈍感になるものです。急な来客時に困らないためにも、どれか一つでも、毎日の生活に取り入れてみてください。