モルモットはベジタリアン!ビタミンC欠乏症を防ぐために与えたい野菜と果物

 

はじめに

モルモットは、体内でビタミンCを合成できないため外部から食べ物として摂取しなければなりません。

ビタミンCが欠乏すると様々な病気の原因となるため、普段からエサの栄養管理が必要なのです。

 

固形飼料は万能か?

モルモットを初めて飼う人に多い悩みが、エサに何を与えたらいいか?というものだと思います。

ホームセンターのペットコーナーには、モルモット用の多くのミックスフードやペレットといったエサが売られていますから、とても便利です。

さらに最近のペットフードは改良されているものが多く、ほとんどの製品の成分の中にはモルモットに必要なビタミンCやミネラルが入っています。
しかし、ペレットなどの固形飼料のみではモルモットに必要なビタミンCは補えません。

そして、固形飼料のもう一つの欠点は開封後しばらくすると飼料が酸化してほとんどの栄養素が飛んでしまうことにあります。
適切な保存方法によって管理された飼料であっても、長時間経つとどうしても品質が落ちてしまうのです。

固形飼料の保存方法

購入した段階で、ジップロックまたは空き瓶に小分けにして密封し、直射日光の当たらない涼しい場所で保存しましょう。
基本的にエサは一ヶ月以内に食べきる量を買ってきて保存しておくのが理想的です。

 

野菜不足が引き起こすモルモットの病気

ついつい固形飼料に頼り過ぎてしまい、野菜不足の食生活を送っているモルモットは、ビタミンC欠乏症を引き起こす可能性が高いです。

ビタミンC不足による不調が出始めるのが、ビタミンが不足している食事をし始めて約10日〜15日程度と言われています。

その主な症状は、食欲不振、毛ヅヤの低下、鼻水、体重の減少、軟骨の接合部の腫れなどであり、重症化すると全身が炎症を起こして歩行困難となることもありますので注意が必要です。

 

ビタミンC欠乏症のモルモットには、食事療法が効果的

では具体的にビタミンC欠乏症を予防・改善するために与えておきたい食材を紹介していきたいと思います。

与えてよい野菜

キャベツ、ブロッコリー、トマト、キュウリ、パセリなどの野菜

与えてよい果物

オレンジ、リンゴ、キウイフルーツなどの果物

★人参、サツマイモは好んで食べますがビタミンを破壊するので少量与えましょう。

★果物は与えすぎると肥満になる可能性があるので少量与えましょう。

まとめ

ビタミンC欠乏症は、飼い主の適切な栄養管理によって予防出来ます。
初めて飼育する場合には特に自己流ではなく、飼育本やインターネットなどを利用して正確な知識を得て飼育することが肝要なのです。

関連記事