猫を上手にしつけるには?猫のしつけにおける基本的な考え方。

犬は群れをなす動物なので、上下関係を確認させるため、しつけが有効です。しかし猫の場合は単独行動を基本とすることから、しつけはしないのが鉄則です。猫は誇り高き動物なのでしょう。

飼い始めたばかりの時は、柱で爪とぎをしないよう、人に噛み付かないよう、電気コードなどに噛み付かないようにと、飼い主は心配であります。

 

猫との接し方

猫との接し方は、褒めて褒めて褒めまくり、叱ることはせず、好きなように遊ばせます。

飼い主として信頼を深めていくと、飼い主の言うことも聞くようになりますし、その時々の状況も敏感に感じ取ります。猫はとても頭の良い動物です。信頼感があれば、特に叱るような行為はしなくてもよいでしょう。

人間の都合に猫を合わせようとすれば、無理が出てきます。猫の本能は強制的に押さえつけることはできません。もし、生活に不都合な状態が出てきたら、代用品を与えて、上手くそちらへ誘導するとよいでしょう。

 

猫の爪とぎ

例えば、猫の爪とぎ等は、家を傷つけてしまうので、飼い主にとっては迷惑な行為です。それを、古いカーペットや布製の座椅子に変えると、爪が引っかかって猫も満足します。上手くいかない場合は、マタタビの粉末を使うのも良いでしょう。

猫は気まぐれで、好みがうるさいものです。猫が納得するような物をあてがいながら、様子を見ていきます。

 

猫のにおい付け

また、猫のにおい付けに困っている場合、環境の変化に原因がある事もあります。したがって、以前の環境で使用していたものを、所々に配置することによって、猫も安心して暮らせます。

ただ、男の子の場合は、去勢をしないとスプレーは止めませんし、一度でもスプレーをしてしまった場合は、去勢をした後でもスプレーの習慣が残る場合があります。

 

しつけ方

猫には高い学習能力があるので、ポジティブな動機付けであれば、しっかり学習することが可能であり、上手くしつけることが出来るのです。

そして、大切なことは小さい頃から、一貫性をもって、しつけ(褒める)を行うこと。人によって対応の仕方が変わると、猫は何が正しいのか分からなくなってしまい、混乱を招きます。

もし、猫を叱る場合

猫が興奮して、つい飼い主に噛み付いてしまったり、他の悪いことをした時は、現行犯で叱りましょう。名前を呼ぶ必要はありません。

「コラ!!」などで、十分です。普段、怒られていない猫にとっては、いけないことをしたという意識が植えつけられます。

禁止するときは、叩いたりせずに痛みを伴わないようにします。例えば、大きな音を立てる・水をかける・風をふかせるなどして対処します。

もし、他頭飼いの場合であれば、他の猫を真似することで、叱ることも少なくなります。

ほかの猫も関心があり、年齢差がある場合は、猫同士で面倒を見るため、人間の出る機会はグンと少なくなるに違いありません。

関連記事