2017年6月8日更新

【獣医師監修】犬の血液型と輸血について。血液型ってあるの?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬にも人間同様、血液型があるとご存知でしたか?ここではあまり知られていない犬の血液型について紹介していきます。

 

犬の血液型

犬_素材bernese-mountain-dog-1177074_640
犬にも血液型があります。その型の数は今までに確認されているだけで13にものぼります。

しかし、愛犬の血液型を知っている犬の飼い主はほとんどおらず、知っていたとしても特に何をするのでもありません。

犬が重大な病気をして大手術をせざるをえない場合に輸血が必要となりますが、人とは違い自分と同じ血液型の血を輸血しないといけない!という訳でもないのです。

犬は人間と違い、違う型の血液を輸血したとしても赤血球が壊れるような事態は多くありません。まったく起こらないわけではないですが、犬の輸血では型を気にせずに行うことも多いです。

しかし、何も反応が起きないのは初回の輸血だけ!という結果も出てきており、2回目以降に違う型の血液を輸血すると拒絶反応を起こしてしまう事も発見されてきています。

大きな手術を何度もする場合や、下痢や嘔吐により血液中のタンパク質が失われてしまう病にかかってしまった場合は輸血が必要になる可能性が高いです。この場合、輸血に先立ち血液の検査を行い、拒絶反応を回避するように努めます。

人間との違い


血液に含まれる細胞は主に赤血球、白血球、血小板の3つに分けられます。それは人間も犬も同じであり、体内の血液の流れも同じです。

ちなみに、犬の血液型はその犬の赤血球抗原によって分けられていますが、詳しいことはまだ未知な領域なのです。

血液型は人間のABO式とは異なり、DEA式で考えます。DEA1.1型やDEA1.2型、DEA3型、DEA13型というように、1匹が複数の型を持っているのです。

余談ですが人間の場合、占いなどで血液型で性格診断や予想、相性を確かめたりすることもありますが、犬の場合は性格や相性などが血液型で区別出来るようなものではないようですので、性格は飼い主である人間の育て方やしつけの仕方、生活環境などで大きく変わるでしょう。

 

血液型を調べる方法

犬の血液型を調べる方法は、日本では国際的に認められている犬専用の血液型判定キットを入手する事でしょう。

このキットを持っている多くの動物病院で血液型を判定する事が出来ます。そして動物病院で人間同様に犬も、静脈から採血します。検査結果も1時間程で出るので、簡単に判定出来るでしょう。

犬の血液型を知っておくべき理由


知っておくべき理由は、いくつか挙げられます。まず、緊急の大手術をした時に輸血がもし必要だった場合に安心して輸血を受ける事が出来るでしょう。

そして、輸血用の血液を供給出来ます。血液型を知っておけば、他の血液を必要とする犬を助けられるかもしれません。

最後に、もし母犬と血液と相性が良くない雄犬と交配してしまった場合、母犬の乳汁中の抗体が生まれた子犬の血液中の細胞を攻撃してしまう、新生児溶血を引き起こしてしまう可能性があります。交配時にこのような事態を意図的に防ぐ事が出来るので、交配を予定している場合は愛犬の血液型を把握していることは大切です。