2017年6月6日更新

『だっこ』も大事なしつけ!?愛犬を抱っこしてトラブルを未然に防ぐ!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

自由奔放な行動が一番危険

素材chihuahua-820087_640
「お友達のおうちに遊びに行った時に、目を離したらわんちゃんが勝手にどこかへ行ってイタズラしてしまう。」
そんな困ったわんちゃんを連れて行くと迷惑になってしまうので、毎回お留守番させている飼い主さんいらっしゃいますよね?

一緒に遊びに行きたいけれど、言うこと聞かないから仕方なく…と諦めてはいけません。

お呼ばれの時と緊急時は抱っこが安心


わんちゃんの自由奔放な行動を放っておくと、散歩中の車との接触事故や、大型犬に噛みつかれそうになるなどの思わぬ事故に遭う危険性が高まります。

また、お客様をお招きした時や、お友達のおうちに遊びに行った時、落ち着きがなくウロウロしたりしてしまうわんちゃんに有効なのが抱っこです。

抱っこをしていれば、飼い主さんの目の届く範囲でわんちゃんを見ていられますし、緊急時に危険回避の手段ともなるのです。

 

抱っこのしつけに必要なのは喜ばせること


抱っこのしつけをする際に、無理矢理抱っこしたり叱責したりといった行動を飼い主さんが見せるのは好ましくありません。

大切なのは「褒めて伸ばす、褒めて喜びを覚えさせる」ことです。
飼い主さんに抱っこされることで、わんちゃんに楽しいこと、嬉しいことがあるのだと覚えさせることが重要なのです。

抱っこ前の、膝上に乗せるトレーニング

まず、いきなり抱っこするのではなく膝上に乗せることから始めましょう。

  1. まず飼い主さんが座った状態で、わんちゃん用の低カロリーのおやつを持ち、「ダッコ」とわんちゃんを呼びます。
  2. わんちゃんがおやつに惹かれて飼い主さんの膝上に乗ったら「グッド」と言って褒め、おやつを与えます。
  3. 1.2を「ダッコ」という掛け声だけで膝の上に来るようになるまで繰り返します。掛け声だけで来るようになるまで毎日15分程度行います。

《注意点》
※おやつは肥満防止のために低カロリーのものを少量与えます。
※わんちゃんの集中力は15分程度しかなく、それ以上はストレスになるので控えましょう。

抱っこする方法


わんちゃんの両脇に、利き手ではない方の腕を入れて支え、利き手でお尻を支えて飼い主さんの胸に引きつけるようにして抱っこします。

《注意点》
※わんちゃんのお腹に手を当てないように注意しましょう。

抱っこは甘やかしではない

抱っこは一種のしつけであり、「抱っこしすぎ」ということは、まずありません。
抱っこは飼い主さんとわんちゃんの大切なスキンシップの1つなので、必要な時にメリハリを付けて抱っこすることで親密性や信頼関係を生み、わんちゃんの危険回避にも有効な方法であると言えるのです。

 
 

関連カテゴリ