怒る人は恐い人

飼い猫として猫を迎えたとき、何を意識するでしょうか。

トイレや爪研ぎをはじめとした生理習慣や、危ないことをしないようにさせなければならない等、しつけをどのように行おうか考えると思います。

しつけというものをイメージした時に、人間はどうしても叱って教えようとしてしまいがちです。

叱る相手が人間であれば言葉が通じる分、正しくコミュニケーションを取ることができますが、猫相手にはそれができません。

猫に対して厳しい態度を取ることは、しつけを行うのではなく、ただ恐がらせているだけに過ぎないのです。ここでは叱られた時の猫の気持ちをご紹介します。

 

叩かれた時の猫の気持ち

コイツは敵だ、そう思うでしょう。猫のことは決して叩いてはいけません。

猫の気持ちとしては、何故自分が叩かれたのかを理解することができず、攻撃されたという印象だけが残ってしまいます。

何故自分が叩かれたのかを正しく理解することができなければ、叱る意味がありません。しつけのために叩くことは絶対にしないようにしてくださいね。

 

怒鳴られた時の猫の気持ち

恐い、そう思うでしょう。猫は、人間の表情や態度をしっかりと見ています。

鬼の形相で怒鳴りつけられてしまうと、その相手のことを嫌いになり、近づくことをしなくなります。

そうなってしまっては、せっかく猫を飼っていても楽しくないですよね。

もちろん、しつけを行うことは大事です。しかし、猫との楽しい生活はそれ以上に大事であることを忘れないようにしましょう。

 

危ないことをしようとしたときの対処法

猫に嫌われてはいけないとはいっても、猫が危ないことをしようとしたときには、飼い猫のためにやめさせなければならないでしょう。

ただ、そのような時の対処法は簡単です。手を叩いて大きな音を出してあげてください。猫は大きな音に敏感に反応します。

危ないことをしようとする度に大きな音を出しましょう。それによって飼い猫は危ない場所に近づかなくなります。びっくりさせるしつけ法を実践してみてくださいね。

叩かない、怒鳴らない、褒める

猫は気分で生きている動物です。猫の気持ちに配慮してあげることが猫との生活を楽しいものにするための秘訣となるので、意識してくださいね。

そこで大事なことは、叩かず、怒鳴らず、褒めてあげること。そしてその上で、執拗な褒め方をしないことです。猫はしつこくされることを嫌う傾向があるので、褒めるときは端的に褒めるように心がけてください。

そして猫の気持ちに寄り添うようにしてあげると、猫に好かれる飼い主になれますよ。

関連記事